暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 歴史

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”エリート文豪・永井荷風がハマった「禁断の趣味」”」

投稿日:2018年1月14日 更新日:

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”エリート文豪・永井荷風がハマった「禁断の趣味」”」

2018年1月14日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より

エリート文豪・永井荷風

スキャンダル日本史 第18弾。
今回は、スキャンダル日本史過去最悪、ゲスな裏の顔を持つエリート作家「永井荷風」

 

 

 

 

 

Sponsered Link

父は内務省の官僚と、エリートの家庭で育った荷風は、19歳の時に作家デビュー。
出版した小説は10本以上が映画化され、晩年1952年(昭和27年)72歳の時には、その功績が認められ文化勲章を受章しました。

永井荷風は、激動期の世相とそれらに対する批判を綴った日記「断腸亭日乗」を毎日書いていました。
最後の方には、とにかく大黒屋(千葉県市川市の小料理店)に行ったことしか書いておらず、そこで食べていたのがかつ丼でした。

「学問よりも女性が好きなゲス作家」

そんな永井荷風は、多くの名言を残したことでも有名です。

”世間のつまらぬ不平や不愉快を忘れるには 学問に遊ぶのが第一の方法である”

勉強することが一番嫌なことを忘れられると名言を残したエリート作家・永井荷風。
しかし、裏の顔は「学問よりも女性が好きなゲス作家」だったのです!

私生活では、1912年(大正元年)父の勧めで、材木商を営む大会社の令嬢と見合い結婚をしました。
しかし、新婚にもかかわらず、遊女と浮気三昧!

そして翌年1913年(大正2年)父が亡くなると、父親が決めた結婚相手と別れ、ひいきにしていた新橋の芸妓・八重次(やえ)と再婚。

 

 

 

 

 

しかし、永井の女遊びはとどまることを知らず、再婚した妻・八重次(やえ)とも、わずか半年で離婚したばかりか…

”僕は自分のやりたいことはドンドンやって楽しむ 楽しんだことは後で後悔しない”

なんと、自らの浮気を肯定。
それを裏付ける写真がこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには、芸者に囲まれ満面の笑みを浮かべるゲス作家の姿が…
では、ここからがスキャンダル。
ゲス作家・永井は女遊びのために「とんでもないもの」を造ってしまうのです。

Sponsered Link

それは、熱をあげていた麹町の芸者・歌(うた)へのプレゼント

永井荷風「今日からこれが、私と君の店だ」

なんと、荷風自ら、遊郭のオーナーになったのです。
そして残した名言が…

”どんな女でもいいのだ 私を有頂天にさせてくれるなら どんな女でもいいのだ”

さらに、荷風はもう一つの恐ろしい裏の顔をあらわにする

永井荷風「歌…」

芸者・歌が見たものは…鋭利に研ぎ澄まされたノコギリ。

永井荷風「歌…いいことを思いついたんだ…」
歌「まさか、永井さん…」

永井荷風「いいだろ?」
歌「やめて!」

永井荷風「歌!」
歌「キャー!」

永井荷風は、自分の小説のために、この店で禁断の趣味に興じていくわけですが、その禁断の趣味とは!?

永井荷風の「禁断の趣味」

自ら遊郭のオーナーとなった永井荷風。
彼が行き着いた禁断の趣味、それは…

永井荷風「どこに穴を開ければいいかな?」
歌「私は嫌、私は嫌!」

永井荷風「違うよ、壁に穴を開けるんだ。ノ・ゾ・キ・ア・ナ

永井荷風の禁断の趣味とは「覗き」
店の押し入れの中の壁に小さな穴を開け、連日、やってくる客の行為を覗き見していたのです。

しかも、覗いて特に満足した客には…

永井荷風「あの方の席料をまけてあげなさい。良いものを見せてもらった」

自分が満足したか否かで料金を変えていたのです。

実は永井は、作品のために自分の目で確認しないと、一行も文章を書かなかったそうです。
永井の耽美(たんび)な小説の数々は、奇癖の産物と言われています。
林修 初耳「スキャンダル日本史 歌舞伎になったドロドロ愛憎劇」

林修 初耳「スキャンダル日本史 将軍ゲス不倫!ストーカー!」

林修 初耳「スキャンダル日本史 大奥が”ホスト僧侶”と禁断愛」

林修 初耳「新撰組スキャンダル 土方歳三のプレイボーイ伝説」

林修 初耳「スキャンダル日本史 あの名将が『ボーイズラブ』『浮気騒動』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 怪談の幽霊は『庶民が作ったヒーロー』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”龍馬の妻の悲劇”【不倫】【駆け落ち】」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”大金を搾り取る愛人集団”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”明治の文春砲”が激写!総理の愛人」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”桂小五郎は13歳の少女と結婚”

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”ゲス不倫女を伝える『江戸の文春砲』”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”有名画家・竹久夢二のゲス浮気…妻の神対応とは?”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”文豪 島崎藤村のゲス不倫 まさかの相手は…”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”総理大臣のゲス不倫史”」

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 歴史
-

執筆者:

関連記事

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第49話 産みの親に会うという事」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第75話 いつも来る常連の彼女」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第75話 いつも来る常連の彼女」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推 …

得するホンマでっか!? 2017年1月25日ホンマでっか!?TV

2017年1月25日ホンマでっか!?TV あなたはどっち派?得するホンマでっか!? Sponsered Link 2017年1月25日(水)「ホンマでっか!?TV 」より 「あなたはどっち派?得するホ …

林修 初耳「スキャンダル日本史「千円札の顔」野口英世のウラ 豪遊&金目当ての婚約」

林修 初耳「スキャンダル日本史「千円札の顔」野口英世のウラ 豪遊&金目当ての婚約」 2019年2月10日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 野口英世 お金と女性のスキャンダル スキャンダル日本史 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第23話 孤独になりたい」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊 …