暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 小説

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

投稿日:2019年12月17日 更新日:

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
【あらすじ】
 心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆使して悩める人々の相談に乗っている。恋愛の悩み、仕事や人間関係の悩みなど、人それぞれ様々な悩みを抱えている。
 霊感の強い彼女は、死んだ人の姿を視(み)ることができ、会話もすることができるため、時には死んだ人が訪ねてくることもある。
 相談者の心に寄り添いたいと願う彼女だったが、零美自身の心も悲しみで溢れていた。果たして彼女は、相談者の心を癒し、自分自身も癒すことが出来るのだろうか。
(これは、前作「心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1」の各話を改稿したものです)

第29話 帰ってきてくれるだけで良い

 青山へと向かう車中、松永幸恵は伊東裕志の言葉に耳を傾けていた。寡黙な伊東が、運転をしながら話をする事は滅多にない。幸恵に聞かれた時だけ答える。そんな伊東に対し、時には愚痴をこぼす事もある。伊東がそれを絶対に口外しないと信じているからだ。

 普段は幸恵の車を運転する伊東。昨日は、夫の克己の車を運転をした。専属運転手の黒川が急用で休んだため、急遽頼まれたのだ。

 朝早く都内の自宅を出発し、埼玉にある本社へと向かう。埼玉県内にスーパーをいくつも展開している克己は、やり手の社長である。午後一時に本社での仕事を終えると、いつものように都心へと向かう。伊東は以前にも、克己の車の運転をした事がある。

 この日の目的地は、新宿の高級ホテルだった。いつもなら、知り合いの社長が集まるサウナへ行くのだが、この日は違った。途中、克己に指示されて車を停車させていると、赤い服の若い女性が乗り込んできた。そして彼女を乗せたまま、目的地に向かった。

 克己と彼女はホテルの中へ入り、伊東は駐車場で待機する。数時間後、克己だけが車に戻ってきて、自宅に向かうように言われた。帰りの車中、克己は無言のままだった。

 普段は自分から話しかけない伊東が、昨日の事を幸恵に話した。幸恵が可哀想に思えたからだ。一通り聞き終わった幸恵は一言、「ありがとうございます」と礼を言った。「大丈夫ですか?」と聞く伊東に、「慣れていますから」と寂しそうに答えた。

Sponsered Link

零美の店にやってきた幸恵。

 詳しい事は勘弁してほしいと言って、田中と名乗った。見るからに育ちの良さそうな気品に溢れ、高級そうな洋服に身を包み、バッグもブランド物である。零美は彼女と夫の命式を出して印刷し、彼女の前に置いた。

「奥様のお悩みはどんな事ですか?」と言いながら、ホットコーヒーを出した。皿にはチョコレートが二つ乗ったっている。

「主人の事です……」幸恵はぼそりと言い、出されたコーヒーを一口飲み込む。「熱いっ」こぼれた言葉を隠すように、高級バッグの中からハンカチを取り出して口に当てた。

 零美は身を乗り出して「だ、大丈夫ですか?」と声をかけた。「猫舌なもので……。ご心配ありがとうございます」と丁寧に頭を下げた。一拍置いて気を落ち着けた幸恵は、意を決して胸の内を語りだした。

「夫は、ある程度名の知れた会社を経営しております。私も子どもたち三人も、何不自由ない暮らしをさせてもらっています。自宅は都内の一等地に建てました。大きな屋敷にお手伝いさんもおります。

 主人は忙しい中、毎年夏休みに子どもたちを海外旅行に連れていってくれます。運転手付きの車に乗って、私がスポーツジムやショッピングに行けるのも主人のお陰です。

 私の実家は東北で、父は商社をやっております。何の苦労もしないで育てられました。家事もろくに出来ない私ですが、主人は文句一つ言いません。外の人が見れば、何の問題もなさそうな家ですが……」

 幸恵はここまで話すと、火傷しそうになったコーヒーカップの熱さを手で確かめ、少し熱さがおさまったコーヒーを口に含んで飲み込む。それから幸恵は、話の本題に入った。

「実は一つだけ、主人に困っている事があります」
「困っている事、とは?」

 ゆっくりと話す幸恵。なかなか話の本質が見えてこない。零美は身を乗り出すように聞く。

「主人は昔から、女性関係が激しくて……。地位もお金もありますから、しょうがありませんが。浮気と言っても、体だけの付き合いですから後腐れのないものばかりですけど。

専属運転手がよく知っていて、私のために逐一報告してくれるんです……。

 でも、みんな若い大学生とかで、お小遣いをあげている感じなんです」

 夫の奔放な女性関係を自慢したがる妻はいない。手にしたハンカチで額の汗を拭き、そのハンカチをぎゅっと握りしめる。夫婦の恥部を晒す恥ずかしさを必死に堪えている。

 自分の立場をわきまえて、誰にも言えなかった悩みをさらけ出そうとしている。その気持ちが零美にはよくわかった。

「実は、主人の秘書の女性との仲を以前に疑いまして、探偵に頼んで調べてもらった事があるんです」

 社長と秘書と言えば、愛人関係に発展してもおかしくない。それは世間の常識である。いよいよこれが、彼女の悩みの本質なのか。零美は聞きながらそう思った。

「結局、何もありませんでした。でも、正直今でも疑っています。彼女はかなりの美人ですから」

 幸恵はそう言って、スマホで秘書の画像を探しだし、零美の前に置いた。

「確かに、この人は美人ですね。奥様が心配するのも当然です」と言って、スマホを彼女に返そうとした。ところが、彼女はそれを受け取らず「先生が霊視してみて、この人と主人の関係はわからないでしょうか?」と尋ねた。

 零美は頷いて、秘書の画像をじっと見つめる。そうしてから目を閉じて、天からのメッセージを待った。しばらくして目を開け、彼女に向かってにこりと笑った。

「ご主人とこの人は、仕事だけの関係です。心配はありません」

Sponsered Link

その瞬間、彼女の緊張はすーっと解けた。

 ようやく息が出来たかのように、顔色がどんどん良くなっていく。

「どうでしょう、主人の浮気癖は治りますか?」
「まあ、ご主人は愛情がありすぎるんです。常にだれかに愛情を注いでいたい。困っている人を見ると手を差し伸べたくなる。そういう人なんです」
「と言う事は、浮気はボランティアみたいなものだと?」
「ボランティア、ははは、そうかも知れません」

 思わず笑ってしまい、慌てて口を押さえた。この人、なかなか度量が広い。零美はそう思った。

「奥様は、ご主人の浮気を許せませんか?」と聞いてみる。当然でしょうと言われるに違いない。そう思ったが、実際は違っていた。

「私は、主人の浮気を責める気はありません。私も若くないですし、若い人にはどうやったって勝てません。遊びの浮気はどうぞご自由にと思っています。ただ、本気になってもらうのは困ります。本気になって、家庭を壊してもらいたくないのです。その点、主人はどうでしょうか?」

 これこそ彼女の一番知りたい事だ。浮気だけで終わる男か、家庭を壊してしまう男なのか。それが知りたいのだ。

 プライドの高い女性なら、一度の浮気で激怒する。もしかすると、若い時は何度も腹を立てて口喧嘩をしたかも知れない。今は年齢を重ね、夫婦としての時間を積み重ねた。へんなプライドより実をとりたい、という事なのだ。

「ご主人は人の痛みがわかる人です。誰かを悲しませるような事はしないと思います。家族を大事に思っているので、本気にはならないように自制されているはずです。女遊びをする代わりに、家族サービスをして穴埋めしたいのではないでしょうかね」

 零美の言葉で、彼女は安心したように笑った後、「ありがとうございました」と礼を言って、鑑定料を支払って帰っていった。

「どんなに浮気しても、家に帰ってきてくれれば、私はそれで良いんです」

 妻としてのプライドが彼女を支えている、零美はそう思った。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n0235fd/29/】

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第1話 別れたくても別れられない女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第3話 登校拒否の娘を何とかしたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第4話 懐かしい母の温もり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第5話 不倫女の心の痛み」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第6話 彼女が別れを切り出した理由とは」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第7話 相性の悪い相談者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第8話 血だらけの訪問者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第9話 水は何色にも染まる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第11話 憑りつく霊たちの事情」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第12話 志保と零美の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第13話 老後のための熟年婚活」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第14話 次期社長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第15話 父母代わりの人に愛されるということ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第16話 息子に降りかかった災難」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第18話 母になるために」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第19話 告白されてわかったこと」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第20話 不倫で授かった命」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第21話 占いは自分を好きになるためのもの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第22話 人はイメージで変わる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第24話 子どもを連れた再婚」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第25話 課長への片想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第26話 夢に出る母の想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第27話 誰にも言えない恋」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第30話 女優のすすめ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第31話 プロポーズしてくれない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第32話 訪ねてきた懐かしい同級生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第33話 彼女が運が悪いと思う理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第34話 驚きの転身」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第35話 三つ目のコーヒーカップ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第36話 逆らえない上司」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第37話 息苦しくて生きづらい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第39話 漫画家になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第40話 どっちが良いの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第42話 父親からの縁談」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第43話 もしかして運命の人かも」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第44話 結婚式の前日に」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第45話 自分で自分を誉める」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第46話 信じる自由と信じない自由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第48話 母親は顧客」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第50話 丑の刻参り」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第51話 彼の告白を待つ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第52話 過去が思い出せない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第53話 別れさせるのが仕事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第54話 息子に店を継がせたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第55話 選ばれない人生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第56話 交通事故で助かった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第57話 鏡が嫌いになった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第58話 彼が死ななかった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第60話 未来を予言する」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第61話 彼女がコミュ障になった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第62話 鑑定は相談者を産みかえる作業」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第65話 人気女優と俳優の恋愛」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第66話 会社を辞めて彼がしたい事」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 昔話や童話を独自の解釈でアレンジしてみました。 改作・昔話「一寸法師」   ねえ、眠 …

現代と変わらない!? 枕草子に書かれた女心 2017年9月2日 世界一受けたい授業まとめ

現代と変わらない!? 枕草子に書かれた女心 2017年9月2日 世界一受けたい授業まとめ 2017年9月2日放送の「世界一受けたい授業」より 名作 枕草子に隠された「たくらみ」 徳島県阿波市で、あるこ …

「命懸けで映画を愛した男 渡瀬恒彦」やりすぎ都市伝説SP 2017夏

「命懸けで映画を愛した男 渡瀬恒彦」やりすぎ都市伝説SP 2017夏 2017年6月30日放送、「やりすぎ都市伝説SP 2017夏」より 映画コメンテーター・有村 昆プレゼンツ 「命懸けで映画を愛した …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推 …

林修 初耳「スキャンダル日本史 有名歌人の豪遊&借金地獄 石川啄木」

林修 初耳「スキャンダル日本史 有名歌人の豪遊&借金地獄 石川啄木」 2018年6月17日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 国語の教科書にも載っているイケメン「石川啄木」 スキャンダル日本史 第 …