暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 小説

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

投稿日:2019年12月23日 更新日:

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
【あらすじ】
 心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆使して悩める人々の相談に乗っている。恋愛の悩み、仕事や人間関係の悩みなど、人それぞれ様々な悩みを抱えている。
 霊感の強い彼女は、死んだ人の姿を視(み)ることができ、会話もすることができるため、時には死んだ人が訪ねてくることもある。
 相談者の心に寄り添いたいと願う彼女だったが、零美自身の心も悲しみで溢れていた。果たして彼女は、相談者の心を癒し、自分自身も癒すことが出来るのだろうか。
(これは、前作「心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1」の各話を改稿したものです)

第47話 結婚詐欺はビジネス

「こんにちは。私、結婚詐欺師です」

 予約もなしに女性が入ってきて、零美に会うなりこう切り出した。自らが犯罪者である事を隠そうともせず、なんとも堂々としている。彼女は、少しも悪びれる様子がない。

 年齢はおそらく三十代であろう。スレンダーな美人で、モデルをしていてもおかしくないほどだ。艶っぽい唇がセクシーなハリウッド女優を連想させる。彼女に結婚を仄めかされたら、大抵の男性はお金を融通するに違いない。

「えっ、結婚詐欺師、ですか?」

 突然の自己申告に、思わず戸惑ってしまった。いきなり何だ? 何の目的があるのか? いろいろな人が訪ねてきたが、会った早々に犯罪者である事を明かす人は初めてだった。

「はい、そうです。でも私、誰も殺したりなんかしていませんよ。よくいるじゃないですか、結婚をちらつかせてお金を貢がせて、お金がなくなったら殺しちゃう人が。そういう人は本当に最低ですよ。

 結婚詐欺師は夢を売る商売です。この人と結婚したら幸せになれるかもと言う夢を売るんです……。まあ、クラブのホステスみたいなものです。

Sponsered Link

ホステスって、お店に来たお客さんの相手をして、気分を良くさせてお金を払ってもらうじゃないですか。

 高いお金を払っても、誰も詐欺だなんて言いませんよね。それと同じ事です。店舗を持たないフリーのホステスじゃないかなと、私は思っているんです」

 確かに、お互いが満足しているのであれば、それは合法的な商売になる。そうなると、結婚詐欺師と言う表現は違う気がする……。腑に落ちないものを感じながらも、彼女の堂々とした話しっぷりに零美は感心していた。

「ところで、あなたはどうしてこの店に来られたんですか?」

 当然な疑問である。ここは警察署ではない。自首をしに来たわけではないはず。ただ自慢をしに来たのだろうか。営業妨害だから帰ってと、零美は言いたかった。すると、そんな零美の気持ちを察したのか、彼女は訪ねてきた理由を話し始めた。

「あっ、違います、ただの世間話に来たわけじゃありません。零美先生の噂を聞いて、是非とも占ってほしくて来たんです。自分を知るって大切ですよね。自分の長所や短所を知る事で、今の仕事に役立てたいと思うんです。

 先生だって、結婚詐欺をする人間がどんな星を持っているか、気になるんじゃありませんか? 少しでもお役に立ちたいなと思うんですよ」

そう言って彼女は、得も言われぬ不気味な笑顔を見せた。

 余程の自信があるのか、決して目を逸らさない。厄介な客である。

 大抵の相談者は、何か解決したい問題を抱えて来るのであり、占い師は、その問題に対する解決法をアドバイスするものである。あるいは、悩みを聞いて共感するだけでも、相談者の悩みは半分解決したようなものだ。

 しかし、目の前の彼女には特に問題と言うものはない。威風堂々とした佇まいがそれを雄弁に物語っている。強いて言うなら、先生のアドバイスを受ける生徒のようなつもりなのだろうが、そういう人がいても良いかなと零美は思った。

「そうですか、わかりました。では、あなたのお名前と生年月日を紙に書いていただけますか?」
「名前は言えないので、とりあえずリナって事でお願いします」

 本名を言いたくないのはわかる。用心深くなければ、結婚詐欺師を生業とする事は出来ない。零美はパソコンで命式を出すと、印刷したものを彼女の前に置いた。

「これがリナさんの命式です。自我が強くて自信家、自分が正しいと思っているあなたは、確かに頭も良く、よく吟味して行動するので失敗は少ないでしょう。あらかじめターゲットを品定めして、成功確率の高い人にアプローチしていらっしゃるのではないでしょうか

 感受性が鋭いので、相手が何を望んでいるかを瞬時に見抜いてしまう能力があります。そこが一番のポイントになるでしょうね」

Sponsered Link

彼女は思わず「ブラボー!」と言って手を叩き、にこりと笑った。

「その通りです先生。勝負の分かれ目は、相手が何を望んでいるのかがわかるかどうかなんです。私が売るのはモノじゃなくて、精神的な満足感です。

 母親のような愛情を求めている人には母親に、娘のような愛情を求めている人には娘に、先生を慕う生徒や弟子を求めている人には生徒や弟子になります。人はみんな、対象から受ける愛情で満足を得ようとしますから。

 その人の心の隙間を埋めてあげて、その代価としてお金を頂戴するわけです。結婚相手と言うと語弊があるかも知れませんから、パートナーと言った方が良いでしょう。

 お金持ちなら、いくらでもお金で女性を買えます。それで肉体的な欲求は満たされるかも知れませんが、精神的な欲求は満たされませんよね。社会的地位があればあるほど、その人は公序良俗に反するお店には行けません。そこで、私みたいなビジネスが成立するのです。需要と供給なのです」

 確かにそう言われると、犯罪とは思えない。被害者だと訴える人がいなければ、これは立派なビジネスとして成立するのかも知れない。零美は彼女の論理にいたく感心していた。最後に、彼女は悪戯っぽく笑いながらこう付け加えた。

「零美先生も、この仕事に合っていると思うんですけど、やってみませんか?」

 突然の申し出に固まる零美を見ながら、「冗談ですよ」と笑う。持論を展開して満足した彼女は、鑑定料を支払って帰っていった。いったい彼女は何だったのだろう。零美は狐につままれたような感覚だった。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n0235fd/47/】

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第1話 別れたくても別れられない女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第3話 登校拒否の娘を何とかしたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第4話 懐かしい母の温もり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第5話 不倫女の心の痛み」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第6話 彼女が別れを切り出した理由とは」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第7話 相性の悪い相談者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第8話 血だらけの訪問者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第9話 水は何色にも染まる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第11話 憑りつく霊たちの事情」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第12話 志保と零美の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第13話 老後のための熟年婚活」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第14話 次期社長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第15話 父母代わりの人に愛されるということ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第16話 息子に降りかかった災難」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第18話 母になるために」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第19話 告白されてわかったこと」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第20話 不倫で授かった命」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第21話 占いは自分を好きになるためのもの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第22話 人はイメージで変わる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第24話 子どもを連れた再婚」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第25話 課長への片想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第26話 夢に出る母の想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第27話 誰にも言えない恋」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第30話 女優のすすめ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第31話 プロポーズしてくれない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第32話 訪ねてきた懐かしい同級生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第33話 彼女が運が悪いと思う理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第34話 驚きの転身」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第35話 三つ目のコーヒーカップ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第36話 逆らえない上司」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第37話 息苦しくて生きづらい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第39話 漫画家になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第40話 どっちが良いの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第42話 父親からの縁談」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第43話 もしかして運命の人かも」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第44話 結婚式の前日に」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第45話 自分で自分を誉める」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第46話 信じる自由と信じない自由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第48話 母親は顧客」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第50話 丑の刻参り」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第51話 彼の告白を待つ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第52話 過去が思い出せない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第53話 別れさせるのが仕事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第54話 息子に店を継がせたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第55話 選ばれない人生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第56話 交通事故で助かった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第57話 鏡が嫌いになった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第58話 彼が死ななかった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第60話 未来を予言する」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第61話 彼女がコミュ障になった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第62話 鑑定は相談者を産みかえる作業」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第65話 人気女優と俳優の恋愛」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第66話 会社を辞めて彼がしたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第67話 遊女の哀しみ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第68話 お母さんに会いに来た」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第69話 黒いハイヒール」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第70話 気になる義母」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第71話 脳を騙す」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第72話 涙で膨らんだ水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第73話 許せない父親」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第74話 モテたいけれど」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第75話 いつも来る常連の彼女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第76話 口が悪いけど可愛い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第77話 いつ死ぬのか知りたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第78話 彼女を覚えていない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第79話 あの人の生まれ変わり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第80話 彼女が気になる三人の男」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第87話 きつい姑に耐えられない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第87話 きつい姑に耐えられない」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …

世にも奇妙な短編集「毒を吸い取る花」

世にも奇妙な短編集「毒を吸い取る花」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 フジテレビでタモリさんがストーリーテラーの「世にも奇妙な物語」みたいな感じで作ってみま …

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 昔話や童話を独自の解釈でアレンジしてみました。 改作・昔話「一寸法師」   ねえ、眠 …

林修 初耳「スキャンダル日本史 怪談の幽霊は『庶民が作ったヒーロー』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 怪談の幽霊は『庶民が作ったヒーロー』」 2017年7月30日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より Sponsered Link 人間国宝が出題する幽霊の美談 スキャン …

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”ゲス不倫女を伝える『江戸の文春砲』”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”ゲス不倫女を伝える『江戸の文春砲』”」 2017年10月29日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 「ゴシップ誌が語り継ぐ江戸時代の悪女」 スキャンダル日本史 第1 …