暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

小説

眠れない人に【改作・昔話「雪女」】

投稿日:2019年12月3日 更新日:

眠れない人に【改作・昔話「雪女」】

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
昔話や童話を独自の解釈でアレンジしてみました。

改作・昔話「雪女」

 ねえ、眠れないの? 困ったなあ。じゃあさ、眠くなるように昔話してあげるね。

 むかしむかし、寒い北の国に、若者とその父親が住んでいました。へー、寒い北の国か。北と言うくらいだから、一番しっくりくるのは北海道かなあ。でも私としては、青森県あたりの気もするんだよね。日本全体で言えば北海道が一番北なんだけど、本州に限って言えば青森県。

 でもさ、調べてみると、室町時代の言い伝えでは、新潟県で雪女を見たって事になっているらしいね。東京から見たら、確かに方角的には、新潟が真北になるから間違ってはいないわけか。もし北海道や青森なら、東北の国って言う表現になっちゃうもんね。

Sponsered Link

若者と父親という表現もまた、かなりアバウトだよね。

 この親子は何歳なんだろう? まあ、後々雪女が嫁になるわけだから、二十代なのかなあ。十八ぐらいから、三十までって事にしておこうか。昔は平均寿命が短いから、三十を越えたら若者とは言われなかったかも。

 人生五十年と言われていた事を考えると、父親が五十近くで息子は二十五くらいかも。この父親は、息子と二人で狩りに行った時、山の天候が急変して山小屋に避難したところ、白い着物を着た女から白い息を吹きかけられて凍ってしまうわけなんだけど、もうほとんど五十近かったら、寿命と言ってもいいくらいだよね。

 この話では、父親が亡くなった後は、若者が一人で暮らす事になっているんだよね。そこに雪女が訪ねてくるんだけど、じゃあ、母親はいないのかなっていう事になっちゃう。お母さんは早くに亡くなってしまったのかなあ。昔は、出産で亡くなる人も多かったみたいだからねえ。そうだとしたら可哀想だよね。

あるいは、離婚しちゃったのかな。

 夫に愛想尽かして出て行っちゃったのかな。その離婚の原因が、夫の浮気だったとしたら、出て行ったお母さんが、積年の恨みを晴らすために思わず殺害したって話になるんだけど、それだったら、息子が実の母親の顔を知らないはずがないからおかしいよね。

 そうじゃなかったら、その浮気相手だったのかも。「妻と別れたら君と結婚するって言ってたくせに、いつまでたっても結婚してくれないじゃない。私とは遊びだったのね、悔しい~!」って言って、液体窒素かなんか吹きかけて、父親を凍らせたのかも知れないよ。

 息子は、父親にそんな愛人がいたなんて知らないから、雪女に見えたのかも。もしかしたら、雪女に見えるように白い着物を着ていたのかもね、その女性は。たぶん息子は、極度の近眼のせいで、ぼんやりとしか女の顔が見えなかったんじゃないかな。それで、「あっ、雪女だ!」と思い込んだのかも。

Sponsered Link

後々この女性は、若者と結婚して子どもを産むわけだから、そんなにおばさんじゃなかったんだろうね。

 年上の男性が好きだったのかな? それとも、意外にこの父親が金持ちだったとか? そうだとしたら、「まあ、息子の方でもいいか、意外に結構、男前じゃない?」なんて思って、それで息子は生かしておいたんだろうね。

 この事件から一年後に、若者の家に美しい女が訪ねてくるんだけど、目が悪い彼はあの時の女だとはわからなかったんだと思う。まあ、記憶力もあまりなかったかも知れないし。美しいって言ってるけど、彼がそう言ってるだけで、どれほど美しかったのかはわからない。人の好みって千差万別だからね。 

実は彼よりも十歳も年上かも知れないよね。

 しかも財産狙いの女。うぶな彼にとっては初めての女性だっただろうし、男の扱い方には慣れていたのかも。だから、親子共々、すっかりこの女に騙されてしまったのかな。

 最終的には、あの山小屋での事件を喋ってしまったから、「言わないっていう約束を破ったから、もう一緒にいられない」って言って出て行っちゃうんだけど、実はもう、この家の財産を手に入れてたんじゃないかな。「もうあんたは用済み」って感じで、次の獲物を探しに行ったんだよ、きっと。

 どう? 眠くなった? それは良かった。じゃあ、おやすみなさい。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n1255fw/5/】

眠れない人に【改作・昔話「桃太郎」】

眠れない人に【改作・昔話「浦島太郎」】

眠れない人に【改作・昔話「鶴の恩返し」】

眠れない人に【改作・昔話「かぐや姫」】

眠れない人に【改作・昔話「花咲じいさん」】

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

切ない恋愛短編集「夕陽の思い出」

切ない恋愛短編集「夕陽の思い出」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 日常の一コマを切り取って、切ない恋愛短編にしてみました。 「夕陽の思い出」  さらさらと音 …

眠れない人に【改作・昔話「浦島太郎」】

眠れない人に【改作・昔話「浦島太郎」】 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 昔話や童話を独自の解釈でアレンジしてみました。 改作・昔話「浦島太郎」  ねえ、眠れ …

世にも奇妙な短編集「伝説の詐欺師の後継者」

世にも奇妙な短編集「伝説の詐欺師の後継者」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 フジテレビでタモリさんがストーリーテラーの「世にも奇妙な物語」みたいな感じで作っ …

占い師の独白シリーズ「占い師の独白」

占い師の独白シリーズ「占い師の独白」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 私が四柱推命占いに関わりながら、実際に体験したお話です。 「占い師の独白」  私は自称 …

眠れない人に【改作・昔話「花咲じいさん」】

眠れない人に【改作・昔話「花咲じいさん」】 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 昔話や童話を独自の解釈でアレンジしてみました。 改作・昔話「花咲じいさん」  ね …

Sponsered Link

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

久しぶりにコンビ復活のアンタッチャブル・山崎弘也さんと柴田英嗣さんの四柱推命は!?

11月29日放送の「全力!脱力タイムズ」で、久しぶりにアンタッチャブルの漫才を見る事が出来ました。 SNSでは、10年振りのコンビ復活に多く…

女優の森川葵さんと俳優の仲野太賀さんの四柱推命は!?

女優の森川葵さんと俳優の仲野太賀さんの熱愛報道です。 森川葵&仲野太賀 堂々中目黒デートからの“お泊り愛” 12/6(金) 7:02配信 明…

”怪演女優” 松本まりかさんの四柱推命は!?

「怪演女優」という冠がつく松本まりかさんが、人気ドラマ「ドクターX」に出演すると話題です。 松本まりか、失敗しない“怪演”女優『ドクターX』…

女優・神田沙也加さんとジャニーズJr. 秋山大河さんの四柱推命は!?

俳優・村田充さんとの離婚を発表した神田沙也加さんが、ジャニーズJr. の秋山大河さんと密会しているとの報道がありました。 神田沙也加、27才…

「笑わない男」ラグビー日本代表・稲垣啓太選手と元AKB・倉持明日香さんの四柱推命は!?

ラグビーW杯で活躍した日本代表の稲垣啓太選手と、元AKB48でタレントの倉持明日香さんの交際が報じられました。 笑わない男・稲垣啓太 倉持明…

電撃婚の玉木宏さんと木南晴夏さんの四柱推命は!?

俳優の玉木宏さんと木南晴夏さんが結婚するそうです。 玉木宏が女優・木南晴夏と電撃婚…交際2年、妊娠はまだ 6/21(木) 2:50配信 Sp…

未成年女性との飲酒が発覚したNEWS・小山慶一郎さんの四柱推命は!?

未成年女性との飲酒が発覚し、一定期間の活動自粛となったNEWSの小山慶一郎さん。 NEWS・小山慶一郎、19歳未成年女性と飲酒… 処分格差の…

プロアマで接待しなかったと批判の片山晋呉プロの四柱推命は!?

プロアマで接待しなかったとして批判されている片山晋呉プロ。 片山晋呉の騒動でゴルフ界に動揺 プロアマ中に練習はNGなのか 6/9(土) 16…

朝ドラ「半分、青い。」で注目の古畑星夏さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」で古畑星夏さんは、ヒロインの鈴愛とは対照的な美少女・清という女性を演じています。 どちらかと言うと「悪役(ヒール)」の…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する桜井ユキさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での桜井ユキさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚醒…

  • 9現在の記事:
  • 505356総閲覧数:
  • 53今日の閲覧数:
  • 855昨日の閲覧数:
  • 6103先週の閲覧数:
  • 7634月別閲覧数:
  • 276804総訪問者数:
  • 45今日の訪問者数:
  • 464昨日の訪問者数:
  • 3489先週の訪問者数:
  • 4357月別訪問者数:
  • 492一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: