Another News Station

Just another WordPress site

ドラマ

WOWOW「監査役 野崎修平」主演:織田裕二

投稿日:

WOWOW「監査役 野崎修平」主演:織田裕二 あらすじ&キャスト

WOWOW
2018年1月14(日) スタート
毎週日曜 22:00~(全8話)

原作

周良貨・能田茂「監査役野崎修平」(集英社刊)

脚本

前川洋一(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW アキラとあきら」)

Sponsered Link

連続ドラマW 監査役 野崎修平/プロモーション映像(60秒)【WOWOW】

みどころ

舞台はバブル経済が崩壊し、“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。
不良債権をひた隠す銀行、汚職に手を染めてでも権力を欲する政治家、株主総会にのさばる総会屋が幅を利かせ、まさに金と権力が渦巻いていた時代においても、正義を貫くために奮闘するひとりの銀行員・野崎修平の活躍を描く痛快作。

コメント:織田裕二(監査役・野崎修平 役)
「株価暴落」に続いて2作目のWOWOWドラマ「野崎修平」の出演が決まった際のご感想、脚本を読んだ時の印象
「株価暴落」の時にプロデューサーと「また一緒にやれたらいいですね」と話していたので、本当に実現して嬉しいです。
前回と同じ銀行員役なのですが、今回は「野崎修平」という男の成長物語でもあるので、人間臭い野崎を出せないかと意識しています。

野崎修平を演じるにあたっての、表現したいこと、チャレンジしたいこと等、意気込み
原作は約20年前の設定で、バブルが弾けた後の不良債権の話がベースになっています。僕が演じる野崎修平は誠実で正義感溢れる真面目なキャラクターで、演じるのはとても難しいと感じています。
監査役はこれまでのドラマでは見た事のない役どころです。コンプライアンスが重視される現在を先取りした原作だと感じており、やりがいがあります。
20年前は今と比べて、良くも悪くも人間臭さが色濃く出ている時代なので、その雰囲気を出せたらいいなと思っています。

岸谷五朗さん、古谷一行さんとの初共演について
岸谷さんが演じる武田専務、古谷さんが演じる京極頭取は、原作では強烈なキャラクターですが、お二人がどのように演じるのか楽しみです。
共演も初めてなので「これは名シーンになった」と思えるお芝居がお二人とできればと思っています。

ユースケさんとの共演について
ユースケと『踊る大捜査線』の青島と真下という役以外で一緒にやるのは「ロケットボーイ」以来なので、久しぶりです。彼が屈折した役を見るのは初めてなので、「こんな表情をするんだ」と驚きながら演じています。人が良くて裏切れなさそうなユースケが阿部を演じるのは面白いですね。
撮影の序盤で気心が知れたユースケと演じられたのは助けられました。二人で面白いシーンができればと思います。

メッセージ
僕が演じる野崎修平は不条理と戦う男です。でも彼は市井に生きる普通の男です。その男が勇気を出して行動する事によって、周囲の一人一人を変え、やがて大きな組織すらも変えられる力になる。というメッセージがこのドラマの一番の見どころです。
個性豊かな登場人物も多く、各話で大変なイベントがあり、僕も覚悟して演じています。
ぜひ楽しみにしてもらえればと思います。

■役柄説明
熱い正義感と人情、そして冷静な判断力をもつサラリーマンの理想を絵にかいたような男。同期一のエリートと目されたが、ある事件の罪をかぶり左遷される。その後、三流支店の支店長をやっていたが、このたび、突然の監査役に抜擢された。自社内で行われている不正を目の当たりにし、企業体質を変えるため、役員を監査する「監査役」として孤軍奮闘する。

コメント:岸谷五朗(専務・武田真吾 役)
「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
社会の厳しさと誠実に生きる事の難しさ、己へのジャッジメント。
様々なテーマが混在するストーリーでとても魅力的な作品に出会えたと感謝しております。
しかもWOWOWで作品創りができる事、権野監督の作品である事とても幸せです!

織田裕二さんとの共演で楽しみにしているところ
織田さんは長年真摯に作品と向き合い難しい作品をクリアーしてきた俳優です。
主人公の真っ直ぐさと織田さんの作品への取り組み情熱などがリンクするような気がして、楽しみにしております。

■役柄説明
おおぞら銀行の関連会社・おおぞら興産社長から、おおぞら銀行頭取・京極により専務として呼び戻された豪腕実力者。総会屋に襲われるも、腕力で跳ね返すほどの力を持つ。

コメント:松嶋菜々子(立川祥子 役)
WOWOWドラマ初出演となる本作の脚本を読んだ印象、立川祥子を演じる意気込み
WOWOWならではの社会派なストーリーで先々の展開が気になり一気に読み進めました。
織田さん演じる野崎監査役を自らの出世に上手く利用しようとする野心家です。当時の男社会に必死に食らいついて行く女性初の支店長を力強く演じたいと思います。

織田裕二さんと映画「ホワイトアウト」以来のご共演される感想
17年ぶりにまたご一緒出来ることを楽しみにしています。

本作をご覧になる皆様へのメッセージ
銀行の裏側を描いた、重厚感と見応えのある作品だと思うので、是非ご覧ください。

コメント:古谷一行(頭取・京極雅彦 役)
「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
WOWOWの作品には数多く出演させて頂いています。
作品のクオリティが高く、我々の年齢層の大人達が見ても興味をもてるテーマ、作品が豊富です。
今回も銀行を舞台にしたスケールの大きなドラマです。
表面は穏やかで柔和な頭取役の京極雅彦ですが、何を考えているのか解らない男。
一筋縄ではいかない、やり甲斐の有る役ですね。

織田裕二さんとの共演で楽しみにしているところ
この年齢まで役者をやっていると、初めての俳優さんは珍しい事ですが、織田さんとは初めての仕事になります。
今まで同じ作品に出演していて絡みがなかったというニアミスも無かった様です。
すごく楽しみにしております。

■役柄説明
穏やかな外見とは裏腹、その実は冷徹な策士。政治家とも近く、権力を意のままに操る。

コメント:ユースケ・サンタマリア(阿部龍平 役)
オファーを受けた際のお気持ち / 織田さんとの共演に関して
織田さんとの共演も出演を決めた一つの大きな理由です。
『踊る大捜査線』シリーズとは全く違う物語ですが、今回の阿部役も『踊る』の真下と同じく、織田さんの後輩だけど、出世して役職的に彼を追い抜いて行くという構造で、当時を彷彿とさせる役柄なんですよね。
織田さんとしっかりとお芝居ができることが、出させていただく大きな理由です。
(下記の織田さんのコメントを受けて) 織田さんがそう思って頂けるのは嬉しいです。
僕もそういう気持ちはあります。
今回は二人だけの芝居が多いのですが、『踊る大捜査線』シリーズは登場人物が多かったので 2人で芝居することがほとんどなかったんです。
織田さんは偉大な先輩ですけど、対等に渡り合って芝居を したいといつも思っていました。
その思いを演技に詰め込みました。
「ユースケ成長してないな」と思われたくないので、クランクイン前は緊張しましたが、織田さんとの 1シーン目を撮ってからは、緊張が一気に吹き飛びました。
かなり長い期間、一つの作品に一緒に携わっていたので、携わっていた人間にしかわからない連帯感があり 安心感というのはありますね。

見どころ
阿部と野崎のエピソードは、これから始まる野崎の戦いのプロローグ的な話なので、しっかりとこのドラマの指針を示していければと思います。
僕が演じる阿部は野崎さんの後輩だけど、先輩の彼より出世しているという『踊る』を彷彿とさせるスパイスとして見てもらえたらと思います。
そんな僕と織田さんのシリアスながらも丁々発止のやり取りがある、粋な芝居も楽しんでいただければと思います。

[出典:キャスト・スタッフ 連続ドラマW 監査役 野崎修平(WOWOW > http://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki/caststaff/ ]

Sponsered Link

あらすじ

おおぞら銀行地蔵通り支店長である野崎修平(織田裕二)は、正義感と人情味あるその人柄から行員や街の人々に好かれているものの、出世コースとは程遠い行員生活を送っていた。
そんなある日、支店が閉鎖されることになると知らされる。
出向を覚悟していた野崎の元に人事異動がくだる。
その異動先はなんと役員昇進である監査役への就任であった。

監査役になった野崎は銀行内での不正を目の当りにし、この銀行を変えると決意する。
そして、銀行が抱える「究極の闇」に辿り着く。
そこには、現おおぞら銀行頭取・京極雅彦(古谷一行)の影が…。
野崎に対抗すべく、京極が出向先から呼び戻した剛腕の行員・武田真吾(岸谷五朗)や、おおぞら銀行初の女性役員を目指す立川祥子(松嶋菜々子)も加わり、銀行内で熾烈な戦いが繰り広げられる。

[出典:イントロダクション 連続ドラマW 監査役 野崎修平(WOWOW > http://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki/intro/ ]

キャスト・登場人物相関図

 

 

 

 

 

 

 

あおぞら銀行
野崎修平……織田裕二
不正と戦い、改革を叫ぶ熱血監査役
熱い正義感と人情、そして冷静な判断力をもつ。
入行当初は同期一のエリートと目されたが、ある事件の罪をかぶり関連会社に左遷される。
その後、銀行に戻り地蔵通り支店長を勤めていたが、突然監査役に抜擢された。

武田真吾……岸谷五朗
豪腕にしてキレ者の武闘派専務
おおぞら興産社長から、京極により専務として呼び戻された豪腕実力者。
銀行の改革を推し進めながら、頭取の座を狙っており、京極の弱みを探っている。

京極雅彦……古谷一行
圧倒的権力を持つ銀行頭取
穏やかな外見とは裏腹に、その実は冷徹な策士。政治家とも近く、権力を意のままに操る。
野崎を監査役に抜擢、さらに武田を銀行に呼び戻し、おおぞら銀行のさらなる繁栄を目論む。

立川祥子……松嶋菜々子(特別出演)
女性役員の座を狙う野心家
おおぞら銀行女性初の支店長。
上昇志向の強い女性で、初の女性役員になるという大きな野心を抱き、野崎に接触を計る。

阿部龍平……ユースケ・サンタマリア
野崎と因縁の過去を持つ取締役
かつては野崎の部下として共に職務を行っていたが、阿部のある行動がきっかけで野崎が出向。
因縁の関係となる。
その後は着々とキャリアを重ね、最年少役員として取締役になる。

柳沢秋保……光石研
京極の懐刀でカミソリの異名を持つ副頭取
かつて京極に使い捨てにされ関連事業部に飛ばされたが、おおぞら銀行の不正を追求する野崎対策のため、副頭取として呼び戻された。
計算高い策士。

吉野美保……瀧本美織
監査役秘書

坂本正義……駿河太郎
業務推進部

沖田浩二……小林且弥
検査部

西條進……三浦誠己
業務推進部長

林一郎……利重剛
専務

渡辺勝利……甲本雅裕
検査部長

総会屋
松崎源陽……本田博太郎
総会屋

海藤義己……宇梶剛士
東都政策研究室総帥

安藤慎二……松尾諭
あおぞらローンサービス社員

柏木竜馬……小市慢太郎
記者

木村ウメ……田島令子
木村ビルオーナー

鷹山光司郎……勝部演之
内閣総理大臣

橘一郎……山本圭
日本橋合資社長

野崎志穂……西田尚美
野崎修平の妻
[出典:相関図 連続ドラマW 監査役 野崎修平(WOWOW > http://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki/chart/ ]

Sponsered Link

2018年1月

原作

周良貨・能田茂「監査役野崎修平」(集英社刊)

脚本

前川洋一(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW アキラとあきら」)

