暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 小説

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第80話 彼女が気になる三人の男」

投稿日:2020年1月1日 更新日:

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第80話 彼女が気になる三人の男」

「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。
【あらすじ】
 心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視を駆使して悩める人々の相談に乗っている。恋愛の悩み、仕事や人間関係の悩みなど、人それぞれ様々な悩みを抱えている。
 霊感の強い彼女は、死んだ人の姿を視(み)ることができ、会話もすることができるため、時には死んだ人が訪ねてくることもある。
 相談者の心に寄り添いたいと願う彼女だったが、零美自身の心も悲しみで溢れていた。果たして彼女は、相談者の心を癒し、自分自身も癒すことが出来るのだろうか。
(これは、前作「心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1」の各話を改稿したものです)

第80話 彼女が気になる三人の男

 昨晩の電話で「三人の男性を観てもらいたい」と言ってきた長谷川友美が、夕方に零美の店を訪れた。ブラウスとスカートは上下とも深緑色で合わせており、肩まで伸ばした黒髪が落ち着いた雰囲気を演出している。年齢を隠そうとして施した化粧の濃さから、三十代後半ぐらいだろうかと推測してみた。

「ご予約してくださった長谷川さんですね?」
「はい、長谷川です」
「お待ちしていました、どうぞ」

 彼女をテーブル席に案内した後、コーヒーの準備をしながらカウンター越しに、「その紙にお名前と生年月日を書いてもらえませんか」と声を掛けた。

「あのー、自分と観てもらいたい人、全員分ですよね?」
「はい、そうです。三人の男性でしたよね」
「は、はい」

 彼女は、自分と三人の男性それぞれの名前と生年月日を書いた。零美はコーヒーを作りながら、同時並行でパソコンに入力し、四人分の命式を割り出してテーブルに並べた後、コーヒーカップを二つ持って席に着いた。

「長谷川さんは、現在独身ですか?」
「独身です」

 彼女の年齢は三十五歳。五十二歳、四十三歳、二十三歳、それぞれの男性たちとの相性が気になるようだ。

Sponsered Link

「皆さんはどんな関係なんですか?」

「私の職場の部長と課長、それに新人の男の子です」
「そうしますと、長谷川さんと三人の男性の相性を観るという事ですかね?」

 この質問には違和感を感じたらしい。感情が顔に出やすい彼女は、間違いを訂正してほしいといった感じで言ってきた。

「部長と課長との相性なんて嫌ですよ。この二人は既婚者なのに、私を嫌らしい目で見るんです」
「そうですか」
「何かとちょくちょく肩や背中を触ってきますし、あれセクハラですよね?」
「私は見てないんで、何とも……」

 すいませんと言って頭を下げる。セクハラ被害は、当事者がセクハラだと感じればセクハラだと言う。彼女に限らず、脂ぎった中年男性に触られるのはセクハラであり、若いイケメンに触られるのはセクハラではないというのが本音ではないか。

「部長と課長との相性はどうでも良いんです。ただ、どうして私をそういう目で見るのか、私になにか男を惹きつけるものがあるのか、と思ってですね」

 お世辞にも美人とは言い難い彼女は、肉厚な体型が親近感を抱かせるのでは。そんな風に零美が思ったのは、中年男性はいやらしいと決めつける言い回しに苛ついたからである。しかし、そんな事は口が裂けても言えない。

「なるほど、そういう事ですね。では、もう一人の若い男性は?」
「彼はあの、今年入社したばかりの新人で、私が教育係になっているんです。でも、なんか最近、私を異性として見ている気がするんですよ」
「お二人の年齢差は十二歳で、ちょうど一回り違いですね」
「そうです。いくら私が魅力的だからと言っても、離れすぎじゃないですか?」

 そう言って彼女は、瞬きを繰り返して目をパチパチさせる。同意してという甘えの表れだろうか。

「でもまあ私も独身ですから、もし彼が付き合いたいなら付き合っても良いかなと思って」
「つまり、部長と課長は何故長谷川さんに惹きつけられるのかと、彼と長谷川さんの相性を知りたいというわけですね?」
「まあ、そう言う事になります」
「了解しました」

