Another News Station

Just another WordPress site

バラエティ 歴史

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”文豪 島崎藤村のゲス不倫 まさかの相手は…”」

投稿日:

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”ゲス不倫 まさかの相手 文豪 島崎藤村”」

2017年12月17日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より

教科書にも載る超有名作家の禁断の愛

スキャンダル日本史 第16弾。
今回のテーマは「教科書にも載る超有名作家の禁断の愛」

現代も、文春砲が毎週のように報じる「禁断の愛」。
「禁断」と言われれば言われるほど、二人の愛は燃えていく…

Sponsered Link

教科書にも載るほどの超有名作家なのに、明治時代「禁断の愛」で世間を騒がせた男、それが文豪 島崎藤村。

 

 

 

 

 

多くの名作を残す天才小説家が溺れた「禁断の愛」とはいったい!?

スキャンダルの中心人物は色白美女。
のちに、つらく悲しい不幸な人生を歩むことになるのです。

 

時は明治後期の1910年

文豪 島崎藤村(当時38歳)は、妻・冬子と子どもたちと一緒に、仲睦まじく暮らしていました。
藤村は、いよいよ小説家として軌道に乗り始め、このまま人気作家の地位が約束される目前でした。

しかし、悲劇が…
四女の出産で母胎の損傷が大きく、妻・冬子は夫の成功を喜ぶことも出来ぬまま、帰らぬ人となってしまいました。
この出来事が、のちに大正の世を騒がせる大スキャンダルへと発展するのです。

運命の出会い

妻が亡くなってからというもの、藤村は家事や育児に追われる日々…
小説の執筆作業も滞り、収入も激減。

ほとほと困り果てた藤村は、実の兄・広助に助けを求めました。

広助「わかった。そういうことなら、うちの娘に手伝わせよう」

Sponsered Link

兄・広助の計らいで紹介されたのは、藤村の姪にあたる「こま子」(当時19歳)。

 

 

 

 

 

今回のスキャンダルの二人は、こうして出会ったのです。

こま子はしばらくの間、島崎家に同居し、家事を手伝うことになりました。
しかし、ここからがスキャンダル!
なんとこれが、更なる悲劇の始まりだったのです。

ある夜…

あろうことか藤村は、実の兄の娘であるこま子と「一線」を越えてしまいました。
愛人関係が認められていた時代においても、さすがに親族に手を出すのはタブー。

しかも、こま子は、叔父である藤村の子どもを身ごもってしまいました。
どうけじめをつけるべきか、文豪 島崎藤村がとった行動は、フランス留学と称して単身渡仏し逃亡。

しかも、身重のこま子と、子ども全員を置いて一人で逃亡するという身勝手な行動に。
残されたこま子は、生んだ子供をすぐに養子に出し、親子離れ離れに…

3年の時が経った1916年

かつての過ちも忘れ去られたかと思っていましたが、再びスキャンダルに!
密かに帰国した藤村が会いに行ったのはなんと、こま子でした。

あろうことか、フランスで3年暮らしても、禁断の愛の火はメラメラと燃え続けていたのです。
そして二度目の過ち、まさかの元サヤに…
この二度目の過ちが、彼をさらなるとんでもない行動へと突き動かすのです。

島崎藤村がとったとんでもな行動とは!?

藤村は、自分のこの話を「新生」という作品に書いて世に発表したのです。
このことによって、こま子は日本にいられなくなり、台湾の知り合いのところに行かないといけない状況になりました。

藤村が小説にしなければ良かったのですが…
これを大いに避難したのが芥川龍之介でした。

 

 

 

 

 

藤村は作中で、愛するこま子のことを「愛したこともなく 愛されたこともないような娘」「心を誘惑すべき何物をも彼女はもたなかった」と表現し、”魅力ながない、まして禁断の関係に落ちるはずもない女性だった”と綴っています。
林修 初耳「スキャンダル日本史 歌舞伎になったドロドロ愛憎劇」

林修 初耳「スキャンダル日本史 将軍ゲス不倫!ストーカー!」

林修 初耳「スキャンダル日本史 大奥が”ホスト僧侶”と禁断愛」

林修 初耳「新撰組スキャンダル 土方歳三のプレイボーイ伝説」

林修 初耳「スキャンダル日本史 あの名将が『ボーイズラブ』『浮気騒動』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 怪談の幽霊は『庶民が作ったヒーロー』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”龍馬の妻の悲劇”【不倫】【駆け落ち】」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”大金を搾り取る愛人集団”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”明治の文春砲”が激写!総理の愛人」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”桂小五郎は13歳の少女と結婚”

