Another News Station

Just another WordPress site

ドラマ

「突然ですが、明日結婚します」主演:西内まりや あらすじ&キャスト

投稿日:2017年1月10日 更新日:

フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」主演:西内まりや

Sponsered Link

フジテレビ系

2017年1月23日(月)スタート(初回15分拡大)
毎週月曜 よる9時放送

「突然ですが、明日結婚します」

原作

宮園いづみ 『突然ですが、明日結婚します』(小学館『プチコミック』)

【公式】西内まりや主演月9 『突然ですが、明日結婚します』

みどころ

主演は、歌手・モデル・女優として大活躍の西内まりやさん!
月9ドラマ初出演・初主演です。
相手役には、人気ロックバンドflumpoolの山村隆太さんが俳優デビューします。
原作は、20~30代の女性に人気のコミック誌「プチコミック」』(小学館)で連載の「突然ですが、明日結婚します」。
「専業主婦になりたい女」と「絶対に結婚したくない男」が出会い、全く結婚観が合わない2人が、次第に強烈にひかれ合い、複雑で滑稽でリアルな恋愛模様を繰り広げるラブストーリーです。

【西内まりやさん】
――現在の心境は?
皆様にご報告です。
私、西内まりやは『突然ですが、明日結婚します』!…というタイトルのドラマで主演を務めさせて頂くことになりました。
作品は、様々な世代の結婚観や、男女の結婚観の違いが面白いラブストーリーです。
私自身結婚はまだ先だと思っていますが、主人公のあすかと同じように母を見て育ったので、母が憧れであり、家庭を守り、あたたかい家庭を作りたいと感じています。
胸キュンシーンや、コミカルなシーンもお楽しみに。
共演の山村さんは、以前音楽番組でご一緒させて頂いて以来なので、共演をとても楽しみにしています。

――月9初出演にして初主演を務めるにあたって
月曜よる9時という枠、「月9」という響きは、私が小さい頃から特別感があり、一つの目標でもありました。
やるからには自分にできることをしたい、いい作品を作りたい、全力で向き合いたいと思います。
皆様にはあすかを通してパワーや元気を届けたいと思います!

【山村隆太さん】
――連続ドラマ初出演に関して
普段の活動の表現の幅を広げたいと思い、演技には以前より興味がありました。
ミュージシャンは自分の人生の中で自分の歌を歌うのが仕事ですけど、人は誰しも他の人生を歩みたいという願望がある中で、役者はまったく違う人生を生きることができ、他の価値観を知ることができると思っています。
今回は音楽もやられている西内さんとの共演で、役者に求めている演技とは異なる、ミュージシャンだからこそ出来る表現に挑戦しながら、自信を持ってやり遂げたいと思います。
“月9”はまさに“ドラマの武道館”。
そのような舞台に初めて立たせていただけるということですごく緊張しますけど、自分自身でしっかり演じきりたいなと思っています。

――西内まりやさんについての印象
僕が音楽番組ではじめて西内さんの歌声を聴かせてもらったときの印象は、実直で真面目で芯が通っていて努力家という印象で、今回、西内さんの名前を聞いた時には、あすかにぴったりだと思いました。
西内さんは音楽もやられているので、歌声で表現しているもの同士が芝居をできることも純粋にうれしかったです。

――視聴者のみなさんへのメッセージ
僕は結婚していますし、演じる名波竜とは違って、結婚を肯定しています。
男女の価値観の擦れ違いも望むところまで模索していくものが結婚だと思っています。
また、つらい時に守ってくれる人がいることの大切さ、家にいてくれる家族の象徴は大事だと思っています。
けれど、男性の目線として、女性を守らなければならないというプレッシャーがあるのも理解できます。
専業主婦ということに対しても、働いてる女性の方が頑張ってると見られがちで、自身の両親も共に働いていましたが、働く母親にかっこいいと思い、キラキラしてると思っていた反面、家に帰った時に誰もいない寂しさ、話し相手がいない寂しさがあったため何とも言えない思いもあります。
このドラマでもそんな結婚の様々な価値観が男と女の間で交錯したり、擦れ違ったり結婚に対する価値観のバトルを重ねて二人の愛が大成していく様子を見ていただきつつ、このドラマを通して皆さんも結婚に対する新たな価値観を一緒に模索してくだされば、楽しんでいただけると思います。

【プロデューサー・後藤博幸(フジテレビ第一制作センター)】
――企画意図
恋愛をしていない未婚者の割合(18~34才)は女性で約60%、男性は約70%という最近のデータがありますが、その理由で最も多いのが“面倒だから”。
また、“コスパが悪すぎるから結婚はしない”という意見がある一方で、“恋愛なんかすっ飛ばしてすぐにでも結婚したい。
年齢、収入、見た目は問わず”という人もいます。
こんなにも多様な恋愛観、結婚観にあふれている今だからこそ、“早く結婚して専業主婦になりたい女”と“絶対に結婚したくない男”という真逆の価値観を持った二人がひかれ合っていくという設定に魅力を感じ企画しました。

――西内まりやさん、山村隆太さん起用の理由
初めて原作を読んだ段階で、20代半ばにして、仕事もこなしかつ早く結婚して専業主婦になりたいと強く願う主人公像に西内さんが浮かんだのが一番です。
月9ヒロインとして、新しい時代を予感させるという意味でも、西内さんにはビジュアル、お芝居、存在感など全てにおいて充分すぎる華があると思います。
今回は特に、月9ラブストーリーを担う男女二人のキャスティングは攻めの姿勢で臨みたいと思っていたところ、山村さんがお芝居に興味ありという噂を耳に。
それを踏まえ、ライブでファンの心をわしづかみにする山村さんのボイスとキラースマイル、そして独特の色気にかけてみたいと強く思いオファーしました。

――ドラマの見どころ
“結婚したい女”と“結婚したくない男”が究極にひかれ合うという恋愛軸を中心に展開していく物語ですが、二人の周りには“結婚したい男”“結婚したくない女”“恋愛すっ飛ばし結婚を望む女”“恋愛したくない男”などさまざまな結婚観、恋愛観を持った魅力的なキャラクターが存在します。
それぞれの思いが複雑に交錯する、明るくアップテンポなラブストーリーです。どうぞご期待ください!

[出典:突然ですが、明日結婚します(フジテレビ > http://www.fujitv.co.jp/ashita_kekkonshimasu/introduction/index.html ]
Sponsered Link

スペシャルインタビュー

Q 今回の企画聞いたときのお気持ちからお願いします。
西内 月曜9時という枠、『月9』という響きは、小さいころから特別感があって、私自身もお芝居をやらせていただく中で、ひとつの目標でもありました。
「とても遠い存在だった枠でもあったんですけど、やる以上は自分に出来ることを精一杯したい」「いい作品を作りたい」という思いはいままでのお仕事と変わらないので、全力で向き合いたいと思っています。
見てくださる方に、パワーや元気や、結婚に対する思いなどをいろいろと感じていただけたらいいな、という思いで精進していきたいです!

山村 お話をいただいたときに、「オレ、結婚したなぁ」と思いました(笑)。
普段はミュージシャンとして、バンドとして活動していますけど、表現の幅を増やしたいというのがひとつと、ミュージシャンは自分の人生の中で自分の歌を歌うのが仕事ですけど、人って時々、「生まれ変わりたい」とか「違う自分になりたい」という願望を誰でも抱くと思うんです。
役者というお仕事を通じて、まったく違う人生を生きることができる、その人物の価値観を知ることが出来る、というのは、僕がミュージシャンとして出来る幅を超えているというか…。
今回、『月9』という、まさに“ドラマの武道館”みたいな場に初めて立たせていただくので、緊張もしていますけど、演じ切りたいと思っています。

Q 台本を読んでの感想は?
西内 主人公のあすかを応援したくなるストーリーだと思いました。
こんなにも結婚したいと願っている…私自身は、正直いままで持ったことがない感情で、「結婚なんてまだまだ先だ」と思っていたので、演じるのは難しいと思ったんです。
でも、台本の中には、いろいろな結婚観というか、いろいろな世代の方の結婚に対する思いが散りばめられていて、その中で結婚したいけど上手くいかなかったりするあすかのひたむきさには親近感が湧くというか、自分自身の将来も考えさせられるようなストーリーでもあると思ったんです。
胸キュンもありながら、笑えるところもある、という作品なので、早く見たいな、と思いました。これから演じるんですけど(笑)。

山村 僕もその通りだと思います。
普段はラブコメとか、女性が読む漫画ってそんなに見ないんですけけど、今回初めて原作漫画を読ませていただいたら、凄く深い作品だと思ったんです。
男女間の結婚に対する価値観の違いを、ラブコメディーの中で描いていて、そこには刺さる言葉もたくさん含まれていて…。

Q あすかは、結婚して専業主婦になることを夢見ています。専業主婦に対するイメージは?
西内 私もあすかと思じように、母を見て育ちましたし、母に憧れを持っていました。やっぱり、家庭を支えてくれているのは母だと感じていたので、自分自身が家庭を守りたい、温かい家族を作りたい、という思いは同じなんです。
私の母は仕事と家庭を両立させていたのでカッコいいな、と思っていたんですけど、専業主婦も大変なお仕事だと思います。

山村 僕の親も働いているので、それを前提に言わせていただくと、どうしても働いている女性の方が頑張っている、という風に見られがちじゃないですか。
実際僕も、外で働いている母親をカッコいいと思うところもありますけど、子どもの視点で言わせてもらうと、学校とかで辛いことや嫌なことがあったときに、家に誰もいない寂しさ、話し相手がほしいな、と思う寂しさを感じることもあったんです。
何か辛いことがあったときの逃げ場、守ってくれる人がいるということはとても大切なことだと思います。

Q おふたりは、音楽の分野で活躍されているという共通点があります。お芝居の世界と、音楽の世界で違うと思うところは?
山村 違うところ…いま思っていることは、逆に似ている部分が多いな、と思いました。
言葉を伝えるという意味では一緒だと思いますし、あとはテンポであったり、ゆっくり言葉を言うのか速く言うのか、高く言うのか低く言うのか、強く言うのか弱く言うのか…そういうことを考えるという意味では同じだな、と。
今回、何も経験がない僕を選んでくれた、というのは、これまでミュージシャンとして培ってきた表現や伝え方というものも使って、名波という役を演じてほしいんだな、という風に思っています。

西内 私はお芝居の方が先だったので…。
歌うことは元々好きだったんですけど、実際にステージに立ったのは2年前なんです。
そういう中で感じたのは、歌は本当に自分自身、私自身が伝えるメッセージが主になっていますけど、役者というのは自分以外の名前で、そのキャラクターの人生観だったり、自分自身の言葉ではないセリフをどう表現するかだったりしますし、監督さん、脚本家さん、たくさんのキャストのみなさんと何ヵ月間一緒に作るものなので、自分自身が伝えるメッセージと、何かを通して伝えるメッセージ、という意味での違いは感じていました。
でも、「この役を通して私が何を伝えられるんだろう?」という意味では、凄くリンクしているな、と最近感じていて、歌っているときも自分自身だけでなく、その歌詞の世界を演じてどう伝えるか、ということだと思ったんです。
山村さんも初めて演技をされるとうかがったんですけど、絶対的に表現力はある方なので…。

山村 プレッシャーですね。
ハードルを上げましたね。

西内 (笑)だって、自分を持ってらっしゃる方なので。
それって、一番強いと思うんです。
自分を持っていて、それを役にどう反映していくのかというのは、リンクしていると思うんです。

山村 先輩、よろしくお願いします!

西内 いえいえ、こちらこそ(笑)。

Q おふたりが最初に会ったのはいつですか?
西内 私、音楽番組のMCをやっていたので、そのときにゲストに来ていただいて…。

山村 そうですね。

西内 flumpoolの山村さん、としてインタビューさせていただきました。

山村 あの時は、結構ゆっくり話せましたよね。

西内 そうですよね。
でも、今回はまったく距離感が違うので(笑)。
ドラマとしては今日が初日で、まだ撮影でしか一緒になっていないですし、控室でもお話していないので、いまも、ちょっとドキドキしながらしゃべってます(笑)。

Q 見た方がドキドキするようなシーンもたくさんあるのでは?
西内 きっと、撮影に入ってしまえば逆に楽なのかも。いまが一番緊張しているかもしれないです(笑)。
山村さんが、「どういうナナリューで立っているんろう?」「どういう風に話しかけてくれるんだろう?」というのは演技をしてみないとわからないので。

山村 僕は、その音楽番組で出会ったときや、歌声を聴かせてもらったりしていたので、「あすかにぴったりだな」と思いました。
実直で芯が通ってて、多少不器用でも真っ直ぐに生きている女性、というイメージがあったので。

Q どのように演じていきたいと思っていますか?
西内 あすかは、とにかく真っ直ぐですよね。
自分を信じているので、意思を貫き通すというか。
だから、見ている方がそこに嘘を感じないというか、本当に結婚したいと思っていて、でも仕事も中途半端にやっているわけではなく一生懸命。不器用なところもあって上手くいかないこともあるけど、応援したくなるようなキャラクターを表現できたらいいな、と思っています。
私自身も、あすかに勇気づけられるような気がしています。
私もいろんなことに挑戦させてもらっていて、頑張っているんだけど何かが上手くいかなかったり、つまずくこともあったりするので、がむしゃらなあすかに元気をもらいながら、演じていきたいと思っています。

山村 この名波という役と、山村は似ていないと思いました(笑)。
名波はアナウンサーで、ひとりで何事も完璧にこなしているけど、心の中には孤独があって、でもそれを周りに見せないように強く生きている。
僕は普段バンドのメンバーがいますし、辛いことがあったらそれをすぐに音楽に変えてポジティブな方にもっていくようにするんですけど、名波はポーカーフェイスでそういうところを見せないので、正直似てないなと。
でも、そこにやりがいを感じます。挑戦し甲斐があるというか。

Q 西内さんが感じる名波の魅力、山村さんが感じるあすかの魅力とは?
西内 名波さんはズルいですよね(笑)。
女の子をわかってる…じゃないですけど、ふと最後に心に刺さる言葉を言ったりして…。
不思議ですよね。何か目が離せないといか、危険というか(笑)。
だからこそ、女心がくすぐられるんでしょうね。
わざとらしい言葉でも、すっと入ってくるというか、引っ張られてしまう…男らしいイメージがあります。

山村 いま、危険っていう言葉がありましたけど、あすかには危なっかしさを感じます。
恋は盲目、みたいな言葉もありますけど、結婚に盲目、というのは凄くいまの世の中のような感じがしていて。
結婚ということに対して真っ直ぐに走っていく危うさ、みたいなものは感じています。
ただそれを、男としては守りたくなるし、その危うさを「大丈夫?」って気にかけてしまうような、そんな女性だと思います。

西内 きっと男性の方が、「これはどうなの?」って思うようなところが、実は女性にとって凄く嬉しいことだったり。
原作は、そういうやり取りが凄くたくさんあるんですよね。

山村 寝ぼけてキスをするとか(笑)。

西内 あり得ない!(笑)。

山村 ズルいですよね(笑)。
でも、ちょっと憧れます。

Q 原作がある作品は、キャラクターを作る上でいかがですか?
西内 私自身は、原作があった方が…。絵として、動きや表情が見えるので、最初にイメージしやすいです。
ただ、そのままに演じてしまうと幅が狭くなってしまうので、そこから「私が演じるんだったら…」という風に考えて、「こういう部分をプラスした方が分かり易いかな」と考えます。

山村 僕もそうですね。やったことがない、ということもありますし。
例えば、「あすかが入ってきて、そこで名波が待っているときの仕草はどういう感じなんだろう?」「どういう仕草に女の子はキュンとしてくれるんだろう?」というときの参考になりますから。

Q ドラマの中では、あすかと名波の価値観の違いからバトルが繰り広げられます。おふたりは、価値観の違いが気になったりすることはりますか?
山村 人との価値観の違い…。

西内 仕事と恋愛、家族と友人…そういう人間関係とか、時間の使い方では、合う人の方がいいかもしれませけど、価値観が違っても私はあまりケンカしないです。
ひとりひとりが違うことをリスペクトしたいし…。私はあまりゲームとかしませんけど、している人は何時間もできる。
私には出来ないけど、見ていて「しあわせそうだからいいや!」みたいな。価値観違う人とも一緒にいられるし、逆に刺激になるというか…。
でも、あすかは違うんですよ。絶対受け入れられない(笑)。

山村 僕で言うと、バンドのメンバーとかは全然価値観が違う人間が集まっているので。
でも、それが集まる面白さ、みたいなものを感じてバンドを組んでいたりもするので、そういう意味では、価値観の違うふたりが、いろんなことを乗り越えていく、というのは、バンドに似ている…と言うと、ちょっと違うのかもしれないですけど、人と人がぶつかるからこそそこに面白味が生まれる、みたいなことはあると思います。

Q 最後に、視聴者のみなさんに向けてメッセージをお願いします。
西内 あすかに親近感を持っていただけるようなお芝居がしたいと思っています。
価値観の違うところから始まるドラマなので、一緒に希望を見つけていくというか。結婚を考えている方、考えていない方も、一緒に考えていけるドラマになったら嬉しいです。
SNSとかで、みなさんの結婚観も知りたいですね。
あまりそういうのを知る機会もないので、今回のドラマを機に、みなさんがどういう風に考えているのか触れて、演技にも反映しつつやっていけたらいいな、と思っています。

山村 僕は結婚しているので、結婚に対しては名波とは違って肯定しています。
男女の価値観の擦れ違いも望むところまで模索していくものが結婚だと思っていますし、辛い時に守ってくれる人がいることの大切さ、家にいてくれる家族の象徴は大事だと思っています。
でも、男性側の目線としては、女性が望むような幸せを与えてあげたいということがプレッシャーになるということも凄く理解できます。
このドラマでもそんな結婚の様々な価値観が男と女の間で交錯したり、擦れ違ったり結婚に対する価値観のバトルを重ねて2人の愛が大成していく様子を見ていただきつつ、このドラマを通して皆さんも結婚に対する新たな価値観を一緒に模索してくだされば、楽しんでいただけると思います。

[出典:インタビュー 突然ですが、明日結婚します(フジテレビ > http://www.fujitv.co.jp/ashita_kekkonshimasu/interview/index.html ]

あらすじ

第一話
高梨あすか(西内まりや)はいずみ銀行の法人営業課で働く銀行員。
金融に関する数々の資格を持ち、誰よりも仕事熱心で顧客からの信頼も厚い女性だ。
そんなあすかの夢は、結婚して専業主婦になること。
27歳の誕生日、5年付き合っている恋人・白石光一(白洲仁)と思い出の水族館に出かけたあすかは、期待に胸を膨らませる。
ところが、待ち受けていたのはプロポーズではなく、別れ話だった…。

あすかは、同僚の桐山莉央(中村アン)、牧瀬桃子(岸井ゆきの)、小野広紀(森田甘路)と一緒に出席した結婚式でも、振られたショックから心ここにあらずの状態だった。
そこに現れたのが、新郎の友人として披露宴の司会を務める、NY帰りのTNNテレビアナウンサー、“ナナリュー”こと名波竜(山村隆太)だった。

ブーケトスはプールサイドのパーティー会場で行われた。
あすかは、桃子に引っ張られて参加したが、ブーケを取ろうと手を伸ばした際に体勢を崩し、プールに落ちてしまう。
名波は、機転を利かせてそのハプニングを笑いに変え、会場を盛り上げた。
あすかは、そんな名波に、幸せになりたい人の気持ちを笑うなんて最低だ、と言い放つ――。

何事にもめげないあすかは、男女が一緒にランニングをしながら行う婚活イベントに参加する。
一方、名波は、先輩アナウンサーの三上響(沢村一樹)がメインMCを務めるTNNの朝の情報番組『モーニングYELL』に、1年ぶりに復帰する。

莉央や小野たちは、後輩の結婚を知ってさらに落ち込むあすかを励まそうと飲みに誘い、その流れで小野のマンションを訪れる。
そこで、酔いつぶれて眠ってしまうあすかたち。
早朝、目を覚ましたあすかは、まだ寝ている小野を起こそうとした。
だがその男性は、小野ではなく名波だった。
名波は、ふいにあすかを引き寄せるといきなりキスをして…。

[出典:ストーリー 突然ですが、明日結婚します(フジテレビ > http://www.fujitv.co.jp/ashita_kekkonshimasu/story/index.html ]

キャスト・登場人物相関図

高梨あすか…西内まりや
大手銀行に勤め、数々の金融に関する資格を持ち、誰よりも仕事熱心で仕事がデキる20代のOL。

名波竜…山村隆太(flumpool)
イケメンで優秀な人気アナウンサー。
結婚して自由を失い、住宅ローンや万が一浮気して慰謝料を請求されるしっぺ返しへの不安もあるが、何より結婚は女性の逃げ場とさげすむ「結婚は絶対にしたくない派」。

神谷暁人…山崎育三郎

桐山莉央…中村アン

牧瀬桃子…岸井ゆきの

小野広紀…森田甘路

高梨奏…葉山奨之

矢沢麻衣…山賀琴子

清水悠真…鍵本輝(Lead)

金田三郎…加藤諒

高梨新太郎…古舘寛治

高梨典子…石野真子

桜木夕子…高岡早紀

氷室統哉…杉本哲太

三上響…沢村一樹

Sponsered Link

-ドラマ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テレビ朝日「相棒 Season16」主演:水谷豊

テレビ朝日「相棒 Season16」主演:水谷豊 あらすじ&キャスト テレビ朝日系列 2017年10月18日(水)スタート(初回拡大スペシャル) 毎週水曜 21:00~ 【相棒 season16】20 …

WOWOW「社長室の冬 ‒巨大新聞社を獲る男‒ 」主演:三上博史

WOWOW 連続ドラマW「社長室の冬 -巨大新聞社を獲る男- 」主演:三上博史 あらすじ&キャスト&相関図 WOWOW 連続ドラマW 2017年4月30日(日)スタート(全5話) 毎週日曜よる10:0 …

テレビ朝日「探偵物語」主演:斎藤工×二階堂ふみ

テレビ朝日「探偵物語」主演:斎藤工×二階堂ふみ あらすじ&キャスト テレビ朝日系列 日曜プライム ドラマスペシャル 2018年4月8日(日)よる9時 原作 赤川次郎『探偵物語』(角川文庫) 脚本 黒岩 …

フジテレビ「アイ~私と彼女と人工知能~」主演:香里奈

フジテレビ「アイ~私と彼女と人工知能~」主演:香里奈 あらすじ&キャスト フジテレビ系列 前編:10月2日(月)24時25分~25時25分 後編:10月9日(月)24時35分~25時35分 監督 関和 …

東海テレビ・フジテレビ「屋根裏の恋人」主演:石田ひかり×今井翼 あらすじ&キャスト

東海テレビ・フジテレビ「屋根裏の恋人」主演:石田ひかり×今井翼 あらすじ&キャスト 東海テレビ・フジテレビ系 2017年6月3日(土)スタート 毎週土曜 23時40分~24時35分 Sponsered …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

無料お試しメール鑑定

無料お試しメール鑑定(四柱推命)
下記ホームページからお気軽にどうぞ!
ヒーリングサロン らっぴーはうす

有料で対面・電話・メール占いをしています。
詳細はこちらから

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

『西郷どん』で奄美の妻・愛加那さんを演じる二階堂ふみさんの四柱推命は!?

大河ドラマ『西郷どん』で奄美の妻・愛加那さんを演じる二階堂ふみさん。 彼女の演技に吸い込まれていきます。 二階堂ふみ、『西郷どん』奄美ロケで…

ピアニスト・平井真美子さんと結婚した森山直太朗さんの四柱推命は!?

森山直太朗さんが、十年来の友人であるピアニストの平井真美子さんと結婚しました。 森山直太朗、ピアニスト・平井真美子さんと結婚「自分の素直な気…

写真集が30万部突破した乃木坂46・白石麻衣さんの四柱推命は!?

人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣さんは、モデルとしても女優としても歌手としても活躍中です。 前代未聞の領域へ 白石麻衣写真集、19…

50歳で「月9」初主演の沢村一樹さんの四柱推命は!?

沢村一樹さんと言えばテレビ朝日でよく見ますが、「月9」に初主演するそうです。 沢村一樹、史上2位の50歳で「月9」初主演 7月スタート「絶対…

「半分、青い。」に出演する“カメレオン俳優”中村倫也さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」に出演して人気の中村倫也さんは、“カメレオン俳優”と言われているそうです。 朝ドラ出演の中村倫也、“カメレオン俳優”の…

性別適合手術を受け戸籍を女性に変更したGENKINGさんの四柱推命は!?

昨年の5月に性別適合手術を受け、戸籍も変更して女性になったGENKINGさん。 GENKING 戸籍を女性に、結婚も「しますよ」 [2018…

昭和の大横綱・大鵬の孫、納谷幸之介さんの四柱推命は!?

昭和の大横綱・大鵬の孫で西序二段11枚目の納谷幸之介さんが、序ノ口デビューからの連勝を「8」に伸ばしました。 納谷、祖父超え狙う8連勝 同級…

三冠王を3度取った天才バッター・落合博満さんの四柱推命は!?

三冠王を3度取った天才バッター・落合博満さんは、わざとカメラに当てるほどのバットコントロールでした。 「ど真ん中ほど難しい球はない」と言った…

デート報道のチュートリアル徳井義実さんとチャラン・ポ・ランタンのももさんの四柱推命は!?

人気お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんとチャラン・ポ・ランタンのももさんが、自宅でデートしていたとのことです。 チュートリアル徳井義…

息子を溺愛する元おニャン子クラブ・渡辺美奈代さんと息子の矢島愛弥さんの四柱推命は!?

80年代のアイドル・おニャン子クラブのメンバーとして活躍した渡辺美奈代さんは、息子でタレントの矢島愛弥さんを溺愛していることで有名です。 渡…