Sponsered Link

連続ドラマW 監査役 野崎修平/プロモーション映像(60秒)【WOWOW】

みどころ

舞台はバブル経済が崩壊し、“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。
不良債権をひた隠す銀行、汚職に手を染めてでも権2018年1月14(日) スタート
毎週日曜 22:00~(全8話)力を欲する政治家、株主総会にのさばる総会屋が幅を利かせ、まさに金と権力が渦巻いていた時代においても、正義を貫くために奮闘するひとりの銀行員・野崎修平の活躍を描く痛快作。

コメント:織田裕二(監査役・野崎修平 役)
「株価暴落」に続いて2作目のWOWOWドラマ「野崎修平」の出演が決まった際のご感想、脚本を読んだ時の印象
「株価暴落」の時にプロデューサーと「また一緒にやれたらいいですね」と話していたので、本当に実現して嬉しいです。
前回と同じ銀行員役なのですが、今回は「野崎修平」という男の成長物語でもあるので、人間臭い野崎を出せないかと意識しています。

野崎修平を演じるにあたっての、表現したいこと、チャレンジしたいこと等、意気込み
原作は約20年前の設定で、バブルが弾けた後の不良債権の話がベースになっています。僕が演じる野崎修平は誠実で正義感溢れる真面目なキャラクターで、演じるのはとても難しいと感じています。
監査役はこれまでのドラマでは見た事のない役どころです。コンプライアンスが重視される現在を先取りした原作だと感じており、やりがいがあります。
20年前は今と比べて、良くも悪くも人間臭さが色濃く出ている時代なので、その雰囲気を出せたらいいなと思っています。

岸谷五朗さん、古谷一行さんとの初共演について
岸谷さんが演じる武田専務、古谷さんが演じる京極頭取は、原作では強烈なキャラクターですが、お二人がどのように演じるのか楽しみです。
共演も初めてなので「これは名シーンになった」と思えるお芝居がお二人とできればと思っています。

ユースケさんとの共演について
ユースケと『踊る大捜査線』の青島と真下という役以外で一緒にやるのは「ロケットボーイ」以来なので、久しぶりです。彼が屈折した役を見るのは初めてなので、「こんな表情をするんだ」と驚きながら演じています。人が良くて裏切れなさそうなユースケが阿部を演じるのは面白いですね。
撮影の序盤で気心が知れたユースケと演じられたのは助けられました。二人で面白いシーンができればと思います。

メッセージ
僕が演じる野崎修平は不条理と戦う男です。でも彼は市井に生きる普通の男です。その男が勇気を出して行動する事によって、周囲の一人一人を変え、やがて大きな組織すらも変えられる力になる。というメッセージがこのドラマの一番の見どころです。
個性豊かな登場人物も多く、各話で大変なイベントがあり、僕も覚悟して演じています。
ぜひ楽しみにしてもらえればと思います。

■役柄説明
熱い正義感と人情、そして冷静な判断力をもつサラリーマンの理想を絵にかいたような男。同期一のエリートと目されたが、ある事件の罪をかぶり左遷される。その後、三流支店の支店長をやっていたが、このたび、突然の監査役に抜擢された。自社内で行われている不正を目の当たりにし、企業体質を変えるため、役員を監査する「監査役」として孤軍奮闘する。

コメント:岸谷五朗(専務・武田真吾 役)
「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
社会の厳しさと誠実に生きる事の難しさ、己へのジャッジメント。
様々なテーマが混在するストーリーでとても魅力的な作品に出会えたと感謝しております。
しかもWOWOWで作品創りができる事、権野監督の作品である事とても幸せです!

織田裕二さんとの共演で楽しみにしているところ
織田さんは長年真摯に作品と向き合い難しい作品をクリアーしてきた俳優です。
主人公の真っ直ぐさと織田さんの作品への取り組み情熱などがリンクするような気がして、楽しみにしております。

■役柄説明
おおぞら銀行の関連会社・おおぞら興産社長から、おおぞら銀行頭取・京極により専務として呼び戻された豪腕実力者。総会屋に襲われるも、腕力で跳ね返すほどの力を持つ。

コメント:松嶋菜々子(立川祥子 役)
WOWOWドラマ初出演となる本作の脚本を読んだ印象、立川祥子を演じる意気込み
WOWOWならではの社会派なストーリーで先々の展開が気になり一気に読み進めました。
織田さん演じる野崎監査役を自らの出世に上手く利用しようとする野心家です。当時の男社会に必死に食らいついて行く女性初の支店長を力強く演じたいと思います。

織田裕二さんと映画「ホワイトアウト」以来のご共演される感想
17年ぶりにまたご一緒出来ることを楽しみにしています。

本作をご覧になる皆様へのメッセージ
銀行の裏側を描いた、重厚感と見応えのある作品だと思うので、是非ご覧ください。

コメント:古谷一行(頭取・京極雅彦 役)
「監査役野崎修平」への出演が決まった際の感想、脚本を読んだ印象
WOWOWの作品には数多く出演させて頂いています。
作品のクオリティが高く、我々の年齢層の大人達が見ても興味をもてるテーマ、作品が豊富です。
今回も銀行を舞台にしたスケールの大きなドラマです。
表面は穏やかで柔和な頭取役の京極雅彦ですが、何を考えているのか解らない男。
一筋縄ではいかない、やり甲斐の有る役ですね。

織田裕二さんとの共演で楽しみにしているところ
この年齢まで役者をやっていると、初めての俳優さんは珍しい事ですが、織田さんとは初めての仕事になります。
今まで同じ作品に出演していて絡みがなかったというニアミスも無かった様です。
すごく楽しみにしております。

■役柄説明
穏やかな外見とは裏腹、その実は冷徹な策士。政治家とも近く、権力を意のままに操る。

コメント:ユースケ・サンタマリア(阿部龍平 役)
オファーを受けた際のお気持ち / 織田さんとの共演に関して
織田さんとの共演も出演を決めた一つの大きな理由です。
『踊る大捜査線』シリーズとは全く違う物語ですが、今回の阿部役も『踊る』の真下と同じく、織田さんの後輩だけど、出世して役職的に彼を追い抜いて行くという構造で、当時を彷彿とさせる役柄なんですよね。
織田さんとしっかりとお芝居ができることが、出させていただく大きな理由です。
(下記の織田さんのコメントを受けて) 織田さんがそう思って頂けるのは嬉しいです。
僕もそういう気持ちはあります。
今回は二人だけの芝居が多いのですが、『踊る大捜査線』シリーズは登場人物が多かったので 2人で芝居することがほとんどなかったんです。
織田さんは偉大な先輩ですけど、対等に渡り合って芝居を したいといつも思っていました。
その思いを演技に詰め込みました。
「ユースケ成長してないな」と思われたくないので、クランクイン前は緊張しましたが、織田さんとの 1シーン目を撮ってからは、緊張が一気に吹き飛びました。
かなり長い期間、一つの作品に一緒に携わっていたので、携わっていた人間にしかわからない連帯感があり 安心感というのはありますね。

見どころ
阿部と野崎のエピソードは、これから始まる野崎の戦いのプロローグ的な話なので、しっかりとこのドラマの指針を示していければと思います。
僕が演じる阿部は野崎さんの後輩だけど、先輩の彼より出世しているという『踊る』を彷彿とさせるスパイスとして見てもらえたらと思います。
そんな僕と織田さんのシリアスながらも丁々発止のやり取りがある、粋な芝居も楽しんでいただければと思います。

[出典:キャスト・スタッフ 連続ドラマW 監査役 野崎修平(WOWOW > http://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki/caststaff/ ]

Sponsered Link

あらすじ

おおぞら銀行地蔵通り支店長である野崎修平(織田裕二)は、正義感と人情味あるその人柄から行員や街の人々に好かれているものの、出世コースとは程遠い行員生活を送っていた。
そんなある日、支店が閉鎖されることになると知らされる。
出向を覚悟していた野崎の元に人事異動がくだる。
その異動先はなんと役員昇進である監査役への就任であった。

監査役になった野崎は銀行内での不正を目の当りにし、この銀行を変えると決意する。
そして、銀行が抱える「究極の闇」に辿り着く。
そこには、現おおぞら銀行頭取・京極雅彦(古谷一行)の影が…。
野崎に対抗すべく、京極が出向先から呼び戻した剛腕の行員・武田真吾(岸谷五朗)や、おおぞら銀行初の女性役員を目指す立川祥子(松嶋菜々子)も加わり、銀行内で熾烈な戦いが繰り広げられる。

[出典:イントロダクション 連続ドラマW 監査役 野崎修平(WOWOW > http://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki/intro/ ]

キャスト・登場人物相関図

 

 

 

 

 

 

 

あおぞら銀行
野崎修平……織田裕二
不正と戦い、改革を叫ぶ熱血監査役
熱い正義感と人情、そして冷静な判断力をもつ。
入行当初は同期一のエリートと目されたが、ある事件の罪をかぶり関連会社に左遷される。
その後、銀行に戻り地蔵通り支店長を勤めていたが、突然監査役に抜擢された。

武田真吾……岸谷五朗
豪腕にしてキレ者の武闘派専務
おおぞら興産社長から、京極により専務として呼び戻された豪腕実力者。
銀行の改革を推し進めながら、頭取の座を狙っており、京極の弱みを探っている。

京極雅彦……古谷一行
圧倒的権力を持つ銀行頭取
穏やかな外見とは裏腹に、その実は冷徹な策士。政治家とも近く、権力を意のままに操る。
野崎を監査役に抜擢、さらに武田を銀行に呼び戻し、おおぞら銀行のさらなる繁栄を目論む。

立川祥子……松嶋菜々子(特別出演)
女性役員の座を狙う野心家
おおぞら銀行女性初の支店長。
上昇志向の強い女性で、初の女性役員になるという大きな野心を抱き、野崎に接触を計る。

阿部龍平……ユースケ・サンタマリア
野崎と因縁の過去を持つ取締役
かつては野崎の部下として共に職務を行っていたが、阿部のある行動がきっかけで野崎が出向。
因縁の関係となる。
その後は着々とキャリアを重ね、最年少役員として取締役になる。

柳沢秋保……光石研
京極の懐刀でカミソリの異名を持つ副頭取
かつて京極に使い捨てにされ関連事業部に飛ばされたが、おおぞら銀行の不正を追求する野崎対策のため、副頭取として呼び戻された。
計算高い策士。

吉野美保……瀧本美織
監査役秘書

坂本正義……駿河太郎
業務推進部

沖田浩二……小林且弥
検査部

西條進……三浦誠己
業務推進部長

林一郎……利重剛
専務

渡辺勝利……甲本雅裕
検査部長

総会屋
松崎源陽……本田博太郎
総会屋

海藤義己……宇梶剛士
東都政策研究室総帥

安藤慎二……松尾諭
あおぞらローンサービス社員

柏木竜馬……小市慢太郎
記者

木村ウメ……田島令子
木村ビルオーナー

鷹山光司郎……勝部演之
内閣総理大臣

橘一郎……山本圭
日本橋合資社長

野崎志穂……西田尚美
野崎修平の妻
[出典:相関図 連続ドラマW 監査役 野崎修平(WOWOW > http://www.wowow.co.jp/dramaw/nozaki/chart/ ]

Sponsered Link

-ドラマ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHK「植木等とのぼせもん」主演:山本耕史 あらすじ&キャスト

NHK「植木等とのぼせもん」主演:山本耕史 あらすじ&キャスト 2017年9月2日(土)スタート【連続8回】 総合 毎週土曜 よる8時15分~8時43分 原作 小松政夫「のぼせもんやけん」 脚本 向井 …

NHKBS「山女日記 ~山フェスに行こう/アルプスの女王~」主演:工藤夕貴

NHKBS「山女日記 ~山フェスに行こう/アルプスの女王~」主演:工藤夕貴 あらすじ&キャスト NHKBSプレミアム 【前編】山フェスに行こう ~常念岳~ BSプレミアム:2017年10月29日(日) …

日本テレビ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」主演:山田涼介

日本テレビ「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」主演:山田涼介 あらすじ&キャスト 日本テレビ系列 2018年1月13日(土)スタート 毎週土曜 よる10時 脚本 金子茂樹 主題歌 Hey! …

MBS・TBS「マジで航海してます。」主演:飯豊まりえ×武田玲奈

MBS・TBSドラマイズム「マジで航海してます。」主演:飯豊まりえ×武田玲奈 MBS:2017年7月2日(日)スタート 毎週日曜 深夜0時50分~ TBS:2017年7月4日(火)スタート 毎週火曜  …

フジテレビ「刑事ゆがみ」主演: 浅野忠信×神木隆之介

フジテレビ「刑事ゆがみ」主演: 浅野忠信×神木隆之介 あらすじ&キャスト フジテレビ系列 2017年10月12日(木)スタート(初回15分拡大) 毎週木曜 よる10時 原作 井浦秀夫「刑事ゆがみ」(小 …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

無料お試しメール鑑定

無料お試しメール鑑定(四柱推命)
下記ホームページからお気軽にどうぞ!
ヒーリングサロン らっぴーはうす

有料で対面・電話・メール占いをしています。
詳細はこちらから

最近の投稿: ONE BOY STORY

“コンビ愛”がすごい「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富澤たけしさんの四柱推命は!?

安定した面白さで多くのファンを魅了する「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富澤たけしさん。 先日の「今夜くらべてみました」を観ていたら、…

次期総理になるかも知れない河野太郎外相の四柱推命は!?

河野太郎外相が麻生さんの後ろ盾で総裁選に出るかもとのこと。 「総理になれない家系」の河野太郎氏が総理になるかも!? 父である洋平氏は総理にな…

2018年の最強ラッキーカラー&アイテム&行動

2018年を素敵な年にするために、いろいろと知っておきたいところです。 2018年のラッキーカラー、ラッキーアイテム、ラッキーな行動に関する…

2018年の恋愛・結婚力を上げる開運風水術

恋愛や結婚力を上げるために、風水の力を借りてはいかがでしょう。 2018年の恋愛結婚力を上げる風水開運術の記事を引用させていただきます。 2…

月9ドラマ「海月姫」で女装が美しい瀬戸康史さんの四柱推命は!?

月9ドラマ「海月姫」が始まりました。 尼~ずと瀬戸康史さんの女装の対比がすごくて… そんな瀬戸さんの四柱推命をしてみました。 Sponser…

クセがすごい!「わぴちゃん」こと岩槻秀明さんの四柱推命は!?

2018年1月15日(月)放送の「世界まる見え!テレビ特捜部 クセがすごい人SP」に、「わぴちゃん」こと岩槻秀明さんが出演。 そのキャラのす…

男性が好む、女性の5つのキャラとは!?

恋愛に悩む女性の皆さんは多いはず。 好きな相手にどうしたら好きになってもらえるか。 こんな記事がありましたが、引用してみます。 男性を惹きつ…

ドラマ「ホリデイラブ」で浮気される妻を演じる仲里依紗さんと夫の中尾明慶さんの相性は!?

ドラマ「ホリデイラブ」で主演の仲里依紗さんは、浮気される妻を演じることになりました。 浮気される妻が主人公というのも珍しいみたいで… 実生活…

『もみ消して冬』での“顔芸”がすごい、Hey! Say! JUMP・山田涼介さんの四柱推命は!?

先日放送のドラマ『もみ消して冬』での“顔芸”がすごかった、Hey! Say! JUMP・山田涼介さん。 山田涼介はコメディの扉を開けるか!?…

結婚確実と暴露された松田翔太さんと秋元梢さんの四柱推命は!?

『情報ライブ ミヤネ屋』で結婚確実と暴露された人気俳優・松田翔太さんと元横綱・千代の富士の娘・秋元梢さん。 『ミヤネ屋』が暴露! 今年、結婚…