暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 小説

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第78話 彼女を覚えていない理由」

投稿日:2020年1月1日 更新日:

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第78話 彼女を覚えていない理由」

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
【あらすじ】
 心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆使して悩める人々の相談に乗っている。恋愛の悩み、仕事や人間関係の悩みなど、人それぞれ様々な悩みを抱えている。
 霊感の強い彼女は、死んだ人の姿を視(み)ることができ、会話もすることができるため、時には死んだ人が訪ねてくることもある。
 相談者の心に寄り添いたいと願う彼女だったが、零美自身の心も悲しみで溢れていた。果たして彼女は、相談者の心を癒し、自分自身も癒すことが出来るのだろうか。
(これは、前作「心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1」の各話を改稿したものです)

第78話 彼女を覚えていない理由

 夕方の遅い時間帯にやってきた男性は、ドアを開けてこう言った。

「あのう、お話させてもらってもいいですか?」

 おそらく四十代後半だろうか。浅黒い顔が憔悴しきっていて、いかにも精神的に参っているように見える。

「はい、大丈夫です。どうぞ、中にお入りください」

 深刻そうな彼の事情を察した零美は、快く店内に招き入れ、ソファーに身を沈める彼に淹れたてのホットコーヒーを届ける。

「どうも、ありがとうございます」

 彼は頭を下げると、ずずずっと音を立てて飲み始めた。

「かなりのストレスを抱えているように見えますが、何かお悩みがあるんですか?」

 零美の暖かい言葉が胸に沁みたようで、彼はしばらく両目を瞑り奥歯を噛み締めた後、ようやく言葉を発した。

Sponsered Link

「僕の行く先々に、いつも現れる女の人がいるんです……」

「えっ? その人は知っている人なんですか?」
「いいえ、全く知らない人です」
「その人は若い女性ですか?」
「いつも白い大きな帽子を被っていて、ストレートの長い髪が腰の辺りまで伸びています。赤いワンピースを着ているのでかなり目立ちますが、年齢は二十代なのか三十代なのか、はっきりはわかりません」
「いつも同じ格好ですか?」
「そうです。いつも遠くからこっちを見ています。赤いワンピースが印象的なので、自然と目がそちらにいくんですけど、一瞬目を逸らしてから再び見ると、もういなくなっているんです」
「たまたま偶然似たような人がいた、という事ではありませんか?」
「どうでしょう、それは何とも言えませんが……」
「所謂それは、ストーカーですかね?」

 彼は黙ったまま、真っすぐ前を見つめている。それはまるで、ギリシャ神話の怪物メドゥーサに見つめられて固まったかのように動かない。

「あ、あのう……。どうかされましたか?」

 顔を固定したままの彼は、右手と左手をテーブルの上で忙しく動かしている。その様子から求めているものを察した零美は、紙とペンを彼に持たせた。彼は前を向いたままペンを走らせ、「あなたの後ろにいる」と書きなぐった

 彼が目を離せないのは、目を離すと彼女が消えてしまうからだ。彼の意図を知った零美が小さな声で「いつもの人ですか」と尋ねてみる。彼は「そうです」と紙に書いて返答した。

 全てを察した零美は、彼女の心を探り始めた。そして彼女からのメッセージを受け取ると、彼に悟られないようにスマホを操作して和彦にメッセージを送った。

「青柳さん、あなた本当に覚えていませんか?」

「えっ、どうして私の名前を?」

 まだ名前を名乗っていなかったのに、どうして自分の名前を呼ぶのか不思議に思った。でも、霊視が出来ると言うのなら、そのぐらいの芸当が出来てもおかしくない、と納得した。

「覚えていないって、何をですか?」
「彼女の事です」
「い、いや、だから、全然わかりませんって。全然知らない人です」

 その言葉を確認しようと、零美は再び彼女と交信を始める。しばらくして合点がいったのか、伏せていた顔を上げて彼にこう言った。

「なるほど、確かにそうですよね。顔は見ていなかったわけですからね」
「えっ、顔?」

 意味深な言葉を放たれて訝しく思った彼は、目線を移して零美の顔を見つめる。

「それはどういう意味ですか?」
「文字通りです。顔は見ていなかったですよねという事です」
「先生は何を言ってるんですか? さっきも顔は見ました。やはり同じ女性でしたよ」
「でも、あの時あなたは、女性の顔を見ていなかったんですよね?」
「えっ、あの時? いつの話ですか?」
「一か月くらい前ですけど、覚えていませんか? 人通りの少ない道路をトラックで走っていたあなたは、人を撥ねたでしょ? 目撃者は誰もいません。動かないから即死だと思ったんですね。しかもあなたは、かなりお酒を飲んでいましたね……」

Sponsered Link

彼は黙って零美を見つめたまま動かない。

 心の動揺が、細かく揺れる瞳孔に表れている。

「ところが彼女、まだ生きてたんですよ。病院に運べば助かったかも知れません。でもあなたは、飲酒運転がバレるのが怖くて逃げました。車から降りて生死の確認さえもしませんでした。だから彼女の顔を見ていないんです。白の帽子と赤いワンピースだけは覚えていましたが、顔は見ていなかったからわからなかったんです、彼女の事を」

 零美はそう言うと、彼の左横に向かって指を差した。彼はそれに釣られ、左横に顔を向ける。そこには、白い大きな帽子を被り、腰まで髪を伸ばした赤いワンピースの女が無表情のまま立っている。彼はおもわず「ひゃっ!」と声を上げ、頭を抱えて床にうずくまった。

