Another News Station

Just another WordPress site

社会

多くのエリート銀行員が「私はもう終わり」と人生を諦め始めた理由とは!?

投稿日:2018年4月24日 更新日:

メガバンクグループが生き残りを賭けて構造改革を進めていますが、「私はもう終わり」と将来を悲観しているエリート銀行員が増えていると言います。

「私はもう終わり」人生を諦めはじめたエリート銀行員が急増中のワケ

特に、バブル採用組に顕著なようで…
浪川 攻 2018.04.19

メガバンクの大幅な人員削減に、店舗の統廃合……。
今、日本の銀行に、一体何が起こっているのか。

そして、将来に漠然とした不安を抱えるエリート銀行員たち。
激変する組織のなかで、これから彼らに求められることとは――。
『銀行員はどう生きるか』の著者・浪川攻氏が深層に迫った。

Sponsered Link

動揺するバブル採用組

メガバンクの中堅銀行員たちが浮足立っている。
最近、取材で会っても、「私はもう終わりですから」という言葉があいさつ代わりに飛びだす。
「銀行員人生が終わります」という意味である。

昨年11月、3つのメガバンクグループが、生き残りを賭けた構造改革を明らかにした。
このうち、三井住友グループは明言していないものの、三菱UFJ、みずほの両グループは人員削減する具体的な人数を公表している。
三菱UFJは2023年度までに6000名程度、みずほは2026年度までに1万9000人を削減するという。

ずいぶんと悠長な話である。
変化が激しいこの時代に、なぜ、これほどの長期ビジョンしか描けないのか――。

答えは簡単だ。
大量の退職者を新卒採用で穴埋めせず、「自然減」で対応するという発想だからだ。

量的金融緩和やマイナス金利政策により、いかに経営環境の悪化が著しくとも、社員は着実に歳を重ねる。
したがって、退職者数は確実に予想でき、あとは新卒採用を絞り込めば、自然と人員数は減っていくという話にすぎない。

それでも、銀行員たちはひどく動揺し、戸惑っている。
それはいま、銀行独特の退職制度に対する信頼性が大きく揺らいでいるからだ。

かねて銀行業界は、独特の新陳代謝のしくみを作り上げてきた。
銀行員の定年退職年齢は60歳だが、そのほとんどが10歳ほど前倒しで退く「早期退職制度」が連綿と運営されていて、その代わり、去りゆく者には第二の職場=「セカンド・キャリア」が用意されてきた。
行き先は銀行が数多く抱えている子会社や関連会社、そして取引先企業である。

今回の人員削減は、おもにこのしくみをフル回転させるにすぎない。
それにもかかわらず、銀行の経営陣があえて強調するのは、まもなく銀行では膨大な数の銀行員がこの早期退職の年齢に達するからだ。

彼らは、金融危機の前のバブル時代に行われた大量採用世代――俗に「バブル採用組」と呼ばれる銀行の〝団塊世代〟である。
今後、この団塊世代がいっせいにセカンド・キャリアに向かっていくわけだが、銀行員たちはセカンド・キャリア制度のキャパシティ・オーバーを感じ始めている。
「取引先企業の受け入れが次第に厳しくなっている」(中堅銀行員)からだ。

Sponsered Link

暗黙の使命

じつは、この中堅銀行員の勤務先では、営業現場の幹部たちに対して本業(取引先企業からの資金借入案件の獲得など)のほかに、暗黙事項として銀行員の受け入れ先開拓が使命として与えられている。
もちろん、「ウチの行員を受け入れてほしい」などと強要すれば、融資している立場から、借り手が謝絶できないような要求をしたとみなされかねない。

独禁法上の優越的地位の濫用である。
したがって、この話は「なんとなく」持ち出すしかないが、近年、取引先の感触は決してよくないという。

そこで、昨年11月以降、銀行員のあいだで急速に広がってきたのが、転職サイトへの登録である。
銀行に頼り切りになることには、やはり不安があるからこその現象だろう。

しかしいま、起きているのはそれだけではない。
あるメガバンクの大物OBによれば、「最近、転職の相談にやってくるかつての部下が増えている」という。

相談に来るのは、本部に勤務している銀行の〝職場エリート〟で、年齢的には30歳代~40歳代前半だ。
今回の「自然減」対象世代には該当しないはずなのに、転職を考えだしていることになる。

彼らも日頃、将来への漠然とした不安を感じていたものの、今回の人員削減策を受けて、「転職するなら若いうちに」という思いを強めたのだろう。
銀行の職場では、確実に人員削減の余波が広がり続けている。

米銀の現状から邦銀の未来を探る

メガバンクが公表した事業構造改革には、収益悪化が著しい国内リテール部門(個人、中小企業向け業務を担っている営業店)に最新のIT技術(AIを搭載したRPA〈Robotic Process Automation〉)を導入し、これまで人手に依存してきた業務の量を軽減することも含まれている。
一定の条件を設定すると、精緻なデータ解析から資料の作成までを自動的に行うのがRPAであり、これによって膨大な業務が一挙に効率化されるという。
業務量が軽減されればその分、人員は不要になるため、このシステムは営業現場で大きな効果を発揮することになるだろう。

しかし、RPAの導入対象として適しているのは営業現場よりも、むしろ本部の人事や営業支援などの業務であり、これまで銀行内のピラミッドの頂点に君臨してきた職場エリートたちも人員削減のターゲットとなりうる。
こうしてみると、「自然減」の対象世代ならずとも多くの銀行員たちが不安を抱くのは当然といえよう。

しかも、今回の事業構造改革の目的は、コスト削減だけに限らない。
事業コストを抜本的に軽減しながら顧客サービスの質的向上を実現しなければ、近年、銀行業界が陥っていた構造不況から脱却できないからだ。

じつは、邦銀に先駆けて、欧米の銀行ではすでに同様の改革が2008年のリーマン・ショック後から行われている。
その最新事情は、4月17日に発売となる拙著『銀行員はどう生きるか』で詳報しているが、欧米の銀行における改革のエッセンスはやはり、コスト削減と顧客サービスの圧倒的な向上である。
つまり、邦銀の事業構造改革はその動きの後追いであり、欧米の銀行業界からの周回遅れのランナーなのだ。

顧客サービスを向上させるためには、最新のIT技術の導入によって生み出される〝本部の余力〟を営業現場に投入することもある。
要するに、「稼がない者はたんなるコスト」というわけである。

わが国にもフィンテック(金融とIT技術の融合)の波が本格的に押し寄せて、ようやく資金決済などの分野で銀行よりも低廉な費用で質の高いサービスを提供するプレーヤーが誕生してきている。
従来のような似たり寄ったりのサービス品質で銀行同士が痛み分けのような闘いを連綿と繰り広げてきた時代は終わり、銀行は「顧客を選別する立場」から「顧客に選別される立場」に追い込まれることになる。

そうした時代に向かうなかで、これまで保守的な企業の代表格であった銀行も、いよいよ変わらざるをえなくなった。
今後、「変われる銀行」だけが生き残るという進化論的な世界が始まり、銀行員像も劇的に変わるのだ。

銀行員にとってそれは未体験ゾーンへの突入を意味し、当然ながら不安が付きまとうだろう。
世の中から社会的なエリートの典型とみなされてきたのが銀行であり、銀行員だった。
その評価には安定という要素が含まれていたが、もはや安定は失われつつある。

真のエリートとは様々な困難や不安定さをものともせず、ライバルとの競争に勝ち残ることができた者であるとすれば、これから銀行員という社会的エリートたちはまさにその真価が問われることになる。
自分の能力で顧客の信頼を得ながら、銀行が用意したセカンド・キャリア制度に依存せず、自らの手腕で次の職場を切り拓いていく時代が、すぐそこにまで来ている。

[出典:「私はもう終わり」人生を諦めはじめたエリート銀行員が急増中のワケ(浪川 攻)(現代ビジネス 講談社 > http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55217 ]

確かに、銀行員と言えば花形職業であり憧れの職業でもありました。
しかし、いつの時代も変化は急激にやってくるもので、いまや子どもたちの憧れの職業はユーチューバー。
数年後には、ユーチューバーという職業も「今は昔」になるかも知れません。

Sponsered Link

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「好きな人から愛され続ける10の条件」“居心地のいい女性”とは!?

誰でも「モテたい」と思うものですが、できれば「好きな人から愛されたい」ですよね。 「好きな人から愛され続ける10の条件」という記事があったので以下に引用させていただきます。 好きな人から愛され続ける1 …

エホバの証人事件で息子の輸血を拒否した父親と、演じたビートたけしさんとの距離

俳優・ビートたけしさんが、1993年のドラマ『説得――エホバの証人と輸血拒否事件』で息子の輸血を拒否して死なせてしまった父親役を演じていますが、その事件についての記事があったので引用させていただきます …

「貧富の差」よりも「地域格差」のほうが深刻

非常に共感した記事がありましたので紹介させていただきます。 「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由 知られざる「文化と教育の地域格差」 2018.04.25 阿部 幸大 文学研究者 Spo …

「国税は、ビットコイン投資を狙っている」と語る元マルサの話

「国税は、ビットコイン投資を狙っている」と語る元マルサの話が興味深いので以下に引用させていただきます。 元マルサが明かす「国税は、ビットコイン投資を狙っている」 元マルサが明かす「国税は、ビットコイン …

30代中国人ツアーガイドのモラルがヤバい!

フリーライターの西谷さんが中国人ツアーガイドに密着したルポが面白いので紹介します。 30代中国人ツアーガイドのヤバすぎるモラル 観光客に対する洗脳やウソは日常茶飯事 西谷 格 フリーライター 2018 …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

無料お試しメール鑑定

無料お試しメール鑑定(四柱推命)
下記ホームページからお気軽にどうぞ!
ヒーリングサロン らっぴーはうす

有料で対面・電話・メール占いをしています。
詳細はこちらから

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

“第2の柳楽優弥”映画「万引き家族」の城桧吏くんの四柱推命は!?

カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督最新作「万引き家族」に出演の新人子役・城桧吏(じょう・かいり)くんは、“第2の柳楽優…

カンヌ国際映画祭で「パルムドール」を受賞した是枝裕和監督の四柱推命は!?

是枝裕和監督の映画「万引き家族」が、カンヌ国際映画祭で「パルムドール」を受賞しました。 是枝裕和監督に聞く、「万引き家族」に詰め込んだ“10…

『西郷どん』で奄美の妻・愛加那さんを演じる二階堂ふみさんの四柱推命は!?

大河ドラマ『西郷どん』で奄美の妻・愛加那さんを演じる二階堂ふみさん。 彼女の演技に吸い込まれていきます。 二階堂ふみ、『西郷どん』奄美ロケで…

ピアニスト・平井真美子さんと結婚した森山直太朗さんの四柱推命は!?

森山直太朗さんが、十年来の友人であるピアニストの平井真美子さんと結婚しました。 森山直太朗、ピアニスト・平井真美子さんと結婚「自分の素直な気…

写真集が30万部突破した乃木坂46・白石麻衣さんの四柱推命は!?

人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣さんは、モデルとしても女優としても歌手としても活躍中です。 前代未聞の領域へ 白石麻衣写真集、19…

50歳で「月9」初主演の沢村一樹さんの四柱推命は!?

沢村一樹さんと言えばテレビ朝日でよく見ますが、「月9」に初主演するそうです。 沢村一樹、史上2位の50歳で「月9」初主演 7月スタート「絶対…

「半分、青い。」に出演する“カメレオン俳優”中村倫也さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」に出演して人気の中村倫也さんは、“カメレオン俳優”と言われているそうです。 朝ドラ出演の中村倫也、“カメレオン俳優”の…

性別適合手術を受け戸籍を女性に変更したGENKINGさんの四柱推命は!?

昨年の5月に性別適合手術を受け、戸籍も変更して女性になったGENKINGさん。 GENKING 戸籍を女性に、結婚も「しますよ」 [2018…

昭和の大横綱・大鵬の孫、納谷幸之介さんの四柱推命は!?

昭和の大横綱・大鵬の孫で西序二段11枚目の納谷幸之介さんが、序ノ口デビューからの連勝を「8」に伸ばしました。 納谷、祖父超え狙う8連勝 同級…

三冠王を3度取った天才バッター・落合博満さんの四柱推命は!?

三冠王を3度取った天才バッター・落合博満さんは、わざとカメラに当てるほどのバットコントロールでした。 「ど真ん中ほど難しい球はない」と言った…