Another News Station

Just another WordPress site

人物

「児嶋だよ!」で居場所を見つけたアンジャッシュ児嶋

投稿日:2018年4月29日 更新日:

アンジャッシュ・児嶋一哉さんのインタビュー第三弾です。

結成25年アンジャッシュ 本人が語る「児嶋だよ!」で見つけた“居場所”

“テレビっ子”児嶋一哉インタビュー #3

『ボキャブラ天国』に始まる90年代以降のお笑いブームをくぐり抜け、結成25年を迎えたアンジャッシュ。
すっかり「いじられキャラ」になった児嶋一哉さんが、その居場所を見つけるまでの秘話を語ってくれました。
てれびのスキマさんによるインタビュー。(全3回/#1、#2より続く)

Sponsered Link

くりぃむしちゅー・上田晋也という人

―― デビューして3年目くらいの『ボキャブラ天国』ブームの時に、くりぃむしちゅー・上田さんの家に居候されていたと伺いましたが、当時、海砂利水魚時代の上田さん、有田さんが売れていくところを間近で見て、どんな気持ちだったんですか?

児嶋 僕が居候してたのはボロボロのアパートでしたけど、売れていくにつれて変わっていく上田さんの家、全部見てるんですよ。
なんかスゲーなって、ただただ思いますね。
「成り上がったなー。夢あるなー」っていう。

―― 成り上がった感。

児嶋 でも、あの人って売れてることについてとか、お金のこととか考える人じゃないっていうか、そのへんについては無頓着なんだよな。
そこがカッコいいんですけど。
お互い売れてなかった時代に、上田さんがわざわざ消費者金融でお金をおろして、僕にご飯おごってくれたこともありました。

―― へぇー!

児嶋 いまだにその関係性で、2年前だったか、海外旅行までプレゼントしてもらいました。
うちの夫婦の分、全部出してもらって。

―― それは何かの記念日だったんですか。

児嶋 いや、全然。
「今度の休み何してる?」「いや別に決まってないです」
「じゃあ一緒にシンガポール行かねぇか」「ああ、いいっすね」
「じゃあちょっとパスポートを教えろ、こっちでやるから」。
それで上田さん、手続きからホテルの手配まで全部自分でやっちゃって、お金も出してくれて。

―― すごいですね!

爆笑さんと、くりぃむさんの活躍を見て「この世界、嘘じゃないな」って

児嶋 お笑いスターの階段を、ものすごいスピードで駆け上がっていくのを間近で見させてもらいましたよね、くりぃむしちゅーさんには。
あと『ボキャブラ天国』以来、近くで見ているという意味では爆笑問題さんにも夢を見ましたね。
ライブでは『アーバン寄席』とか、爆笑さんが出てる『ラ・ママ(新人コント大会)』とか、爆笑さんもネプチューンもくりぃむしちゅーも出てた『東京ギャグコレクション』とか、そこで戦うみたいなのがあったんですけど、「この人らに勝てば」っていうのが全てでした。

―― 目標の2組だったんですね。

児嶋 くりぃむさんも爆笑さんも、所属は大きな事務所ではないけど、だからこそ、こんな凄すぎる2組が売れなかったらお笑いの世界ってちょっと嘘だろうなって、本気で思ってました。
だから、2組とも売れっ子になるのを間近で見ていて、「この世界、嘘じゃないな、けっこう純粋なんだな」って思いましたね。

ロッテの始球式で「おじま?」「児嶋だよ!」

―― アンジャッシュのお二人は今、それぞれの個性でも活躍されています。児嶋さんがネタ以外のバラエティー番組で手ごたえをつかみ始めたのっていつ頃だったんですか。

児嶋 それはもう、芸人仲間から楽屋ノリのままテレビでいじってもらうようになってからです。
渡部もそうですけど、古坂大魔王とか、X-GUNの西尾さんとか、おぎやはぎとか、アンタッチャブルとかからは、昔からあんな感じでいじられてたんですよ。
それに俺もいちいち「うるさいなぁ」とか「おいっ!」みたいなのをやってて。
本当は正統派のお笑いでいきたかったんだけど(笑)。

―― ネタは正統派ですからね。

児嶋 でも、だんだんメッキ剥がれてくるじゃないですか。
素の自分は、正統派のスマートなコントをするような人間じゃないので。
いじられがウケ始めると、そこからさんまさんとか、ダウンタウンさんとか、それこそ中居(正広)さんとかも、そのノリでいじってくださる。
それでやっとテレビの中に居場所が見つかったんです。