彼女の命式の横に、三人の命式を並べてみる。

 彼女の知りたい答えはわかっている。石橋部長と金谷課長の事などどうでも良い。ただ、年下の青野くんとの相性が知りたいのである。

 しかし、青野くんだけを観てもらうというのは恥ずかしい。そのために二人の上司を追加したのだ。何とも回りくどい話だが、三十五歳の女心をわかってあげる事も同性の占い師としての優しさではないか。少しでも喜んでもらって帰っていただこう。零美はそう思った。

「部長さんも課長さんも、どちらも大らかな性格で細かい事は気にしません。組織の人間関係が大事です。だから、長谷川さんに対していやらしい感情を持っているとは感じられません」
「じゃあ、ただの昭和世代のオヤジのノリですかね?」
「そうでしょうね。女性に気を配るタイプじゃないので、長谷川さんが嫌がっている事は気づいていないでしょう」
「でもそれは困りますよ」
「ですから、それはセクハラになりますからやめましょうって、やんわり角が立たないように言ったらどうでしょうか」
「それでもやめない時はどうしたら?」
「その時は、会社の別の上司に相談してみてはどうでしょう」
「そうですか、わかりました」

 彼女にとってこれは、別にどうでも良い話だ。本当にセクハラがあるかさえも疑わしい。問題は、年下の彼との事。それを最も知りたがっている事を必死に隠そうとする彼女が、零美には可愛く思えた。

「そして、こちらの青野さんなんですが……」
「は、はい」

 急に背筋を伸ばし、顎を引いた彼女。露骨な態度の変化に、思わず笑いだしそうになるのを堪える。同じ女性として、三十五歳独身の彼女が抱く密やかな恋心を応援したいと言う気持ちはある。しかし残念ながら、彼は彼女を恋愛対象としては見ていないと思われる。

 実際のところ、彼女の勘違いだろう。しかし、それをそのまま伝えるのはバッサリ切り捨てるようで、何とも心苦しい。何とか彼女のプライドを尊重しつつ、うまく表現しないといけない。零美は必死に頭をフル回転させていた。

Sponsered Link

「えーっと、彼はですね……」

 頷く彼女。

「とても優しい人なんですね」
「確かに優しいです」
「優しすぎると言いますか」
「優しすぎる」
「自己主張しないと言いますかね」
「しませんね」
「受け身過ぎるんですよね」
「受け身過ぎるって?」
「良い人過ぎて損をしやすいと言いますか、騙されやすいと言いますか」
「騙されやすい、ははあ―」

 大きく頷いて同調するところを見ると、思い当たる節があるようだ。

「依存しやすい人なんですよ」
「依存しやすい」
「だからまあ、長谷川さんを頼りにしていると言いますかねえ……」

 ここまで言って、彼女はもう理解したようだ。さすがに内面が男らしいと言うか、さばさばしているだけはある。もうわかったから皆まで言うなという表情をしている。

「つまりは、女性として見ているわけではない、そういう事なんですよね?」
「そうです。あくまで頼りになる先輩で、仕事が出来る長谷川さんをとても尊敬していると、そう思われますよ」

 仕事が出来るというフレーズが彼女の自尊心をくすぐる。さっきまでの真剣な表情から、少し柔らかい顔になって力が抜けている。

「そう、先輩として頼りにしてるってわけね。なるほどなるほど……」
「長谷川さんのような方は、もっと男らしい方が似合うと思うんですよ」
「そうよね。私、リーダーシップのある人が好きだから」
「ですから、青野さんは長谷川さんの恋愛対象じゃないなあと……」

 上目遣いで彼女の反応を見る。そんなに気分を害しているようにも見えない。「わかりました」と言って帰ったので、満足してくれたのだろう。

 過度な期待を持たせてもいけないが、少しは未来に希望を持たせてあげたいと思う。占い師という仕事の難しさを改めて痛感する零美だった。

【出典:https://ncode.syosetu.com/n0235fd/80/】

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第1話 別れたくても別れられない女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第2話 胸に秘めた水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第3話 登校拒否の娘を何とかしたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第4話 懐かしい母の温もり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第5話 不倫女の心の痛み」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第6話 彼女が別れを切り出した理由とは」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第7話 相性の悪い相談者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第8話 血だらけの訪問者」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第9話 水は何色にも染まる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第10話 次期院長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第11話 憑りつく霊たちの事情」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第12話 志保と零美の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第13話 老後のための熟年婚活」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第14話 次期社長の嫁取り問題」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第15話 父母代わりの人に愛されるということ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第16話 息子に降りかかった災難」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第17話 真面目な彼が好き」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第18話 母になるために」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第19話 告白されてわかったこと」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第20話 不倫で授かった命」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第21話 占いは自分を好きになるためのもの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第22話 人はイメージで変わる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第24話 子どもを連れた再婚」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第25話 課長への片想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第26話 夢に出る母の想い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第27話 誰にも言えない恋」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第28話 彼女が本当にやりたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第29話 帰ってきてくれるだけで良い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第30話 女優のすすめ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第31話 プロポーズしてくれない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第32話 訪ねてきた懐かしい同級生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第33話 彼女が運が悪いと思う理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第34話 驚きの転身」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第35話 三つ目のコーヒーカップ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第36話 逆らえない上司」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第37話 息苦しくて生きづらい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第39話 漫画家になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第40話 どっちが良いの」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第42話 父親からの縁談」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第43話 もしかして運命の人かも」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第44話 結婚式の前日に」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第45話 自分で自分を誉める」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第46話 信じる自由と信じない自由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第47話 結婚詐欺はビジネス」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第48話 母親は顧客」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第50話 丑の刻参り」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第51話 彼の告白を待つ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第52話 過去が思い出せない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第53話 別れさせるのが仕事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第54話 息子に店を継がせたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第55話 選ばれない人生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第56話 交通事故で助かった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第57話 鏡が嫌いになった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第58話 彼が死ななかった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第60話 未来を予言する」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第61話 彼女がコミュ障になった理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第62話 鑑定は相談者を産みかえる作業」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第63話 亡き夫の願い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第64話 夢で殺される理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第65話 人気女優と俳優の恋愛」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第66話 会社を辞めて彼がしたい事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第67話 遊女の哀しみ」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第68話 お母さんに会いに来た」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第69話 黒いハイヒール」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第70話 気になる義母」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第71話 脳を騙す」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第72話 涙で膨らんだ水風船」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第73話 許せない父親」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第74話 モテたいけれど」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第75話 いつも来る常連の彼女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第76話 口が悪いけど可愛い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第77話 いつ死ぬのか知りたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第78話 彼女を覚えていない理由」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第79話 あの人の生まれ変わり」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第81話 彼の心を知りたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第82話 報われなくても構わない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第83話 人は誰でも何かしらの才能を持っている」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第84話 やる気にさせる」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第85話 結婚か仕事か」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第86話 悩みはママ友との付き合い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第87話 きつい姑に耐えられない」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第88話 夫に復讐したい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第89話 彼はまるで太陽のよう」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第90話 傷だらけの二人」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第91話 相方を亡くした漫才師の再生」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第92話 ただの占い師」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第93話 火と水の関係」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第94話 実は両想いの二人」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第95話 似ている母娘」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第96話 アイドルとの相性」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第97話 玉の輿を目指して」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第98話 全ては子どものため」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第99話 お母さんに似るのが怖い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第100話 心配性で生きづらい」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!


https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 小説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第68話 お母さんに会いに来た」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第68話 お母さんに会いに来た」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第99話 お母さんに似るのが怖い」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第99話 お母さんに似るのが怖い」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …

世界に衝撃を与えた日本人 天才!葛飾北斎の魅力 2017年11月11日 世界一受けたい授業まとめ

世界に衝撃を与えた日本人 天才!葛飾北斎の魅力 2017年11月11日 世界一受けたい授業まとめ 2017年11月11日放送の「世界一受けたい授業」より 世界に衝撃を与えた日本人 天才!葛飾北斎の魅力 …

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】

眠れない人に【改作・昔話「一寸法師」】 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 昔話や童話を独自の解釈でアレンジしてみました。 改作・昔話「一寸法師」   ねえ、眠 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第38話 夫に帰ってきてほしい」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推 …