暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 雑学

世界一当たる予言者が語る2018年 やりすぎ都市伝説スペシャル 2017冬 4時間SP

投稿日:2017年12月23日 更新日:

世界一当たる予言者が語る2018年 やりすぎ都市伝説スペシャル 2017冬 4時間SP

2017年12月22日放送、「やりすぎ都市伝説スペシャル 2017冬 4時間SP」より
島田秀平プレゼンツ

ノストラダムスを越えるかも知れない予言者

予言すると言いますと、今までたくさんの予言者が出てきました。
中でも一番有名なのが、皆さんご存知のノストラダムスの大予言です。

 

 

 

 

大変なベストセラーになりました。

Sponsered Link

有名なのが「1999年7の月、空から恐怖の大王が降りてくる」で、みんな怖がったものです。
実際、外れたとかまだ終わってないとか、いろんな話がありますが、今、このノストラダムスを越えるかも知れないという、世界で最も当たる予言者というのがイギリスにいることを皆さんご存知でしょうか?
それはクレイグ・ハミルトン・パーカーです。

 

 

 

 

 

霊媒師ということになっていますが、実は広告会社の社長を務めていました。
その社長を辞めたあとで、インターネットやテレビ等で予言を発表しています。

今から2年前の2015年に発表した予言が話題になりました。

【パーカーが2015年に発表した予言】

 

 

 

 

Donald Trump will the US Election.

(アメリカでトランプ大統領が誕生)

Britain leaves the EU and David Cameron is force resign giving way to Boris Johnson.
(イギリスがEUから離脱)

パーカーは、毎年9月に翌年のことを予言します。
2015年当時、トランプ氏は大統領候補に挙がっていましたが、大統領にはならないだろうと、イギリスはEU離脱しないだろうと言われていました。
それが予言が当たったものですから「この人すごい!」となったのです。

この人の面白いのは、自分の予言をユーチューブで検証するのです。
当たったら「これ当たりましたね」、外れたら「これ外れました、すみません」というふうに。

これだけ細かく予言しているのにもかかわらず、的中率がなんと7割を超えるといいます。
そんななか、来年2018年の予言も今年の9月にしています。

11の予言をしているのですが、「これ大丈夫!?」というものがあるのです。

【2018年の予言 その1】

 

 

 

 

 

Kim Jong-un will be fall from power later in the year-maybe December 2017 or January 2018.

His own people will depose Kim Jong-un.

His body is not found and some claim that he survives and flees to hide in China.

2017年末か2018年1月

北朝鮮の金正恩体制は国内のクーデターで崩壊する。

金正恩の中国亡命説がささやかれている。

Sponsered Link

【2018年の予言 その2】

 

 

 

 

 

I also spoke of an armes race happening in the Far East and provocation from China forcing Japan to initiate an arms race.

We saw provocations from China so this prediction is still on the cards America make a big military commitment to Japan as the country’s pacifist mandate is withdrawn.

Japan pays to hire American missile defense services.

中国からの挑発により日本が軍備を拡大する。

そして、アメリカは軍事的に日本に大きく関与し、日本はミサイルから守られるでしょう。

注目は「中国からの挑発」「日本にミサイルが飛んでくるのか」です。

【2018年の予言 その3】

 

 

 

 

 

Last year I predicted a ‘world flu epidemic’ toward the end of 2017 or start of 2018.

I feel this could still happen and there may be a kink to biological warfare seeded in multiple countries by North Korea working with a terrorist group.

悪性のインフルエンザが全世界で流行する。

このインフルエンザは、北朝鮮とテロ集団による生物兵器である可能性もある。

怖い予言ばかりですが、当たらないことを願うばかりです。
信じるか信じないかは、あなた次第です!

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 雑学
-

執筆者:

関連記事

2017年1月25日ホンマでっか!?TV 腹黒い人 人間性診断

2017年1月25日ホンマでっか!?TV 腹黒い人 人間性診断 Sponsered Link 2017年1月25日(水)「ホンマでっか!?TV 」より 「腹黒い人 人間性診断」 今回は、V6の20th …

ある日突然大金持ちになった人たち!「雇われシェフの大逆転人生」 2017年11月6日世界まる見え

ある日突然大金持ちになった人たち!「雇われシェフの大逆転人生」 2017年11月6日世界まる見え!テレビ特捜部「世界のお金持ちさん貧乏さん大集合SP」より ある日突然、思いがけないことで大金が手に入り …

NHK教育「ねほりんぱほりん」《養子》2016年12月28日

NHK教育「ねほりんぱほりん」《養子》2016年12月28日 Sponsered Link 2016年12月28日放送「ねほりんぱほりん」より 養子 子どもが欲しくても様々な理由で授かれない夫婦は、養 …

林修 初耳「スキャンダル日本史 文春の創設者”ゲス恋愛”と”禁断の友情”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 文春の創設者”ゲス恋愛”と”禁断の友情”」 2018年9月16日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 週刊文春の出版社「文藝春秋」創設者・菊池寛 スキャンダル日本史 …

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”桂小五郎は13歳の少女と結婚”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”桂小五郎は13歳の少女と結婚”」 2017年9月24日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 幕末の志士・桂小五郎のスキャンダル スキャンダル日本史 第13弾。 歴史 …