暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

人物

PL学園時代は「ワザと直球とカーブしか投げなかった」桑田真澄

投稿日:

高校野球を語るうえで欠かせないのが、桑田と清原がいた頃のPL学園。
強烈な個性を放った二人は、その後の人生でも波乱万丈な人生でした。
その桑田投手の高校時代の話です。

わざと直球とカーブだけ投げた/桑田真澄6 2018年2月3日6時1分 紙面から

PL学園のエース桑田(現スポーツ報知評論家)は、高校最後の夏を迎えた。
2年春夏は甲子園準優勝。

Sponsered Link

3年春は準決勝で伊野商・渡辺智男に完敗した。
そして85年の夏。大阪大会でピンチになると、しばしばこんなシーンがマウンドであったという。
 
「(カーブ以外の変化球も)投げえよ。絶対に抑えられるから」と清原和博が言う。
だが、エース桑田は首を振り続けた。

清原が苦笑しながら一塁へと帰る。
「頑固やなあ」とつぶやきながら。
桑田は直球とカーブだけで勝負していた。
 
◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
 
その夏を迎える中、桑田は先を見据えた考え方を自分に課していた。
 
桑田 
僕が高校野球で学んだのは、単に投げ込みや走り込みに没頭するのでなく、目標から逆算して考えることです。
あのころから、甲子園で再び優勝するには何が必要なのかを逆算して考え始めたんです。

 
身長174センチで、体格に恵まれていたわけではない。
自身の体力を考えれば、投げ込みや走り込みといった猛練習は、甲子園優勝に向けた最良の準備ではなかった。
 
桑田 
連戦になると疲れがたまって、思うような投球ができない。
優勝するには大阪では4連投、甲子園では3連投。
その日程をクリアするにはどうしたらいいかなと逆算する。

 
行き着いた答えは、球数の見直しだった。
桑田はPL球場の外野フェンス沿いを走りながら、野手の打撃練習を観察した。

内野ゴロや外野飛球になる確率が高い投球コースを見極めるためだった。
だが、ある葛藤も当然のように抱えていた。
 
桑田 
練習ではスライダーとかフォークも投げていました。
紅白戦で投げたら、面白いように空振りを取れた。

でも、高校時代は直球とカーブしか投げないと決めていた。
これで勝てないなら、オレはプロでは通用しないと。
プロでエースになりたかったから、あえて高校時代は直球とカーブしか投げなかった。

 
◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
 
日本一への思いは清原と同じだった。
一塁に戻る清原を見ながら桑田も悩んだ。
 
桑田 
やっぱり優勝したい。ピンチを迎える度に、他の変化球も解禁すべきか、すごく悩んだこともありました。
でも高校野球も大事ですが、より大事なゴールはその先のプロ野球だと考え、思いとどまりました。

 
直球とカーブだけで、桑田は全国の強豪に立ち向かった。

Sponsered Link

 
桑田 
球種を2つだけにしてよかったことは、どのコースに、どのタイミングで直球を投げたら1球でフライを打ち上げるとか、どのカウントでカーブを投げたら内野ゴロで打ち取れるとか、打者を観察する習慣が養われたこと。
効率的に打者を打ち取る考え方は、その後の野球人生にも生きました。

 
直球とカーブの2つの武器だけで、桑田は高校最後の夏を全国制覇で飾った。
PL学園は初戦で東海大山形を29-7と圧倒。

3回戦では津久見に完封勝利。準々決勝で高知商を6-3で退け、準決勝は甲西に15-2。
決勝は宇部商との対戦だった。

松山秀明のサヨナラ打で決着。
4番清原和博は2本塁打を放った。

桑田は6安打で完投。
高校時代の甲子園ラストマウンドは勝利で彩られた。
 
桑田 
甲子園で優勝するという目標を立てて、それに向かってベストを尽くすプロセスが僕は大好きだった。
優勝したから偉いとか、できなかったからダメとは思わない。

本当に価値があるのは結果に向かうプロセス。
甲子園で優勝するには何が必要かと考え続けた。

高校時代は僕の野球選手としても人間としても、原点を作り上げた3年間。
キーワードはバランスでした。

僕は短時間集中型の練習しかしなかった。
大学に行きたかったから、授業中は一生懸命勉強しました。

短時間で練習して、十分に栄養と睡眠を取って、学校では勉強したんです。
高校野球は目の前のことに夢中になりがちだけど、僕は冷静にバランスを考えていました。

 
戦後最多の甲子園20勝投手の誕生だった。
(敬称略=つづく)
【堀まどか】
(2017年6月8日付本紙掲載 年齢、肩書きなどは掲載時)

[出典:わざと直球とカーブだけ投げた/桑田真澄6 野球の国から 高校野球編 野球コラム(日刊スポーツ > https://www.nikkansports.com/baseball/column/kunikarakoko/news/201801300000564.html ]

野球ファンの一人として、いつか見てみたい桑田真澄監督。
そして出来るなら、清原和博の野球界復帰も…。
この二人が監督で戦うとしたら、どんなにドリームなことでしょう。

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-人物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

漫画「大家さんと僕」が大ヒットの芸人・カラテカ矢部インタビュー

漫画「大家さんと僕」が大ヒットしている、お笑いコンビ「カラテカ」矢部太郎さんのインタビューです。 「まだこの世界には希望が持てる」――芸人・カラテカ矢部、自分の漫画が売れて思うこと 2/7(水) 10 …

やっぱり「松田聖子」は強運を持っていた!

”永遠のアイドル”松田聖子さんが1980年4月に「裸足の季節」でレコードデビューしてから、今年で40年。 数々の伝説を打ち立てた聖子さんの凄さは誰もが知るところですが、デビューの際の裏話を知って「やっ …

ソフトバンク和田投手が「自分から若手にアドバイスをしない」理由が深い

メジャーリーグでも活躍した福岡ソフトバンクホークスの和田毅投手。 彼が「自分から若手にアドバイスをしない」という理由が深いなあと思ったので紹介します。 ソフトバンク和田投手が若手に自分からアドバイスを …

川口和久が語る、天才打者・落合博満

広島、巨人でエースとして活躍した川口和久さんが、天才打者・落合博満さんのことを語っています。 「ど真ん中ほど難しい球はない」と言った落合博満/川口和久コラム01 5/9(水) 11:01配信 「俺が唯 …

高木豊が暴露!「ドジャースから誘われていた江川卓」

高木豊さんが「江川卓はドジャースから誘われていた」と思わず言っちゃった、という話です。 「江川卓はドジャースから誘われていた」 驚愕の事実を高木豊が暴露!〈dot.〉 6/15(金) 19:30配信 …