Another News Station

Just another WordPress site

ドラマ

TBS日曜劇場「ブラックペアン」主演:二宮和也

投稿日:

TBS 日曜劇場「ブラックペアン」主演:二宮和也 あらすじ&キャスト

TBS系列
2018年4月22日(日)スタート(初回25分拡大スペシャル)
毎週日曜 21:00~

原作

海堂 尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)

脚本

丑尾健太郎

主題歌

小田和正「この道を」(アリオラジャパン)

《コメント》
小田和正
依頼を受けた段階で音楽的にはこういう風にしようと決めていましたが、制作されているみなさんの番組に対する強い想いを伝えられていたので、曲が出来た時点でこれにどんな言葉を載せるべきかと随分迷いました。
でも、いただいた資料を何度も読み返すうちに、番組に携わる人たちが主題曲に求めているものと自分が歌いたいことはきっと同じ線上にあると確信して「この道を」が出来ました。
ドラマが書かせてくれた曲です。
皆さんはどんな風に聴いてくれるのでしょう。

[出典:お知らせ(TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』 > http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/news/ ]

4/22スタート!! 日曜劇場『ブラックペアン』ロングバージョン予告〈初回25分拡大〉【TBS】


Sponsered Link

みどころ

シリーズ累計115万部突破の海堂尊先生の原作をドラマ化。
海堂尊先生が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点となるのが「ブラックペアン1988」です。

主演は、TBSの連続ドラマに10年ぶりに出演する二宮和也さんで、日曜劇場で主演を務めるのは初めてになります。
主人公の渡海征司郎が、医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていき、大きな権力や医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描いた人間ドラマ。

《コメント》
二宮和也
久々に連続ドラマに出演させていただきます。毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!
初めての外科医役のため、指導の先生に付きっきりで「今、目の前で起こっている事」の説明を伺いながら、先日、心臓の手術を見学させて頂きました。初めて見る世界だったので、緊張しました。渡海征司郎というキャラクターについて、僕自身はあまりダークヒーローという認識をしていませんでしたが(笑)、長期間渡海を預からせていただくので、役とじっくりと向き合いたいと思います。 日曜劇場に出演するのは初めてですが、日曜日は家族揃って過ごすイメージなので、そういう日の最後の締めになれるように頑張りたいです。

プロデューサー・伊與田英徳
原作を手に取ったとき、あっという間にラストまで読み進んだことを、昨日のことのように覚えております。あのハラハラドキドキした感動をドラマ化できるかと思うと大変光栄に思います。
主演の二宮さんは、以前、スペシャルドラマ『赤めだか』でご一緒させていただきました。その演じている姿を目の当たりにして、素晴らしいお芝居をされる方だと改めて痛感した次第です。さまざまな役を演じられてきた二宮さんに、ぜひとも、この渡海征司郎という天才外科医役を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います。
医療の分野ならではのエピソードはもちろん、そこにまつわる人間の思いをしっかり描き、さらには、今回のドラマのキーアイテムとなる“ブラックペアン”の謎を最終回に至るまでしっかりと描いていきますので、是非楽しみにしていていただければと思います。

[出典:はじめに(TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』 > http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/intro/ ]

《コメント》
竹内涼真
実は、医療ドラマに出演したい!と心の中で密かに思っていたのでその願いが叶いとてもうれしく思います。
撮影に向けた準備で、実際に心臓外科医として活躍されている先生の指導やお話に触れたり、手術映像を拝見したのですが、これまで自分が見たことのない新しい世界がそこにはあり、その中にこれから飛び込むんだと思うと気持ちが高まりました。それとともに、命を扱うという重みや責任感が自分の中でも少しずつ大きくなっている気がしています。
僕が演じる世良雅志は研修医です。そのため右も左もわからないところから始まります。まだ青いけど一所懸命で真っ直ぐな世良と同様に僕も精一杯頑張りたいと思います。世良の成長も楽しみにしていてください。

