暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

人物

W杯でサブになり、傷心の中村俊輔を救った川口能活の存在

投稿日:2018年6月19日 更新日:

中村俊輔が語る「中田英寿と本田圭佑」に続く中村俊輔選手の話です。

エースの座からサブへ。傷心の中村俊輔を救った川口能活の存在

6/17(日) 11:35配信

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第6回
W杯で輝けなかった「エース」の本音~中村俊輔(3)

Sponsered Link

 2010年南アフリカW杯を目前にしての壮行試合、日本vs韓国が5月24日に埼玉スタジアムで行なわれた。

 スタメン出場した”エース”中村俊輔は、足首を痛めていて満足のいくプレーができず、後半18分に交代した。試合も0-2と完敗。スタンドからは激しいブーイングが飛んだ。

「春先に足首を痛めて、W杯に向けて負荷を上げていったんだけど、何だったんだろうね……。体のバランスが崩れて、フィジカルが落ちていったのかなぁ……。Jリーグでは何とかできていたけど、(相手が)韓国ぐらいになるとごまかしがきかない。それが、モロに出てしまった」

 それでも、中村はW杯本番に向けて気持ちを切り替えようとした。

 その夜、宿舎でミーティングが行なわれた。

 韓国相手にいいところなく敗れて、選手の間にも、これから戦いにいく世界の舞台に対する危機感が強まっていた。指揮官である岡田武史監督は、その空気を感じ取っていたのだろう。選手の前で、こう切り出した。

「俺は決断した。W杯仕様のサッカーに切り替える」

 中村はそう言われた瞬間、「俺は、もうないな」と思ったという。

 実は試合後、中村は厳しい表情の岡田監督にこう聞かれていた。

「足首、痛かったのか?」

「はい、少し」

 中村がそう答えると、岡田監督はそのままひと言も発せず、その場を去った。

 中村は失意のままスイス合宿に飛んだ。

 面と向かって「おまえはサブだ」と言われたわけではなかったが、最後に発した監督の言動が何を意味するのか、中村にはおおよそ理解できた。現地に入って、足首などのリハビリに専念していたが、練習を見ていると、自分の居場所がないことをほぼ確信した。

 中村の目に飛び込んできたのは、これまで採用したことがない戦術だった。システムは、4-1-2-3となり、中盤のアンカーに阿部勇樹が置かれた。

 日を追うごとにチームは様変わりし、オーストリアで行なわれた国際親善試合のイングランド戦(1-2)からGKは楢崎正剛から川島永嗣に代わった。そして、本番直前の最後の調整試合となったジンバブエ戦(30分×3本、0-0)では、1トップが岡崎慎司から本田圭佑に代わった。

 トップ下のポジションがなくなり、アンカー阿部の前にボランチの遠藤保仁と長谷部誠が配置され、右のサイドハーフに松井大輔、左のサイドハーフに大久保嘉人が入った。

 また、キャプテンが中澤佑二から長谷部に代わった。

 中村はアジア最終予選を戦ったチームの痕跡が、跡形もなく消えてしまったことに唖然とした。

「キャプテンがいつの間にか、ボンバー(中澤)からハセ(長谷部)になり、システムも変わった。正直、変化のスピードについていけなかった」

 大胆な改革でチームに大きな動揺があったことは、想像に難くない。レギュラーを外された中村自身、心に深い傷を負っていた。

 最初の頃は、悔しすぎて夜も眠れなかったという。

 中村が座る食事のテーブルには、楢崎、中澤、田中マルクス闘莉王、川口能活らが一緒に座っていた。

 川口は岡田監督から「第3GKで、チームのまとめ役として来てくれ」と言われ、考え抜いた末にメンバー入りを決断した。中村は、その役割を引き受けた川口を尊敬し、信頼していた。ベスト16入りした2002年W杯の、中山雅史や秋田豊の役割を果たすであろうことを、十分に承知していた。

 中村と一緒にテーブルにつく面々も、いろいろなことをグッと自らの胸に押し込めながら、自分たちに課せられた”戦い”と闘っていた。

「能活さんがいて、ボンバーがいて、ナラさん(楢崎)がいた。半端ないストレスを抱えるなか、特に大きかったのは能活さんの存在だった。

 能活さんは日本のために自分自身の身を削っていた。(自分は)ろうそくとなって、他人を明るく照らそうとした。犠牲心を持ってやれるか、という部分でお手本になってくれた。ほんと、助けられた」

 いよいよW杯が開幕。これから試合が続いていく。

 2006年ドイツW杯では、サブがまとまらず、初戦の敗戦をきっかけにしてチームが崩壊してしまった。中村は今回、そのサブに自分が置かれた。選手としてどう役割を果たすべきか、毎日考えていたという。

Sponsered Link

「(2004年の)アジアカップのときかな……、マツさん(松田直樹)が(試合に出ている選手に)タオルを絞って渡したりして、そういうのを見ていたんで、わりとサブとしてやるべきことは理解していた。マツさんを見ていなかったら、きっと何をしていいのかわからなくて、ストレスだけを抱えていたと思う」

 中村はどんなにつらくても、チームに反する態度だけは見せないようにした。大会を勝ち抜くには、自分たちのようなサブの選手の熱いサポートこそが大事――それは2002年、トルシエジャパンの映像からも垣間見ることができたし、ドイツW杯のときに実際に肌で感じて学んだことでもある。

 中村は、犠牲心を持ってチームを支える覚悟を決めた。

 W杯初戦のカメルーン戦の前には、中村たちサブ組は紅白戦で”仮想カメルーン”になって、レギュラーチームの相手になった。本気になってカメルーン選手の役を務め、「レギュラーの選手にもっとやらないといけない」と思わせるようなプレーをした。

 自分のポジションに入った松井に対しては、「憎いとか、そんな感情は一切なかった」という。逆に、カメルーン戦での給水時に声をかけた。

「松井、(相手の)左サイドバックは、大したことない。ぜんぜんイケるぞ。ゴリゴリいけよ!」

 そう中村に言われた松井は、大きく頷いてピッチに戻っていった。

 当時を思い出して中村は笑ったが、現に松井は本田の決勝ゴールにつながるアシストを決めた。中村は、それが自分のことのようにうれしかったという。

 そうして、劇的な本田の決勝ゴールで日本は勝利し、岡田監督は”賭け”に勝った。

「やったじゃん」

 中村は、ベンチにいた川口や楢崎と喜びを分かち合った。今までの苦しみが、ほんの少し報われた気がした。

(つづく)
佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun

[出典:(webスポルティーバ)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00010005-sportiva-socc ]

コメント欄に書かれたコメントにグッときました。

「横浜でJリーグ優勝したい」
「ワールドカップで活躍したい」

俊輔のこの2つの夢は叶わないまま。

ワールドカップ予選、チームの中心として本大会へ導いたのは俊輔。
それでも2度の本大会では噛み合わない。そしてトルシエ時代の落選。

Jリーグ優勝、王手をかけた2013年、
年間MVPに輝く獅子奮迅の活躍を見せながら、
最終節に眼の前から消えてなくなったリーグ優勝。

レッジーナ歴代ベストイレブン、セルティックのレジェンド、
俊輔ほどのプレイヤーが本当に欲しいものには手が届いてない。

サッカーの神様は、いつも俊輔に厳しい。

でも、何度心を折られそうな経験をしても、立ち上がる。
それもまた中村俊輔。

まさに、記憶に残る名選手だと思います。
悔いの残らない現役生活を全うしてもらいたいです。

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-人物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

毎年断っている「年末恒例のビンタ」(蝶野正洋インタビュー)

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」のビンタは毎年断っているという、蝶野正洋さんのインタビューです。 蝶野正洋、年末恒例のビンタは「毎年『やりません』って断っている」 7/18(水) 16:00 …

不登校から高校生クイズに優勝できたクイズカップルが通う桜丘高校の秘密

前回紹介した桜丘高校クイズカップルが高校生クイズでエリート開成に勝てた理由に続くインタビュー第2弾です。 中学時代に「学校に行くのが嫌になった」二人。 彼らが見つけた桜丘高校とは、どんな学校なのか? …

「これはやばい」と感じる時代(是枝裕和監督インタビュー)

是枝裕和監督が今、「これはやばい」と日本に感じている事をインタビューで語っています。 是枝監督の「非常な危機感」―― “内向き日本”に多様性はあるか 6/29(金) 9:30 配信 「同調圧力の強い国 …

被災地復興まで断酒、貯金ゼロのスーパーボランティア尾畠春夫さん

スーパーボランティアの尾畠春夫さんの「壮絶なる我が人生」に続く後編です。 酒も飲まず、貯金もゼロ…スーパーボランティア尾畠春夫さんの生き様 スーパーボランティア・尾畠春夫さんが語った「壮絶なる我が人生 …

かつて「天才」と呼ばれたアスリートたちの今

かつて「天才」と呼ばれた人たちが、挫折を味わって第二の人生を歩んでいるというお話です。 「天才」と呼ばれたアスリートたちのその後の人生 受付嬢になっていた「ポスト浅田真央」 2018.06.05 週刊 …