暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 小説

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

投稿日:2019年12月14日 更新日:

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
【あらすじ】
 心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆使して悩める人々の相談に乗っている。恋愛の悩み、仕事や人間関係の悩みなど、人それぞれ様々な悩みを抱えている。
 霊感の強い彼女は、死んだ人の姿を視(み)ることができ、会話もすることができるため、時には死んだ人が訪ねてくることもある。
 相談者の心に寄り添いたいと願う彼女だったが、零美自身の心も悲しみで溢れていた。果たして彼女は、相談者の心を癒し、自分自身も癒すことが出来るのだろうか。
(これは、前作「心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1」の各話を改稿したものです)

第2話 胸に秘めた水風船

 笠原奈津紀が帰った後、夫の和彦が奥の部屋から声をかけた。

「さっき来ていた女性は、どんな人だったの?」
「浮気がやめられない男と別れられなくて悩んでいる人」
「別れたくても別れられないってこと?」
「そう。多分、別れるのは無理だと思う」
「……何か、視えた?」
「彼氏の生霊が彼女に憑いていて、私を睨んできたからこっちも睨みかえしてやったわ」
「そうなんだ……」

 和彦は頬杖をつきながら、この人本当に気が強いなと思った。零美と結婚して十年になる。小説家を生業とし、いつも傍で零美の仕事を見守ってきた。強い霊と対峙して入院するなど心配は尽きないが、彼女にとってこれが天職なのだから仕方がない。

「今日は、君の好きなシチューだ」
「えっ、本当? 嬉しいなあ。あなたの作るシチューは最高だもの」
「今日はもう、お客さんは終わり?」
「うん。もう今日はお終い。いただきまーす!」

Sponsered Link

零美は高校を卒業した後、すぐに今の仕事を始めた。

 元々霊感が強く、子どもの頃から霊障に悩まされていた彼女をサポートしてきたのは、霊能者であり心霊研究家でもある加賀美志保、つまり和彦の母だ。

 零美は志保からいろいろと教えられるうちに、彼女の生き方に共感。自分も、悩める人々を救う手助けがしたいと思うようになっていった。

 和彦は零美の二歳上で、初めて家に来た時から彼女の不思議な魅力に心奪われた。大きな瞳に、長いまつ毛が可愛らしい。年齢よりも大人びた考え方をする。外見は可愛い女の子なのに、内面は男っぽい。そんな彼女のギャップが魅力的に映った。

 和彦には、霊感など全くない。だが、祖母も母も視える人なので、そういう人も確かにいるという感覚である。零美が初めて出会った年の近い善き理解者が、和彦だったのだ。二人は共に惹かれ合い、自然の流れで愛し合うようになり、結婚することになった。

「本当に、あなたのシチューは最高に美味しいわ。おかわりしちゃおうかな」
「いっぱい作ったから、いっぱい食べてよ」

普段は冷静な零美だが、自分だけには本当の素顔を見せてくれる。

 相談者が抱える重い人生に共感するということは、ストレスも多いはず。しかし、彼女はそんな素振りを見せる事はない。ただ、自分と一緒の空間にいる時だけ、一時の安らぎを感じているようだ。

≪人は誰でも闇を抱え、秘密を隠しているものなの。それは誰にも知られたくないことなのに、誰かに知ってほしいという心理が隠れている。それを吐き出してしまわない限り、その人は楽になれない。

 心の中に、悲しみや涙で膨れ上がった大きな水風船があって、それを針で突いてあげるとパーンっと割れる。そうすると、涙がドドドドーって溢れ出すの。その時は、私も一緒に泣いちゃうけど……≫

 いつか彼女が言った言葉が思い出される。零美もまた、心の中で大きな水風船を膨らませているのだろう。そう思うと、少し胸が痛い。そして和彦は、思いついたように零美に尋ねてみた。

「世間では一般的に、離婚は良くないって言われるよね。でも、本人が離婚したいって相談にきたら、零美はなんて言う?」

Sponsered Link

口の中に残っていたシチューの具を胃の中に流し込み、ティッシュで口の周りを拭きとった後、麦茶を飲んで一息ついた零美は、ぽつりぽつりと話し出した。

 
「うーん、そうね……。離婚ね、難しい話だよね……。基本的に私は、その人の味方でいたいと思っている。本人がどうしても離婚したいのに、誰も賛同してくれる人がいなかったら可哀想だと思う。

 大抵の人の場合、相談に来る前から、こうしたいという覚悟を決めてくる。離婚したい人は、離婚するっていう覚悟を決めてきている場合が多い。そういう人に対して、離婚はいけませんよって言っても心に響かない。この人はわかってくれないってなっちゃうから。

 人は誰でも、あなたの考えは正しいよって肯定してほしいのよ。だいたいさ、子どもの頃は何をやっても褒められるけど、大きくなるにつれて褒めてもらえなくなって、否定される事が多いよね。

 家では親に否定されて、学校では先生や友だちに否定されて、職場では上司や同僚に否定される……。誰も自分のことなんてわかってくれない……。そうなると、段々と心を閉ざしてしまう。自分から不幸になる道を選択するようになる。だから私だけでも、味方になってあげたいんだよね」

 ここで、黙って聞いていた和彦が口を挟んだ。

「でもさ、離婚したらあきらかに経済的にやっていけなくなる人もいるよね。感情的にならずに、冷静に考えるように導くことも大事じゃないかな」
「そう、その通り!」

零美は右手の人差し指を立てた。

「それがね……。そこが難しいところなのよね……。別れれば精神的な悩みからは解放されるけど、今度は経済的な悩みに直面する人もいるし……。専業主婦で夫の稼ぎに依存している場合、離婚という選択はとてつもなくハードルが高いものになる。

 だからこそ、安易に答えを出さないように、冷静に考えていきましょうと言うようにしている。相性が良くないから別れた方が良いですよって言うだけでは、ちょっと無責任よね」

 和彦は、先ほどから気になっていた事を尋ねてみた。

「さっきのお客さんなんだけどさ……。別れた方が良いって言ってたけど、別れるのは無理かもとも言ってたよね。あれはどういう意味?」
「あの二人はね、魂の結びつきがとても強いの。だから、別れたくても別れられないって言うか……。まさに、腐れ縁って感じじゃないかな。

 確かに彼は、浮気はやめられないと思う。だけど、それでも良いって彼女は思っている。それほど彼の事を愛しているの。浮気をやめられない彼もまた、彼女のことを愛している。

 それで、彼の生霊が私を睨んだの。別れた方が良いって言ったから。でも多分、彼女は当分別れないと思う。今は、誰が何を言っても難しいわね」

 そう言った後、零美は再びシチューを食べ始めた。下を向いて瞳を潤ませている彼女に、和彦は優しい眼差しを送っていた。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n0235fd/2/】

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第1話 別れたくても別れられない女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第3話 登校拒否の娘を何とかしたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第4話 懐かしい母の温もり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第5話 不倫女の心の痛み」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第6話 彼女が別れを切り出した理由とは」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第7話 相性の悪い相談者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第8話 血だらけの訪問者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第9話 水は何色にも染まる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第11話 憑りつく霊たちの事情」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第12話 志保と零美の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第13話 老後のための熟年婚活」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第14話 次期社長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第15話 父母代わりの人に愛されるということ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第16話 息子に降りかかった災難」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第18話 母になるために」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第19話 告白されてわかったこと」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第20話 不倫で授かった命」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第21話 占いは自分を好きになるためのもの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第22話 人はイメージで変わる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第24話 子どもを連れた再婚」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第25話 課長への片想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第26話 夢に出る母の想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第27話 誰にも言えない恋」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第30話 女優のすすめ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第31話 プロポーズしてくれない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第32話 訪ねてきた懐かしい同級生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第33話 彼女が運が悪いと思う理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第34話 驚きの転身」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第35話 三つ目のコーヒーカップ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第36話 逆らえない上司」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第37話 息苦しくて生きづらい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第39話 漫画家になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第40話 どっちが良いの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第42話 父親からの縁談」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第43話 もしかして運命の人かも」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第44話 結婚式の前日に」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第45話 自分で自分を誉める」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第46話 信じる自由と信じない自由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第48話 母親は顧客」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第50話 丑の刻参り」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第51話 彼の告白を待つ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第52話 過去が思い出せない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第53話 別れさせるのが仕事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第54話 息子に店を継がせたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第55話 選ばれない人生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第56話 交通事故で助かった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第57話 鏡が嫌いになった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第58話 彼が死ななかった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第60話 未来を予言する」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第61話 彼女がコミュ障になった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第62話 鑑定は相談者を産みかえる作業」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第65話 人気女優と俳優の恋愛」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第66話 会社を辞めて彼がしたい事」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「命懸けで映画を愛した男 渡瀬恒彦」やりすぎ都市伝説SP 2017夏

「命懸けで映画を愛した男 渡瀬恒彦」やりすぎ都市伝説SP 2017夏 2017年6月30日放送、「やりすぎ都市伝説SP 2017夏」より 映画コメンテーター・有村 昆プレゼンツ 「命懸けで映画を愛した …

天草四郎 その存在が怪しい!?「林修の今でしょ講座」

天草四郎 その存在が怪しい!?「林修の今でしょ講座」 2017年1月24日放送の「林修の今でしょ講座」より Sponsered Link この5年で、歴史学者が衝撃を受けた新資料・新証拠が次々発見され …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第78話 彼女を覚えていない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第78話 彼女を覚えていない理由」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と …

2018年2月14日ホンマでっか!?TV やっぱりスゴい!女性のカラダ

2018年2月14日ホンマでっか!?TV やっぱりスゴい!女性のカラダ 2018年2月14日(水)「ホンマでっか!?TV」より 「やっぱりスゴい!女性のカラダ」 女性の活躍が目覚ましい現代において、男 …