「た、た、助けてくださいー!」

 震えながら叫ぶ彼を見下ろしながら、零美はゆっくりとした口調でこう言った。

「どうします? 自首します? 今、奥の部屋で刑事さんに待機してもらっています。罪を認めて自首した方がよろしと思いますけど」

 彼は頭を抱えたままうずくまっている。

「以前、あなたと同じように人を死なせた人がここに来ました。その人は刑事さんの静止を振り切って外に飛び出しましたが、車に撥ねられて即死しました。彼女は、あなたが自首したら死なせるつもりはないようです。でももしここで逃げたら、あなたを死なせるまで追いかけるそうです。さあ、どうしますか?」

 彼はぶるぶると震えながら黙って話を聞いていたが、しばらく考えて観念したように「自首します」と小さく答えた。零美は奥で待機していた川崎刑事を呼ぶと、自首する旨を伝えて彼を警察署に連れていってもらった。

 彼らが去った後、零美が彼女を視ると、さっきまでの無表情から少し笑顔になっていた。彼女に向かって微笑み、「ありがとう」と頭を下げると、何も言わず静かにその場から消えていった。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n0235fd/78/】

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第1話 別れたくても別れられない女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第3話 登校拒否の娘を何とかしたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第4話 懐かしい母の温もり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第5話 不倫女の心の痛み」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第6話 彼女が別れを切り出した理由とは」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第7話 相性の悪い相談者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第8話 血だらけの訪問者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第9話 水は何色にも染まる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第11話 憑りつく霊たちの事情」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第12話 志保と零美の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第13話 老後のための熟年婚活」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第14話 次期社長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第15話 父母代わりの人に愛されるということ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第16話 息子に降りかかった災難」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第18話 母になるために」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第19話 告白されてわかったこと」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第20話 不倫で授かった命」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第21話 占いは自分を好きになるためのもの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第22話 人はイメージで変わる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第24話 子どもを連れた再婚」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第25話 課長への片想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第26話 夢に出る母の想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第27話 誰にも言えない恋」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第30話 女優のすすめ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第31話 プロポーズしてくれない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第32話 訪ねてきた懐かしい同級生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第33話 彼女が運が悪いと思う理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第34話 驚きの転身」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第35話 三つ目のコーヒーカップ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第36話 逆らえない上司」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第37話 息苦しくて生きづらい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第39話 漫画家になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第40話 どっちが良いの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第42話 父親からの縁談」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第43話 もしかして運命の人かも」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第44話 結婚式の前日に」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第45話 自分で自分を誉める」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第46話 信じる自由と信じない自由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第48話 母親は顧客」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第50話 丑の刻参り」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第51話 彼の告白を待つ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第52話 過去が思い出せない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第53話 別れさせるのが仕事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第54話 息子に店を継がせたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第55話 選ばれない人生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第56話 交通事故で助かった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第57話 鏡が嫌いになった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第58話 彼が死ななかった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第60話 未来を予言する」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第61話 彼女がコミュ障になった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第62話 鑑定は相談者を産みかえる作業」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第65話 人気女優と俳優の恋愛」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第66話 会社を辞めて彼がしたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第67話 遊女の哀しみ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第68話 お母さんに会いに来た」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第69話 黒いハイヒール」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第70話 気になる義母」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第71話 脳を騙す」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第72話 涙で膨らんだ水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第73話 許せない父親」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第74話 モテたいけれど」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第75話 いつも来る常連の彼女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第76話 口が悪いけど可愛い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第77話 いつ死ぬのか知りたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第79話 あの人の生まれ変わり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第80話 彼女が気になる三人の男」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第81話 彼の心を知りたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第82話 報われなくても構わない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第83話 人は誰でも何かしらの才能を持っている」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第84話 やる気にさせる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第85話 結婚か仕事か」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第86話 悩みはママ友との付き合い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第87話 きつい姑に耐えられない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第88話 夫に復讐したい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第89話 彼はまるで太陽のよう」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第90話 傷だらけの二人」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第91話 相方を亡くした漫才師の再生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第92話 ただの占い師」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第93話 火と水の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第94話 実は両想いの二人」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第95話 似ている母娘」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第96話 アイドルとの相性」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第97話 玉の輿を目指して」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第98話 全ては子どものため」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第99話 お母さんに似るのが怖い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第100話 心配性で生きづらい」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「沈黙の国ロシアに隠された最終兵器と人体冷凍保存の秘密」やりすぎ都市伝説SP 2017夏

「沈黙の国ロシアに隠された最終兵器と人体冷凍保存の秘密」やりすぎ都市伝説SP 2017夏 2017年6月30日放送、「やりすぎ都市伝説SP 2017夏」より Mr.都市伝説 関暁夫プレゼンツ 「沈黙の …

やりすぎ都市伝説2019冬 2019年12月28日「久保建英をレアルに導いた巨大な力(銀シャリ・橋本直)」

やりすぎ都市伝説2019冬 2019年12月28日「久保建英をレアルに導いた巨大な力(銀シャリ・橋本直)」 久保建英をレアルに導いた巨大な力(銀シャリ・橋本直) 今年のサッカー界を賑わせた大ニュース、 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …

「高校野球史に残るハンパねえ監督列伝」やりすぎ都市伝説SP 2017夏

「高校野球史に残るハンパねえ監督列伝」やりすぎ都市伝説SP 2017夏 2017年6月30日放送、「やりすぎ都市伝説SP 2017夏」より トータルテンボス・藤田憲右プレゼンツ 「高校野球史に残るハン …