葵わかな
お話を読んだ時に、命を扱うお医者さんにも色々な種類があるんだ、と思ったのを覚えています。命や医療を思う人々の、理想や思想がぶつかり合うすごく熱のあるお話だと感じました。こういった独自の世界がある職業の役をやらせて頂くのが初めてなので、とてもワクワクしています。今の自分からは分からないことも多いですが、オペナースを志した花房美和というキャラクターと一緒に、知識も心も成長しながら、彼女にしかない熱を乗せて行けるよう頑張りたいです。
主演の二宮さんをはじめとする皆さんとご一緒させて頂くのもすごく楽しみです。この作品を通して、医療界の模様をドラマチックに感じていただけるよう努めたいです。

小泉孝太郎
このチームとご一緒するのは『下町ロケット』以来なのですが、このチームが持つ熱量あふれる現場にまた戻ってこられてうれしいです。
原作を読んでみて、例えば病院に通院するだけでは見られない、医者の深い部分まで描かれている作品だと感じました。そのような世界を演じられるのは役者としてうれしい限りですし、おそらく医者の人間臭いところなども多々出てくると思うので、そのような人間模様が見どころなのではないでしょうか。
自分も高階という人間の悩みや葛藤を精一杯表現していきますので、是非ご覧いただければと思います。

内野聖陽
台本を読んで、“先進医療技術”VS“外科医の手技”の戦いの話だなと思いました。
人工知能に始まって、自動制御の車やらあらゆるものが人間の力に取って代わろうとするかのような時代に、この作品が投げかけるものは大きいのかなと思います。
もちろん、外科医ものに大事なスリリングさや、天才外科医の過激な物言いが痛快に思えるエンターテインメントとしての楽しさもふんだんにある本だなとも思いました。
佐伯清剛教授は、世界最高の外科医だそうで、神の手をもつ外科医です。
このあり得ないようなスーパーキャラクターをいかに成立させ、観ている方々に納得して楽しんで頂けるか、私自身の挑戦です。主人公の二宮君演ずる天才外科医と緊迫感のある距離感を保って約4カ月を駆け抜けたいと思っております。

市川猿之助
素晴らしい作品に、素敵な共演者、スタッフの皆様と共に参加させていただけますこと、とてもうれしく思っております。個人的に最近優秀なお医者様と接することが多かったので、役作りの中で存分に活かせたらと思います。 一人でも多くの方々に楽しんでいただけるよう、日々、取り組んで参ります。

加藤浩次
TBSドラマは12年ぶりということでちょっと緊張しておりますが、僕が演じるのは原作には出てこないドラマオリジナルの役なので、自分らしく精一杯演じ、観て頂いた方をスッキリさせられるように頑張ります!

加藤綾子
出演依頼を頂いたときは、(連続ドラマのレギュラー出演が)初めてのことでドラマの現場にいる自分が想像できなかったですが、新しいことにこのタイミングで挑戦させて頂けることは本当にありがたいことで、がむしゃらに新人のつもりで吸収できるものはすべて吸収して取り組みたいと思います。木下香織という役は内に秘めた強さがあり、しっかりとした女性だと思いますので、その香織のイメージをしっかり表現したいです。
一生懸命逃げずに頑張りたいと思いますので、ぜひご覧いただければと思います。

[出典:お知らせ(TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』 > http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/news/ ]

あらすじ

第1話 2018年4月22日 放送
東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。
三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永(加藤浩次)も注目する手術だ。

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。
医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。

そんなとき、手術室に一人の男が現れる。
同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。

[出典:あらすじ(TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』 > http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/story/ ]

Sponsered Link

キャスト・登場人物相関図

渡海征司郎(とかいせいしろう)……二宮和也
天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医。
大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員。
手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。
同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。
そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。
技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか?
この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。
[出典:はじめに TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/intro/ ]

世良雅志(せらまさし)……竹内涼真
東城大学医学部付属病院の研修医一年目。
常識外れの渡海の言動に翻弄され反発する一方で、自分の非力さを痛感し、医師として成長していく。

花房美和(はなぶさみわ)……葵わかな
手術での器械出しを担当しはじめたばかりの新人看護師。
渡海の手術での手技に圧倒され、とっつきにくい渡海を徐々に理解していく。

渡海春江(とかいはるえ)……倍賞美津子
渡海の母。
外科医としてのプライドから、組織や医療業界との闘いに身を投じていく渡海が唯一心を許せる存在。

木下香織(きのしたかおり)……加藤綾子
元看護師で現在は治験コーディネーターとして、新薬や機器開発の治験の窓口となっている。
“神の手”を持ち、絶対的権力を持つ東城大の佐伯教授や、“オペ室の悪魔”と呼ばれ、皆に恐れられている渡海といった面々と対等なやりとりをしていく。
さらに、帝都大の刺客として東城大にスナイプを導入しようとする高階にも接触するなど、自分の信念を貫いて医療業界をけん引していて、物語を引っ張る重要な人物。

池永英人(いけながひでと)……加藤浩次
医療ジャーナル誌「日本外科ジャーナル」の編集長。
日本心臓外科学会の理事長の席を争っている、東城大・佐伯教授と帝華大・西崎教授の対決において一番のキーとなる重要人物で、常に冷静で中立的な立ち居振る舞いをするが、果たしてその実態は・・・?

西崎啓介(にしざきけいすけ)……市川猿之助
東京の中央にそびえる国立の雄、帝華大学・外科教授。
心臓外科の分野で組織的な研究力を誇る帝華大学。
全国的には無名だが、個人の高い技術力を誇る東城大学と日々しのぎを削っている。
「組織力の帝華大学」と「個人の技術力の東城大学」の対立に加え、西崎は個人的にも、数カ月後に控えた日本総合外科学会の理事長選の席を東城大学の教授・佐伯清剛と争い、互いに意識しあっている。
最高難度を誇る心臓手術“佐伯式”により佐伯教授が一歩リードしている状況だが、そんな現状を打破するため、西崎はスナイプを携えた高階権太を東城大学に派遣することに…。
果たして西崎の野望は叶うのか?
そして高階の加入により、東城大学医学部付属病院の行方は?

高階権太(たかしなごんた)……小泉孝太郎
手術用最新医療器具・スナイプを持ち込み、渡海と対立する新任エリート講師。
東の名門・帝華大学病院出身でマサチューセッツ医科大学に留学していたという華麗な経歴の持ち主。
スナイプを「外科医の腕を全く必要としない」と豪語し、東城大学医学部付属病院や医療業界を巻き込む騒動の火蓋を切る。
高階は医療の歴史を変える存在となるか、それとも裏の顔をみせるのか?

佐伯清剛(さえきせいごう)……内野聖陽
東城大学医学部付属病院総合外科学教室・通称「佐伯外科」のトップに君臨する教授。
日本屈指の腕を持つ心臓外科医で、“神の手”を持つ佐伯の手術を受けるために全国から患者が集まる。
技術重視の佐伯が手術の際に“ブラックペアン”を使うのにはある理由があり、渡海との因縁やスナイプを強引に推進する高階との軋轢が描かれていく。
“神の手”を持つ佐伯は“オペ室の悪魔”の異名をとる渡海の敵か味方か…?

黒崎誠一郎(くろさきせいいちろう)……橋本さとし

藤原真琴(ふじわらまこと)……神野三鈴

猫田麻里(ねこたまり)……趣里

垣谷雄次(かきたにゆうじ)……内村遥

関川文則(せきかわふみのり)……今野浩喜

横山正(よこやまただし)……岡田浩暉

田口公平(たぐちこうへい)……森田甘路

速水晃一(はやみこういち)……山田悠介

島津塔子(しまづとうこ)……岡崎紗絵

北島達也(きたじまたつや)……松川尚瑠輝

宮元亜由美(みやもとあゆみ)……水谷果穂

新井美緒(あらいみお)……原アンナ

篠原健一(しのはらけんいち)……丸一太

福本真人(ふくもとまさと)……渋江譲二

守屋信明(もりやのぶあき)……志垣太郎

渡海一郎(とかいいちろう)……辻萬長

【ゲスト】
皆川妙子(みながわたえこ)(1話)……山村紅葉
[出典:お知らせ TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/news/ ]

Sponsered Link

-ドラマ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テレビ朝日 帯ドラマ劇場「トットちゃん!」清野菜名&松下奈緒のW主演

テレビ朝日 帯ドラマ劇場「トットちゃん!」清野菜名&松下奈緒のW主演 あらすじ&キャスト テレビ朝日系列 2017年10月2日(月)スタート! 地上波 毎週月~金曜 ひる12時30分~12時50分 B …

テレビ東京「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」主演:竹野内豊

テレビ東京「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」主演:竹野内豊 あらすじ&キャスト 【テレビ東京 春の開局記念ドラマスペシャル】ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七 …

テレビ東京「こんにちは、女優の相楽樹です。」主演:相楽樹

テレビ東京 Friend-Ship Project第14弾「こんにちは、女優の相楽樹です。」主演:相楽樹 テレビ東京 2017年3月 6日(月) 2017年3月13日(月) 2017年3月20日(月) …

テレビ東京「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」 あらすじ&キャスト

テレビ東京「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」 Sponsered Link テレビ東京系列(TX、TVA、TSC、TVh、TVQ)※TVOは翌週月曜深夜0時12分 2 …

「兄に愛されすぎて困ってます」主演:土屋太鳳×片寄涼太×千葉雄大

日本テレビドラマ・映画「兄に愛されすぎて困ってます」主演:土屋太鳳×片寄涼太×千葉雄大 あらすじ&キャスト ドラマ 日本テレビ系列 2017年4月12日(水)スタート(全5回) 毎週水曜24時59分~ …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

電撃婚の玉木宏さんと木南晴夏さんの四柱推命は!?

俳優の玉木宏さんと木南晴夏さんが結婚するそうです。 玉木宏が女優・木南晴夏と電撃婚…交際2年、妊娠はまだ 6/21(木) 2:50配信 Sp…

未成年女性との飲酒が発覚したNEWS・小山慶一郎さんの四柱推命は!?

未成年女性との飲酒が発覚し、一定期間の活動自粛となったNEWSの小山慶一郎さん。 NEWS・小山慶一郎、19歳未成年女性と飲酒… 処分格差の…

プロアマで接待しなかったと批判の片山晋呉プロの四柱推命は!?

プロアマで接待しなかったとして批判されている片山晋呉プロ。 片山晋呉の騒動でゴルフ界に動揺 プロアマ中に練習はNGなのか 6/9(土) 16…

朝ドラ「半分、青い。」で注目の古畑星夏さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」で古畑星夏さんは、ヒロインの鈴愛とは対照的な美少女・清という女性を演じています。 どちらかと言うと「悪役(ヒール)」の…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する桜井ユキさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での桜井ユキさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚醒…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する山口紗弥加さんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での山口紗弥加さんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する稲森いずみさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での稲森いずみさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんの四柱推命は!?

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんのインタビューです。 「パスポートなくして、賞取った!」鈴木紗理奈、初主演映画「キセキの葉書」…

バラエティーで人気のコロチキ・ナダルさんの四柱推命は!?

コロコロチキチキペッパーズのナダルさんと言えば、いろんなバラエティー番組で見せる言動が変わっていますね。 コロチキ・ナダル、アンチ激増に悲鳴…

「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」広瀬香美さんの四柱推命は!?

シンガー・ソングライターの広瀬香美さんは「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」と、所属事務所「オフィスサーティー」の社長が語っていま…

  • 66現在の記事:
  • 130527総閲覧数:
  • 312今日の閲覧数:
  • 1178昨日の閲覧数:
  • 8336先週の閲覧数:
  • 14001月別閲覧数:
  • 70641総訪問者数:
  • 141今日の訪問者数:
  • 574昨日の訪問者数:
  • 4452先週の訪問者数:
  • 7410月別訪問者数:
  • 616一日あたりの訪問者数:
  • 6現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: