暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

小説

眠れない人に【改作・昔話「花咲じいさん」】

投稿日:2019年12月3日 更新日:

眠れない人に【改作・昔話「花咲じいさん」】

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
昔話や童話を独自の解釈でアレンジしてみました。

改作・昔話「花咲じいさん」

 ねえ、眠れないの? 困ったなあ。じゃあさ、眠くなるように昔話してあげるね。

 むか~しむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。二人は子どもがいなかったので、シロという犬をとても可愛がっていました。へー、この犬はシロって名前なんだ。本によっては、ポチって名前の時もあるけど、統一されてないんだね。たぶん、白い犬なんだろうね。じゃあ、シロは何犬なんだろう?
  
 ここ掘れワンワンと言うぐらいだから、室内犬じゃないよね。外で飼ってるだろうからね。柴犬あたりかなあと思うんだけど。でもさ、犬が「ここ掘れ」って言うのもおかしい話じゃない? よく、飼っている犬や猫が、人間の言葉を喋ったなんて言う人がいるけどさ。

Sponsered Link

テレビ局なんかが取材に行くと、実際はそうは聞こえなかったりするよね。

 あれはどう考えても飼い主の思い込みって言うか。「うちのワンちゃんは賢いんですよ」って言いたいだけなんだろうね。そう考えると、このおじいさんとおばあさんも、かなりこの犬を溺愛していたんだろうと思う。

 もしかしたら、犬に服を着せたりしていたんじゃないかな? 昔だから、服じゃなくて着物になるんだろうね。この時代の人たちも、犬にオシャレさせたかもね。子どもがいなかったからって言うぐらいだから、すごく愛していたんだと思うよ。

 犬ってさ、飼い主の言う事をよく聞いてくれるから可愛いよね。その点、猫は、言う事を聞かないイメージがある。こっちが来てほしい時には呼んでも来ないし、忙しくて来てほしくない時に限って、ゴロニャーンと甘えてくるんだよね。もうほんと、困るんだけど、可愛いから許しちゃうんだよね。

まあ、とにかく、おじいさんおばあさんには「ここ掘れ」って聞こえたんでしょう。

 それで、「そんなにお前が言うなら掘るよ」って言いながら掘ってみたら、大判小判がざくざく出てきたんだってさ。そりゃあもう、驚いちゃうよね。いわゆる埋蔵金なんだもんね。

 このおじいさんの良いところは、ここで満足しちゃうところだと思う。欲張りじいさんだったら、「もっとあるんじゃないか」って思って、その後の一生を埋蔵金発掘に費やしてしまうかも知れないよ。そうそう、それで、その話を聞いた隣りの欲張りじいさんが「シロを貸してくれ」って言ってくるんだよね。

Sponsered Link

ここで問題なのが、隣りのじいさんにしゃべっちゃうところなんだと思う。

 大判小判が出てきた事を黙っていたら良かったんだよ。自慢げにしゃべっちゃうもんだから、シロが殺されちゃったんだよね。まあ、人が良いと言うか、誰でも彼でも信用し過ぎるところがあったんだよね、このおじいさんは。

 性善説と言うか、根っからの悪人はいないと思っていたんだろうけど、やっぱりさ、人をあんまり信用しちゃいけないんだよ。「人を見たら泥棒と思え」って、母からよく言われたんだけどね。子どもの頃は私も「さすがにそんな事ないでしょ」って、心の中で思ってたんだけど、社会に出ていろんな人に騙されて裏切られて、やっぱり母が言った事は本当だったなって思った。

 このおじいさんなんかさ、もし宝くじが当たったらいろんな人に「宝くじ当たったー!」って言って回るタイプだと思うよ。そうすると、いろんな人が寄ってくるわけ。寄付してくださいとか、宗教に入りませんかとか、金貸してくれだとか。海外なんかさ、それで殺されちゃう人もいるしね。

だからさ、もし宝くじが当たっても、誰にも言わずに黙っていないといけない。

 家族にも言わないようにしないとね。急に会社を辞めたり高級車を買ったりすると、バレちゃうから、普段と変わらない生活を続ける事が大事なんだよね。

 それで、夜中に一人、布団の中で、預金通帳を眺めながらニタニタするのが良いんだよね。まあ、私が言いたいのは、シロが死んでしまった大きな原因は、おじいさんの危機管理能力のなさにあったって事なの。そこのところ、テストに出るから、覚えておいてね。どう? 眠くなった? それは良かった。じゃあ、おやすみなさい。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n1255fw/6/】

眠れない人に【改作・昔話「桃太郎」】

眠れない人に【改作・昔話「浦島太郎」】

眠れない人に【改作・昔話「鶴の恩返し」】

眠れない人に【改作・昔話「かぐや姫」】

眠れない人に【改作・昔話「雪女」】

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】

眠れない人に【改作・昔話「さるかに合戦」】

眠れない人に【改作・昔話「こぶとり爺さん」】

眠れない人に【改作・昔話「三枚のお札(ふだ)」】

眠れない人に【改作・昔話「かちかち山」】

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

世にも奇妙な短編集「伝説の詐欺師の後継者」

世にも奇妙な短編集「伝説の詐欺師の後継者」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 フジテレビでタモリさんがストーリーテラーの「世にも奇妙な物語」みたいな感じで作っ …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第71話 脳を騙す」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第71話 脳を騙す」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆 …

昔話の新説短編集「人類救済の薬」

昔話の新説短編集「人類救済の薬」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 昔話を独自の解釈でアレンジして小説風に作ってみました。 「人類救済の薬」  「博士、うまく …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視 …