暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 小説

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

投稿日:2019年12月16日 更新日:

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
【あらすじ】
 心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆使して悩める人々の相談に乗っている。恋愛の悩み、仕事や人間関係の悩みなど、人それぞれ様々な悩みを抱えている。
 霊感の強い彼女は、死んだ人の姿を視(み)ることができ、会話もすることができるため、時には死んだ人が訪ねてくることもある。
 相談者の心に寄り添いたいと願う彼女だったが、零美自身の心も悲しみで溢れていた。果たして彼女は、相談者の心を癒し、自分自身も癒すことが出来るのだろうか。
(これは、前作「心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1」の各話を改稿したものです)

第17話 真面目な彼が好き

 昼食を食べた後の授業は眠い。活舌が悪くて、何を言っているかわからない数学教師の授業は特にそうだ。クラスのほとんどの男子生徒がうつらうつらとしている中で、一人だけ異質な男子がいる。桐山麗奈は、窓の外が気になる振りをして、その生徒を眺めるのが日課になっていた。

 彼の名前は桐山裕司。学年一の秀才である。ただ勉強が出来るだけではない。運動神経もそこそこ良い。勉強を優先させるためにクラブ活動はしていないが、陸上部顔負けの足の速さを持っている。

 たいていの女子たちには、野球部のエースやサッカー部のストライカー、あるいはみんなを笑わせてくれる男子が人気を集める。仲良しグループで集まって、誰が好きかを言い合う時も、同じ男子の名前が挙げられることが多い。

 そんな中、「麗奈は誰が好きなの?」と聞かれた彼女は、一度だけ裕司の名前を言ったことがあった。「えー?」「うそー?」「マジで?」と全員から否定された苦い思い出がある。それ以来、彼女が裕司の名前を出すことはなくなった。

 顔はそれほど良いわけではない。どこにでもいる男子高校生である。メガネをかけて冷たそうに見えるが、話をするとそうでもない。友人同士でアイドルやアニメの話をする時も、笑顔で相槌を打っている。自分から話す方ではないが、話しかけると答えてくれる。

 全教科に於いて優秀な彼は、他の生徒に教える場面が多い。数学が苦手な麗奈も、時々わからないところを教わっている。先生の授業よりも遥かにわかりやすい。勉強が苦手な麗奈にとって、勉強が一番出来ることが好きな理由なのだ。

「わからなかったらまた教えるから、遠慮なく言ってね」

 そう言って笑う彼の顔が眩しい。他の誰でもない、麗奈にとって彼こそが太陽なのだ。だが、他の女子から否定されたこともあり、気持ちを伝える勇気がない。裕司のことを思っては、一人で泣き出してしまうほど切ない気持ちを抱える麗奈は、思い切って零美の鑑定を受けることにした。

Sponsered Link

ドアを開けて挨拶をしたが、緊張が最高潮に達している。

 下を向いたまま、なかなか顔を上げることが出来ないでいると、零美が優しく声をかけてくれた。

「いらっしゃいませ。桐山麗奈さん、ですよね?」
「は、はい、そうです。私が桐山です……」
「こちらにお座りください。お飲み物は、コーヒー、紅茶、緑茶とありますが、何がよろしいですか?」
「あっ、それじゃあ、紅茶をください……」
「わかりました。少々、お待ちくださいね」

 カップに紅茶を注いだ零美は、チョコレートを二つ添えて彼女に出した。

「桐山さんが気になることは何ですか?」
「あ、あの、占いは大好きで、よく雑誌の占いとかを見るんですが、こういう風に本格的に占ってもらうのは初めてなので、何を言ったら良いのかわからなくて……」
「そうですよね。ではまず、こちらにあなたのお名前と生年月日を書いていただけますか?生まれた時刻もわかればお願いします」
「母から聞いたのは、朝の四時十分だったと……」

 零美に言われた通り、麗奈は自分の名前と生年月日を書いた。

「十七歳、高校二年生なんですね」
「はい、そうです」
「十七歳、若いなあ。私はもう三十歳になったけど、心はまだまだ若いつもり」
「えっ、三十歳ですか? もっと若く見えます、二十五とか……」
「ありがとう。麗奈ちゃんにはサービスするわね」

 和彦には、二人の会話が微笑ましく感じた。また、零美の高校時代が思い出されて懐かしい。彼女が娘のように見えて、すっかりオジサンになったと内心笑った。

「高校生の悩みと言えば、恋愛になるんじゃない?」

零美に核心を突かれた麗奈は、恥ずかしそうに答えた。

「……そうですね。実は私、好きな人がいまして……。その人に告白しようかずっと悩んでいるんです。でも勇気がなくて……。どう思われているのか、先生は霊視もすると聞いたので、怖いけどやってもらおうかなと思って……」
「なるほどね。その人の写真はある?」
「あっ、はい。スマホの中に画像があります」

 麗奈はスマホを取り出すと、画像を出して零美に手渡した。

「真面目そうな人ね」
「彼はとても真面目です。頭が良くて、学年でもトップです」
「彼の生年月日、わかるかな?」
「生まれた時刻まではわかりませんが、生年月日はわかります」

 零美は、二人の命式をプリントアウトして彼女の前に置いた。

「確かに彼は頭が良くて、学者タイプって感じがする。人に教えるのが上手いと思うよ」
「私も時々教えてもらっていますけど、とてもわかりやすいです」
「彼は想像力も豊かな人。でも麗奈ちゃんは、彼以上の『夢見る夢子ちゃん』だよね」
「そうなんですよ。妄想ばかりしています」

 零美は、裕司の写真をじっと見つめ、彼の今の気持ちを探っていた。そして、受け取ったメッセージを彼女に伝える。

「彼は今、恋よりも勉強がしたいと思う」
「ああ、そうなんですね……」

Sponsered Link

彼女のがっかりとした表情を見ると、少し胸が痛かった。

「彼は、かなり先の未来を考えている人だなあ。彼のお父さんはどんな方かわかるかしら?」
「彼のお父さんはお医者さんです。将来は彼も医者になりたいと言っています」
「そう……。彼はお父さんを、とても尊敬しているようね。医者になれと言われたからなるんじゃない。自分からなりたいと思ったのよ」
「そうなんですか、すごいですね」
「彼の写真を見ていると、お父さんの事まで伝わる。お父さんはとても人格者だから、彼はお父さんのような医者になりたいのよ」
「そう言えば、顔も性格もお父さんに似てるって聞いた事があります」
「彼は、人の役に立ちたいという思いが強くて、そういう生き方の人が好きだし、尊敬しているの。そういうあなたも、自分の事より誰かの為になりたいと思ってるのね。だから、告白して彼の勉強の邪魔になったらどうしようと思っている。違うかしら?」
「えっ、どうしてそこまでわかるんですか?」

 自分の考えまで見透かされた麗奈は、とても驚いていた。

「彼は、あなたの良い所をしっかりと見てくれている。嫌いなイメージはないわ。むしろ、好意的に思っているはず」
「本当ですか! すごく嬉しいです」
「でも、彼は恋愛が上手じゃないの。優しい人だけど、女の子の気持ちには鈍感という感じ」
「そうだと思います」
「一般的な男子高校生みたいに、女の子の事で頭がいっぱいという人じゃない。彼は、医者になるという目標で頭がいっぱいなの。もしあなたが『付き合ってください』って言ったら、多分『いいよ』って言うわ。だけどそれは、あなたを傷つけたくないという彼の優しさなのね」
「ああ……」
「あなたも優しい人だから、彼の勉強の邪魔はしたくないと思うから、あなたが思い描くような『ザ・恋愛』にはならないかな……」
「……はい」
「余計な事言ったわね。ごめんなさい。もちろん、あなたが告白するのはダメというわけじゃない。彼と付き合うのはダメだって言うわけじゃないの。ただ、勉強が第一の人だから、あなたの事が第二になっちゃう。それはあなたにとってどうなのかなあと思ってね」
「なるほど。彼の気持ちはわかりました。でも、私が好きだという事をちゃんと知ってもらいたいんです。女子の間では、彼が好きだって言うのは私ぐらいで……。みんなは『勉強ばかりしてる奴のどこが良いの?』って言うんですけど、私は彼の真面目な所が大好きなので、だから……」

 下を向いていた麗奈は、目から大粒の涙を零した。零美は麗奈の隣に座り、しっかりと彼女を抱き寄せた。

「わかったわかった。麗奈ちゃんの熱い気持ちが、私の胸にずしんと伝わってきた。ごめんね、ひどい事言っちゃった」

 麗奈を抱きしめながら、一緒に大粒の涙を流す零美。その光景を奥から見ていた和彦は、二人が何故泣いているのかはわからなかったが、思わずもらい泣きした。日曜の午後の時間は、静かにゆっくりと流れていた。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n0235fd/17/】

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第1話 別れたくても別れられない女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第3話 登校拒否の娘を何とかしたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第4話 懐かしい母の温もり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第5話 不倫女の心の痛み」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第6話 彼女が別れを切り出した理由とは」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第7話 相性の悪い相談者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第8話 血だらけの訪問者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第9話 水は何色にも染まる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第11話 憑りつく霊たちの事情」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第12話 志保と零美の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第13話 老後のための熟年婚活」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第14話 次期社長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第15話 父母代わりの人に愛されるということ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第16話 息子に降りかかった災難」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第18話 母になるために」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第19話 告白されてわかったこと」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第20話 不倫で授かった命」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第21話 占いは自分を好きになるためのもの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第22話 人はイメージで変わる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第24話 子どもを連れた再婚」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第25話 課長への片想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第26話 夢に出る母の想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第27話 誰にも言えない恋」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第30話 女優のすすめ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第31話 プロポーズしてくれない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第32話 訪ねてきた懐かしい同級生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第33話 彼女が運が悪いと思う理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第34話 驚きの転身」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第35話 三つ目のコーヒーカップ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第36話 逆らえない上司」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第37話 息苦しくて生きづらい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第39話 漫画家になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第40話 どっちが良いの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第42話 父親からの縁談」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第43話 もしかして運命の人かも」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第44話 結婚式の前日に」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第45話 自分で自分を誉める」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第46話 信じる自由と信じない自由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第48話 母親は顧客」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第50話 丑の刻参り」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第51話 彼の告白を待つ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第52話 過去が思い出せない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第53話 別れさせるのが仕事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第54話 息子に店を継がせたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第55話 選ばれない人生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第56話 交通事故で助かった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第57話 鏡が嫌いになった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第58話 彼が死ななかった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第60話 未来を予言する」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第61話 彼女がコミュ障になった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第62話 鑑定は相談者を産みかえる作業」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第65話 人気女優と俳優の恋愛」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第66話 会社を辞めて彼がしたい事」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ある日突然大金持ちになった人たち!「古びたイスが1000万円に!」 2017年11月6日世界まる見え

ある日突然大金持ちになった人たち!「古びたイスが1000万円に!」 2017年11月6日世界まる見え!テレビ特捜部「世界のお金持ちさん貧乏さん大集合SP」より ある日突然、思いがけないことで大金が手に …

人志松本のすべらない話 2018年1月20日(全エピソード文字起こし)完全版

人志松本のすべらない話 2018年1月20日 フジテレビ系 2017年1月20日(土)21時放送 人志松本のすべらない話 出演者 松本人志 千原ジュニア(千原兄弟) 宮川大輔 宮根誠司 秋山竜次(ロバ …

占い師の独白シリーズ「霊眼が開く時」

占い師の独白シリーズ「霊眼が開く時」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 私が四柱推命占いに関わりながら、実際に体験したお話です。 「霊眼が開く時」  事故がき …

覚せい剤密輸でタイで逮捕され”死刑”宣告された男

覚せい剤密輸でタイで逮捕され”死刑”宣告された男 ヤバい”裏社会”SP! 2017年10月19日放送「じっくり聞いタロウ」より 絶対にやってはダメ!ヤバい”裏社会”SP! タイ刑務所の裏事情を暴露!絶 …

世にも奇妙な短編集「落とし穴遊び」

世にも奇妙な短編集「落とし穴遊び」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 フジテレビでタモリさんがストーリーテラーの「世にも奇妙な物語」みたいな感じで作ってみまし …