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”ゲス不倫女を伝える『江戸の文春砲』”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”有名画家・竹久夢二のゲス浮気…妻の神対応とは?”」

Sponsered Link

-バラエティ, 歴史
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”大金を搾り取る愛人集団”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”大金を搾り取る愛人集団”」 2017年8月27日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 男たちがひれ伏す怖い美女軍団 スキャンダル日本史 第11弾。 歴史を動かしたに …

2018年1月10日ホンマでっか!?TV どっち派討論会「一人焼肉は楽しめる派!?」

2018年1月10日ホンマでっか!?TV どっち派討論会「一人焼肉は楽しめる派!?」 2018年1月10日(水)「ホンマでっか!?TV」より 「ホンマでっか!?TV どっち派討論会!」 Sponser …

2017年5月10日ホンマでっか!?TV 物忘れを治す方法

2017年5月10日ホンマでっか!?TV 物忘れを治す方法 2017年5月10日(水)「ホンマでっか!?TV」より 今年70歳になる泉ピン子さんの切実な悩みは、7年前に「物忘れを治す方法」を教えてもら …

2017年1月25日ホンマでっか!?TV 腹黒い人 人間性診断

2017年1月25日ホンマでっか!?TV 腹黒い人 人間性診断 Sponsered Link 2017年1月25日(水)「ホンマでっか!?TV 」より 「腹黒い人 人間性診断」 今回は、V6の20th …

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”龍馬の妻の悲劇”【不倫】【駆け落ち】」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”龍馬の妻の悲劇”【不倫】【駆け落ち】」 2017年6月25日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 幕末偉人の妻 最悪の転落人生 スキャンダル日本史 第7弾。 歴史を …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

電撃婚の玉木宏さんと木南晴夏さんの四柱推命は!?

俳優の玉木宏さんと木南晴夏さんが結婚するそうです。 玉木宏が女優・木南晴夏と電撃婚…交際2年、妊娠はまだ 6/21(木) 2:50配信 Sp…

未成年女性との飲酒が発覚したNEWS・小山慶一郎さんの四柱推命は!?

未成年女性との飲酒が発覚し、一定期間の活動自粛となったNEWSの小山慶一郎さん。 NEWS・小山慶一郎、19歳未成年女性と飲酒… 処分格差の…

プロアマで接待しなかったと批判の片山晋呉プロの四柱推命は!?

プロアマで接待しなかったとして批判されている片山晋呉プロ。 片山晋呉の騒動でゴルフ界に動揺 プロアマ中に練習はNGなのか 6/9(土) 16…

朝ドラ「半分、青い。」で注目の古畑星夏さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」で古畑星夏さんは、ヒロインの鈴愛とは対照的な美少女・清という女性を演じています。 どちらかと言うと「悪役(ヒール)」の…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する桜井ユキさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での桜井ユキさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚醒…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する山口紗弥加さんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での山口紗弥加さんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する稲森いずみさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での稲森いずみさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんの四柱推命は!?

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんのインタビューです。 「パスポートなくして、賞取った!」鈴木紗理奈、初主演映画「キセキの葉書」…

バラエティーで人気のコロチキ・ナダルさんの四柱推命は!?

コロコロチキチキペッパーズのナダルさんと言えば、いろんなバラエティー番組で見せる言動が変わっていますね。 コロチキ・ナダル、アンチ激増に悲鳴…

「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」広瀬香美さんの四柱推命は!?

シンガー・ソングライターの広瀬香美さんは「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」と、所属事務所「オフィスサーティー」の社長が語っていま…

  • 14現在の記事:
  • 528総閲覧数:
  • 407今日の閲覧数:
  • 121昨日の閲覧数:
  • 528先週の閲覧数:
  • 528月別閲覧数:
  • 413総訪問者数:
  • 314今日の訪問者数:
  • 99昨日の訪問者数:
  • 413先週の訪問者数:
  • 413月別訪問者数:
  • 14一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: