暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 名画

絵画に描かれた美女の人生 2018年9月22日 世界一受けたい授業(中野京子)

投稿日:

絵画に描かれた美女の人生 2018年9月22日 世界一受けたい授業

2018年9月22日放送の「世界一受けたい授業」より

Sponsered Link

19世紀「プロセルピナ」

絵に込められた意味を知ると、絵を見るのが何倍も楽しくなります。

 

 

 

 

 

19世紀に描かれた美女の絵。

モデルはイギリス人のジェイン。
彼女は美しいだけでなく、とても頭が良い女性でした。
この絵を描いたのは、ジェインに一目ぼれをした画家ロセッティ。
しかしジェインは、資産家のウィリアム・モリスと結婚。
ロセッティは、フラれてもなおジェインに思いを寄せてこの絵を描き上げます。
この絵のテーマは「死の世界へ誘拐された女神」
気品あふれる美しさと、強い目力が印象的です。

今回は、絵に描かれた美女の波乱万丈な人生を紹介。
教えてくれるのは、「怖い絵」シリーズや「美貌のひと」の著者、美術評論家の中野京子先生。
”絵画に描かれた美女の人生”

デボンシャー公爵夫人ジョージアナ

 

 

 

 

 

18世紀イギリス貴族を描いた作品。
一度盗難に遭いましたが、犯人がこの美貌に惹かれ、どこに行くにも肌身離さず持っていました。

この女性は、ある有名な女性の祖先です。
それは故ダイアナ妃。

 

 

 

 

 

彼女の名前は、デボンシャー公爵夫人ジョージアナです。
彼女の弟の直系の子孫がダイアナ妃になります。

彼女の人生はダイアナ妃と似ていました。
美しい人ですから社交界の華として愛されましたが、唯一人愛してくれないのが彼女の夫で、夫だけが無関心でした。

フランス王アンリ2世の愛人ディアーヌ

 

 

 

 

 

この絵のモデルは、元祖美魔女とも言える女性。
描かれた当時は既に50代後半でした。

モデルになったと言われているのは、16世紀フランスの王様、アンリ2世の愛人ディアーヌ。

 

 

 

 

 

アンリが王になった当時は28歳で、ディアーヌは20歳も年上の48歳でした。

20歳年上の愛人にアンリはメロメロ。
美の秘訣は、毎朝の冷水浴とプロポーション維持のための乗馬でした。

正妻の王妃カトリーヌは、アンリと同い年で、お世辞にも美人とは言えませんでした。
目の前で愛人といちゃいちゃする夫を許せないカトリーヌは、占い師に夫の不幸を尋ねました。

「ご安心ください。目を槍で突かれるという悲劇が、王アンリ2世様を襲うでしょう」
この占い師こそ、あの有名なノストラダムスでした。

ある日アンリは、宴の余興で馬に乗って槍で戦う試合に出場しました。
その際、相手の槍が兜を突き抜け目を直撃。
アンリは、数日間地獄の苦しみが続いた後、息絶えたのです。

その後、ディアーヌは城から追放され、66歳で亡くなりました。
その後の研究で、中毒死だったことが判明します。
永遠の美を求めて飲んでいた薬に含まれていた水銀が原因でした。

 

 

 

 

 

この絵のテーマは、「月と狩りの女神ディアナ」。
ディアナはフランス語でディアーヌ。
月は自ら発光する事が出来ず、太陽の光を浴びて反射します。
王アンリが亡くなると、ディアーヌの輝きもなくなってしまいました。

「忘れえぬ女(ひと)」

 

 

 

 

 

この絵は、19世紀ロシアで描かれた馬車に乗った美女の絵「忘れえぬ女(ひと)」
その神秘的な表情から「北方のモナリザ」と呼ばれています。

この絵のモデルは実在の人物ではなく、ロシアの文豪トルストイが書いた小説「アンナ・カレーニナ」の主人公アンナ。
アンナは、夫と子どもがいながら、青年と情熱的な恋に落ちて駆け落ち。
しかし、その関係は次第にすれ違い、アンナは汽車に飛び込みました。

この絵は、絵の裏にどんな物語があるのだろうと、見た人の想像をかきたてる絵です。

Sponsered Link

16世紀ローマの貴族の娘・ベアトリーチェ

 

 

 

 

 

その美しさと人生がイタリアで伝説となった少女の絵。
モデルは、16世紀ローマの貴族の娘・ベアトリーチェと言われています。

これは、処刑場に行く前日に描かれたものです。
彼女の罪状は殺人、しかも殺したのは、実の父親でした。

ベアトリーチェの父はお金持ちでしたが、ローマでは有名な極悪人。
貴族なのに盗みを働き、不倫の罪で3度も監獄へ。

家族への暴力は日常茶飯事。
さらに、娘・ベアトリーチェの美しさを独り占めして、結婚させないよう部屋に閉じ込めて虐待していたのです。

ある日、父が階段から転落して死亡。
不審に思った役人が召使を拷問すると「ご家族に殺せと頼まれたんです」。

家族は全員逮捕され、死刑が確定。
ローマ中が家族に同情して許しを求めましたが、幼い弟を除く全員が処刑されました。

 

 

 

 

 

フェルメールの有名な「真珠の耳飾りの少女」は、この一連のストーリーに感化されたと言われています。

死に装束にターバン。
このターバンは、当時斬首の際に斧が髪で滑らないようにするためです。
前日に画家が描き、すべての人にさよさらと言うかのように振り返っています。

フアッションデザイナーのココ・シャネル

20世紀に活躍したフアッションデザイナーのココ・シャネル。
有名なファッションブランド・シャネルの創業者です。
この絵を描いたのは、シャネルと同じく20世紀初頭のフランスで活躍した画家のマリー・ローランサン。
日本を代表する女性画家・いわさきちひろさんは、ローランサンの絵に強く影響を受けたと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20世紀初頭のフランスでは、ローランサンに肖像画を描いてもらえることが名誉でした。

シャネルは、ローランサンから送られてきた絵を見て一言「似てない」と言い放ち、絵を送り返しました。
ローランサンは大激怒し、「シャネルはしょせん田舎の貧乏娘だから!」と。

フランスの田舎町、貧しい家で生まれたシャネル。
11歳の時に母親が亡くなると、父はシャネルを施設に預けました。

18歳になったシャネルは昼は洋裁店、夜はバーで働きました。
「田舎で貧しさに耐える人生は嫌! 独立して自由に生きたい!」
シャネルは貴族の愛人になり、パリ郊外の豪邸で上流階級の生活を始めました。

そこで見たのは、きつそうで重そうなドレスに派手な帽子を被った女性たち。
「あんな女たちと一緒にされたくない!」

シャネルが選んだ格好は、男性のようなズボンとシャツ、そしてシンプルな帽子でした。
かなり目立ちましたがとても似合っていました。

特に人気だったのが帽子。
自信を持ったシャネルは、26歳の時にパリで帽子作りを始めました。
これが世界のシャネルの原点になったのです。

お店はたちまち大繁盛、服のデザインも開始しました。
雑誌では「シャネルを一着も持っていない女性は、取り返しがつかないほど流行遅れ!」と絶賛。

シャネルは、他のデザイナーにコピーされることを誇りに思い、特にブラックドレスは世界中で話題になり、次々とシャネル風のブラックドレスが登場。
他にも、チェーンをつけて持ちやすくしたシャネルバッグや、動きやすいシャネルスーツは、女性の社会進出を後押ししました。

女性の自立、その考えが実は、絵を送り返した理由なのです。
シャネルの戦略として、洗練・強い・自立というイメージがありました。
そのイメージを大切にするために、ローランサンが描いた、か弱く虚ろな目は「これがシャネルなんて冗談じゃない!」と思ったのでしょう。

 

 

 

 

 

1971年、ココ・シャネルは87歳で亡くなりました。

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 名画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「SNSに載せてはいけないヤバい写真」やりすぎ都市伝説SP 2017秋

「SNSに載せてはいけないヤバい写真」やりすぎ都市伝説SP 2017秋 2017年9月29日放送、「やりすぎ都市伝説SP 2017秋」より かじがや卓哉プレゼンツ 「SNSに載せてはいけないヤバい写真 …

ある日突然大金持ちになった人たち!「おばの遺言でとんでもないお宝が!」 2017年11月6日世界まる見え

ある日突然大金持ちになった人たち!「おばの遺言でとんでもないお宝が!」 2017年11月6日世界まる見え!テレビ特捜部「世界のお金持ちさん貧乏さん大集合SP」より ある日突然、思いがけないことで大金が …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第41話 離れていても親子」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と …

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”あの桜の名所のドロドロ愛…歌舞伎になった大量殺人事件」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”あの桜の名所のドロドロ愛…歌舞伎になった大量殺人事件」 2018年5月13日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 江戸中を騒がせた大事件 スキャンダル日本史 第23 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第95話 似ている母娘」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第95話 似ている母娘」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱推命と霊視 …