暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 小説

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

投稿日:2019年12月16日 更新日:

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
【あらすじ】
 心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆使して悩める人々の相談に乗っている。恋愛の悩み、仕事や人間関係の悩みなど、人それぞれ様々な悩みを抱えている。
 霊感の強い彼女は、死んだ人の姿を視(み)ることができ、会話もすることができるため、時には死んだ人が訪ねてくることもある。
 相談者の心に寄り添いたいと願う彼女だったが、零美自身の心も悲しみで溢れていた。果たして彼女は、相談者の心を癒し、自分自身も癒すことが出来るのだろうか。
(これは、前作「心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1」の各話を改稿したものです)

第23話 孤独になりたい

「ちょっと聞いて! ひどいんだよ、あの人さ……」

 甲高い妻の声が、高瀬浩一郎の耳をつんざく。録画しておいたドラマの再生をいったん停止し、「えっ? どうしたって?」と聞き返す。「いや、あのね……」と続けられた話が終わったと思った浩一郎は、改めて再生ボタンを押した。

「それでさ……」妻の美千代が違う話を始めた。「ちょっと待って」再び停止ボタンを押す。先ほどとは全然関係のない話で、それほど緊急性を感じない話を聞かされる。彼女の話をようやく聞き終えた浩一郎は、もう一度再生ボタンを押した。

 せっかくの休日。リアルタイムで見られなかったドラマを楽しみたい。特に刑事ドラマなどは、犯行の動機や背景などが台詞で語られる場面がある。その台詞を聞き逃せば、ドラマの面白みが半減してしまうのだ。

 それなのに、さして重要でもない話を、今聞かないといけないのか。こっちの事情を考えないのか。想像力がないのか。妻に対する不満が口から出そうになる。しかし、それを浩一郎が言う事はない。

 リビングには、たくさんの音が飛び交っている。息子がゲームをしながら叫ぶ声。娘がアイドルの動画を見ながら歌う声。妻が電話をしながら笑う声。音に敏感な浩一郎は、我慢しきれずにビデオを止め、テレビを消して寝室に移動した。

Sponsered Link

仕事帰り、スーツにネクタイのまま零美の店にやってきた浩一郎。

 銀縁メガネの奥に見える優しそうな目。和彦には、真面目そうなサラリーマンのように思えた。

「電話で予約した高瀬浩一郎です」

 深々とお辞儀をする浩一郎に、零美は恐縮する。

「こちらへどうぞ。ソファーにお座りください。お飲み物はホットコーヒーでよろしいでしょうか? ミルクや砂糖はどうされますか?」
「では、どちらもお願いします」

 和彦には、相談者と言うより営業マンのように見える。零美が、コーヒーカップを目の前に置いた。彼は、ミルクと砂糖どちらも入れず、そのまま一口味わうように飲んだ。

「美味しい。ミルクと砂糖入れるのがもったいない。ブラックで飲ませていただきます」
「コーヒーお好きなんですね」
「酒は飲みませんが、コーヒーだけは欠かせない、コーヒー中毒です」
「良かったらおかわりもどうぞ」
「それは嬉しいです。お言葉に甘えます」
「ところで、高瀬さんのご相談は何でしょうか?」
「そうですねえ、自分自身の事ですかねえ……。どうも僕は、結婚に向いていなかったなあと思いまして……」
「お子様は、いらしゃるんですか?」
「妻と、子どもが二人います」
「結婚に向いていないとおっしゃいますと、奥さんと別れたいという事ですか?」
「いいえ、妻と別れたいとは思いません。ただ、離れて暮らしたいなあと……」
「別居?」
「ええ、一人になりたくて。元々孤独が好きで、人と関わるのは得意じゃないんです」

「それでは、何故ご結婚されたんですか?」

「妻とは見合いで、僕は婿養子なんです。妻は三人姉妹の末っ子、僕は三人兄弟の末っ子。事情があって、僕が婿に入りました。僕としてはもう、息子が生まれた時点で、家系を残す責任は果たせたと思っているので……」
「そうですか……」
「もう高校二年生と中学三年生ですから。父親が一緒にいなくても、十分やっていけるでしょう。お金さえ家に入れれば、父親は側にいなくても良いと思うんです」
「そうですねえ。お母さんみたいに、ご飯作るわけじゃありませんからね。一緒にいなくても良いのかも知れません」
「だけど、僕の周りの人はみんな、中高生の時こそ父親が必要だと言うんです。それがどうも、僕には理解できなくて……。自分の経験では、その時代に父親が側にいてほしいと思った事はありませんし、逆に煩わしいと思っていました。

 もう、一緒に遊ぶ年齢でもありませんし、一緒に旅行に行くわけでもありません。ただ、お金が必要な時に言ってくるだけですよ。

 妻にしたってそう。『亭主元気で留守が良い』と、世間の人は言うじゃないですか。それが本音じゃないですか。ただ、銀行に給料さえ振り込まれていれば良いと。そうじゃありませんか?」

 早口でまくし立てる浩一郎。最初の紳士風な雰囲気とはギャップがありすぎて、零美は驚いていた。

「少しお待ちください。高瀬さんの命式を出しますから」

 浩一郎の生年月日を入力して命式を出し、プリントアウトして彼の前に置いた。

「高瀬さんはですね。人まねが嫌いです。オンリーワンでいたい。世間で、当たり前とか常識だとか言われる事に、いちいち反発したくなるんですね」
「それは当たっています。天邪鬼なんです」
「宗教性が強い方です。何のために生きるのか。どう生きるべきか。哲学的な世界に生きていますね。理想と現実のギャップに苦しんでいらっしゃる……。常に、頭の中でいろんな事を考えていらっしゃいます。それで、相当ストレスがかかっていると思います。

 さらに、感受性が強すぎて、神経が敏感過ぎます。一方で、サービス精神が旺盛なので、相手がしてほしい事を言われる前に察知して、ついやってあげたくなる。ところがそれに対して、相手が感謝してくれない。そうすると悲しくなってしまう。だから、人と関わりたくないんですよね」
「先生、すごい! おっしゃる通りです。誰もわかってくれないんです、私の悩みを。人のやる事なす事がすごく目について、気になって仕方ないんです。だから、誰かと一緒にいるのがすごく苦しいんです。

Sponsered Link

せめて仕事が終わった後は、家でゆっくりさせてほしい。

 でも、家族だけじゃなくて、親戚付き合いとかPTAとか地域の付き合いとか、他にもいろいろあるじゃないですか。

 もう、人生もあと何年生きられるかわかりませんし。もしかしたら、還暦を越えられないかも。あと何年も生きられないと考えるようになって、自由に生きたいなあと思うんです。

 人と関わるのが好きな人は良いんです。誰かと一緒に楽しくお酒を飲むのが好きだとか。それが楽しみな人は、それで良いと思います。でも、世の中には、私みたいな人もいるんです。孤独になりたい人が。

 人と関わっている時間がもったいないんです。タイムイズマネーじゃないですか。誰かとしゃべるより、やりたい事があるんです」
「やりたい事って何ですか?」
「それは、この年で恥ずかしいんですが……。小説家になりたいと言う夢がありましてね」
「小説家?」
「そうです。最近、小説を書いて投稿するサイトがある事を知りまして……。そこに少しずつ、書いて投稿するようになりました。そうしたら楽しくなっちゃって。毎日一話ずつ投稿すると、どうしても時間が足りないんです。

 それなのに、妻が話しかけてくるんですよ。うちには書斎がありませんから。落ち着いて書ける場所がないんです。そういう事情もあって、別居したいなと思うようになったんです」
「そうですか……」
「どうでしょう先生。私には文才がありますか?」
「そうですね、文才はあります。高瀬さんは、言葉に対して敏感ですよね。頭の中で、言葉が飛び交っているイメージと言うか……」
「それが困っているんです。自分でももう、収拾がつかないと言いますか。それを整理するのに苦労していまして……。先生がズバリ見抜いてくれたので、すごく嬉しいです。今日は本当に、どうもありがとうございました」

 浩一郎は鑑定料を払い、時間を気にするように足早に帰った。それを確認して、和彦が奥から出てきた。

「あの人は、問題解決出来たのかな?」
「たぶん、自分の事を誰かにわかってもらいたかったんでしょう。きっと満足したと思う」

 すっかり冷えてしまったコーヒー。零美は、グイっと一気に飲み干した。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n0235fd/23/】

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第1話 別れたくても別れられない女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第3話 登校拒否の娘を何とかしたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第4話 懐かしい母の温もり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第5話 不倫女の心の痛み」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第6話 彼女が別れを切り出した理由とは」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第7話 相性の悪い相談者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第8話 血だらけの訪問者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第9話 水は何色にも染まる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第11話 憑りつく霊たちの事情」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第12話 志保と零美の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第13話 老後のための熟年婚活」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第14話 次期社長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第15話 父母代わりの人に愛されるということ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第16話 息子に降りかかった災難」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第18話 母になるために」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第19話 告白されてわかったこと」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第20話 不倫で授かった命」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第21話 占いは自分を好きになるためのもの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第22話 人はイメージで変わる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第24話 子どもを連れた再婚」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第25話 課長への片想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第26話 夢に出る母の想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第27話 誰にも言えない恋」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第30話 女優のすすめ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第31話 プロポーズしてくれない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第32話 訪ねてきた懐かしい同級生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第33話 彼女が運が悪いと思う理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第34話 驚きの転身」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第35話 三つ目のコーヒーカップ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第36話 逆らえない上司」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第37話 息苦しくて生きづらい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第39話 漫画家になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第40話 どっちが良いの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第42話 父親からの縁談」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第43話 もしかして運命の人かも」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第44話 結婚式の前日に」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第45話 自分で自分を誉める」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第46話 信じる自由と信じない自由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第48話 母親は顧客」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第50話 丑の刻参り」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第51話 彼の告白を待つ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第52話 過去が思い出せない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第53話 別れさせるのが仕事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第54話 息子に店を継がせたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第55話 選ばれない人生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第56話 交通事故で助かった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第57話 鏡が嫌いになった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第58話 彼が死ななかった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第60話 未来を予言する」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第61話 彼女がコミュ障になった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第62話 鑑定は相談者を産みかえる作業」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第65話 人気女優と俳優の恋愛」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第66話 会社を辞めて彼がしたい事」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2017年9月20日ホンマでっか!?TV その行動 実は意味アリ!?

2017年9月20日ホンマでっか!?TV その行動 実は意味アリ!? 2017年9月20日(水)「ホンマでっか!?TV」より 「その行動 実は意味アリ!?」 Sponsered Link 教科書に落書 …

ある日突然大金持ちになった人たち!「古びたイスが1000万円に!」 2017年11月6日世界まる見え

ある日突然大金持ちになった人たち!「古びたイスが1000万円に!」 2017年11月6日世界まる見え!テレビ特捜部「世界のお金持ちさん貧乏さん大集合SP」より ある日突然、思いがけないことで大金が手に …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」 心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていた …

2018年3月8日放送「グサッとアカデミア」林修VS美女20人! 横澤夏子と若槻千夏の大問題

2018年3月8日放送「グサッとアカデミア」林修VS美女20人! 横澤夏子と若槻千夏の大問題 グサッとアカデミア 林修VS美女20人!ブルゾン村上佳菜子に鬼講義&大物妻初密着 横澤夏子の大問題 …

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”総理大臣のゲス不倫史”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”総理大臣のゲス不倫史”」 2018年1月7日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 歴代総理大臣泥沼スキャンダル スキャンダル日本史 第17弾。 今回は「歴代総理大臣 …