―― 「児嶋だよ!」はもう、市民権を得てます。

児嶋 いつだったか、千葉ロッテの始球式に呼んでいただいたことがあるんですよ。
そしたら観客席から「おじま~!」って声がかかって、「児嶋だよ!」ってマウンドで(笑)。
最近だと台本にも「児嶋だよ!」て書いてある。
まあ、テレビに居場所があるってことは、ありがたいことです。

『われめDEポン』のために麻雀プロ資格を取った

―― 「テレビの居場所」という言葉には実感がありますね。

児嶋 ずっと僕には居場所がない感じでしたからね。
例えば『さんま御殿』でいえば、アイドルがいて、ベテラン俳優がいて、モデルさんがいて、それぞれに自分のテリトリーや役割があると思うんですね。
夫婦の話になったら離婚の話ができるこの人とか。
でも僕は見た目も普通、目立ったエピソードもない、キャラがなかったから、さんまさんも振りようがないんです。
テレビに出始めた頃、麻雀のプロ資格を取ったのはそれもありますね。

―― キャラを立たせる特技として。

児嶋 もともと麻雀は好きだったんですけど、好きなだけ、ちょっと強いだけじゃネタになりにくいでしょう。
トークバラエティに出演する前に、趣味とか特技のアンケートを取られるんですけど、説得力のあるものを一つ書けるようになりたかったですし。
あと、プロ資格取ったのは『われめDEポン』に出たかったからです。

―― そうなんですか!

児嶋 あの番組は堺正章さん、加賀まりこさんといった錚々たる大先輩方も出演されますから、若手芸人で「麻雀好きです」程度じゃ出演できないと思って。

Sponsered Link

さんまさんの麻雀は派手、僕は基本ビビリです

―― プライベートではどんな方と麻雀するんですか?

児嶋 さんまさんと囲むこともあります。
ワッキーが「さんまさん、アンジャッシュの児嶋の麻雀すごいですよ。今度呼びません?」って話したところから仲間に入れてもらったんですけど、もう何年もご一緒してますね。

―― さんまさんってどんな麻雀するんですか?

児嶋 強いですよ。打ち方は派手。
ちょっとこっちを驚かせるような待ちをしたり。
ずーーっと喋ってますけどね(笑)。

―― 児嶋さんの麻雀は?

児嶋 僕は基本ビビリですね。
結構ガードを固めて、様子をみながらやるみたいな。

でも、あぁもうこれそろそろいかないと勝てないなって思ったら、うわーって殴り合いますけど。
最初はもうできるだけ勝負せずに勝ちたいという。
アウトボクシングですね。

黒沢清に「あの、ちょっと、足揺らすのだけ……」

―― 児嶋さんは俳優としても活躍されています。きっかけはどの作品になるんでしょう。

児嶋 黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』の、ちょっと嫌な感じの先生役です。
事務所には、「(ドランクドラゴンの)鈴木拓さんか児嶋さんで」ってオファーがきたらしいんですよ。

僕が思うに陰険な先生役だったんで、たぶん拓をイメージしてたんじゃないかと思うんですけど、結局僕が出ることになって。
それがカンヌ映画祭の「ある視点」部門を受賞したので関係者が注目して観るじゃないですか。

そしたら「アンジャッシュの児嶋って、こういうこともやるんだ。
あれっ、意外といいじゃん」みたいに言われて。
そこからちょこちょこ、映画やドラマのお話をいただくようになりました。

―― しかし、いきなり黒沢作品とは。

児嶋 正直、それがどのぐらいすごいことなのか、よくわからずにやってましたね。
むしろキョンキョンと同じシーンがあって、「わぁー、キョンキョンだ!」ってはしゃいじゃった。

―― 黒沢監督からはどんな演技指導があったんですか?

児嶋 いやそんなに言われなかったですけどね。
貧乏ゆすりをしながらセリフ言ってたのを見かねた監督から「あの、ちょっと、足揺らすのだけ……」って注意されたのは覚えてます(笑)。
ロートーンでボソボソボソボソ言う役だったので、わりと素に近かったかな。
役作りという感覚もなく、できるだけ自然にやろう、自然にやろうとしか思ってなかったです。

―― 役者の仕事には、シチュエーションコントをやってきたことが活かされているような気もしますが。

児嶋 と思うんですけどね。
コントって大袈裟じゃないですか。
「えーっ!」「オーーイ!」とか。
でも映画ってもうちょっとリアルじゃないですか。
「えっ?」とか「おい」とか。その使い分けかなって。
いや、僕も全然、演技のことなんてわかってないんですけど。

渡部さんが司会の『王様のブランチ』は見てるんですか?

―― 芸人になって、テレビの見方って変わりました?

児嶋 全然変わりましたね。
バラエティ見てても、「あ、このフリきた。なんて返すのかな」とか、「前に出づらそうな番組だな。どこでタイミング計ってるんだろうな」とか。
あとは「あぁ、あいつ、ついに一言もしゃべらずに終わっちゃったな。
でもわかるな、この気持ち」とか。だから疲れる。
テレビを見ないようにしてた時期もありましたもん。

―― 今好きな番組とかはありますか。

児嶋 好きな番組……。難しいな。
毎回録画してるのは、『ワイドナショー』。
朝ドラの『わろてんか』は観てましたね。お笑いの話なので。
葵わかなちゃんと仕事一緒になって、おぉと思いました。ミーハーなんで。

―― 渡部さんが司会の『王様のブランチ』は見てるんですか?

児嶋 チラチラ観るようにはしてます。
完全に仕事モードで見てますけどね。

―― 1回代打MCをやられましたよね。

児嶋 あぁ、あいつが夏休みかなんかの時に。
なかなか経験できないことでしたね、あれは。

―― 相方はこういう仕事してるんだ、みたいな経験で。

児嶋 そうなんですけど、『王様のブランチ』はオリラジの(藤森)慎吾とか、佐藤栞里ちゃんたちに助けてもらえる。
むしろ、あいつ、こんな大変なことしてるんだと思ったのは、J-WAVEの『GOLD RUSH』のMCでした。
3時間半の生放送を代打でやったんです。

―― 大変でしたか?

児嶋 ひとりでずーっとなんか読んだり、ゲスト迎えて喋ったりするわけじゃないですか。
しんどかったな。これ毎週やってんだって思いましたね。
俺には絶対無理だなって。
それでへっとへとになって、次の日が『ブランチ』代打だったんですけど、その朝、寝坊しました。
8時20分入りだったのに、8時20分に電話がかかってきて起きたっていう。
滅多にそんなことないんですけどね……。

いわゆる類似タレントですね、スピードワゴンの井戸田は

―― 今、児嶋さんのライバルは誰ですか?

児嶋 それ難しいな。
なんかスピードワゴンの井戸田(潤)が、僕と似たような番組にしょっちゅう出てるんですよ。
クイズ番組でも、僕が出た次の週を観てみたら井戸田が同じようなポジションで出てたりとか。
いわゆる類似タレントですね。
カテゴリー分けした時に、あいつが一番近いのかなって最近思ってます。
昔から知ってるんで、ライバル感覚とはちょっと違いますけど。

―― 今後、出たい番組とかってありますか。

児嶋 この世界に入る時に思っていた夢は、『笑っていいとも!』と、『さんまのまんま』に出ることだったんですよ。
その夢は叶ってるんですよね。
あとはなんだろうな……、『徹子の部屋』?

―― 芸人にとっては鬼門の(笑)。

児嶋 あの番組には出たことはないけれども、そうだなぁ、出たいかって言われるとなぁ……(笑)。

#1 アンジャッシュ児嶋が明かす「コンビ解散を決めたあの日の夜」
http://bunshun.jp/articles/-/7054

#2 アンジャッシュ児嶋「ヒロミさんに弟子入り志願した思い出」
http://bunshun.jp/articles/-/7055
写真=平松市聖/文藝春秋

こじま・かずや/1972年、東京・八王子市生まれ。
人力舎のお笑い養成学校「スクールJCA」の1期生。
93年、高校の同級生である渡部建と「アンジャッシュ」を結成。
俳優としても活躍し、黒沢清作品『トウキョウソナタ』『散歩する侵略者』、園子温作品『恋の罪』などにも出演。
日本プロ麻雀協会第3期プロ試験合格の「プロ雀士」でもある。

[出典:結成25年アンジャッシュ 本人が語る「児嶋だよ!」で見つけた“居場所”(文春オンライン > http://bunshun.jp/articles/-/7057 ]

芸能界に限らず、自分が必要とされるためにみんな一生懸命頑張っているんですよね。
なかなか参考になりました。

Sponsered Link

-人物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神脳の東大生・河野玄斗「医学部生の僕が司法試験に合格した理由」語る

「頭脳王」を圧倒的な強さで優勝した東大医学部生の河野玄斗さんは、ルックスが良いことからもこれからどんどん需要がありそうです。 そんな河野さんのインタビューを紹介します。 神脳と呼ばれる東大生・河野玄斗 …

スノーボード女子パラレル大回転・竹内智香は「人として」金を目指す

今回の平昌オリンピックは、朝鮮半島の情勢のせいで開催前にはいろいろな不安要素がありましたが、始まってみれば感動の連続。 羽生選手のオリンピック2連覇に続き、絶対王者・小平選手の悲願の金、そして昨日の女 …

女優・高橋メアリージュンが伝える「他人から見た不幸が自分の不幸ではない」が深イイ

女優・高橋メアリージュンさんは、裕福な暮らしから一転、借金に追われる生活になったそうです。 著書「Difficult?Yes. Impossible? …No. わたしの「不幸」がひとつ欠 …

東大の中でも「神童」と呼ばれた超絶天才たちの、人智を超えたエピソードの数々

東大に入るだけですごいと思うのですが、そんな東大生の中にも飛びぬけた天才がいる、という話です。 東大の中でも「神童」と呼ばれた男達の人智を超えた超絶エピソード 東大の中でも「神童」と呼ばれた男達の人智 …

クリスチャン夫が「発達障害」だった尼さん奥さんが離婚の危機を乗り越えた話

妻が仏教徒で尼さん、夫はクリスチャンという夫婦を前回紹介しました。 仏教徒で尼さんが、クリスチャンと結婚した「異宗教結婚夫婦」の話 その夫婦に離婚の危機が!? 実はクリスチャンの旦那さんが「発達障害だ …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

無料お試しメール鑑定

無料お試しメール鑑定(四柱推命)
下記ホームページからお気軽にどうぞ!
ヒーリングサロン らっぴーはうす

有料で対面・電話・メール占いをしています。
詳細はこちらから

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

“第2の柳楽優弥”映画「万引き家族」の城桧吏くんの四柱推命は!?

カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督最新作「万引き家族」に出演の新人子役・城桧吏(じょう・かいり)くんは、“第2の柳楽優…

カンヌ国際映画祭で「パルムドール」を受賞した是枝裕和監督の四柱推命は!?

是枝裕和監督の映画「万引き家族」が、カンヌ国際映画祭で「パルムドール」を受賞しました。 是枝裕和監督に聞く、「万引き家族」に詰め込んだ“10…

『西郷どん』で奄美の妻・愛加那さんを演じる二階堂ふみさんの四柱推命は!?

大河ドラマ『西郷どん』で奄美の妻・愛加那さんを演じる二階堂ふみさん。 彼女の演技に吸い込まれていきます。 二階堂ふみ、『西郷どん』奄美ロケで…

ピアニスト・平井真美子さんと結婚した森山直太朗さんの四柱推命は!?

森山直太朗さんが、十年来の友人であるピアニストの平井真美子さんと結婚しました。 森山直太朗、ピアニスト・平井真美子さんと結婚「自分の素直な気…

写真集が30万部突破した乃木坂46・白石麻衣さんの四柱推命は!?

人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣さんは、モデルとしても女優としても歌手としても活躍中です。 前代未聞の領域へ 白石麻衣写真集、19…

50歳で「月9」初主演の沢村一樹さんの四柱推命は!?

沢村一樹さんと言えばテレビ朝日でよく見ますが、「月9」に初主演するそうです。 沢村一樹、史上2位の50歳で「月9」初主演 7月スタート「絶対…

「半分、青い。」に出演する“カメレオン俳優”中村倫也さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」に出演して人気の中村倫也さんは、“カメレオン俳優”と言われているそうです。 朝ドラ出演の中村倫也、“カメレオン俳優”の…

性別適合手術を受け戸籍を女性に変更したGENKINGさんの四柱推命は!?

昨年の5月に性別適合手術を受け、戸籍も変更して女性になったGENKINGさん。 GENKING 戸籍を女性に、結婚も「しますよ」 [2018…

昭和の大横綱・大鵬の孫、納谷幸之介さんの四柱推命は!?

昭和の大横綱・大鵬の孫で西序二段11枚目の納谷幸之介さんが、序ノ口デビューからの連勝を「8」に伸ばしました。 納谷、祖父超え狙う8連勝 同級…

三冠王を3度取った天才バッター・落合博満さんの四柱推命は!?

三冠王を3度取った天才バッター・落合博満さんは、わざとカメラに当てるほどのバットコントロールでした。 「ど真ん中ほど難しい球はない」と言った…