暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

人物

恩師が語る二人の金メダリスト「荒川静香は天才少女」「羽生結弦は努力型の天才」

投稿日:

3か月前のケガが完治しないまま、痛み止めを服用しながらの今回の羽生結弦選手は、「とくダネ!」の小倉さんが言うように「金メダルは無理」だと思っていました。
しかし、結果は見事なオリンピック2連覇!
恩師が「羽生結弦は努力型の天才。本当に努力していた」と語る記事を紹介します。
2連覇・羽生結弦は“ただの天才”ではない…恩師が見た荒川静香との違い〈週刊朝日〉

2連覇・羽生結弦は“ただの天才”ではない…恩師が見た荒川静香との違い〈週刊朝日〉2/20(火) 7:00配信

「自分の人生史上、一番幸せな瞬間」。ケガを乗り越え、不死鳥が舞った。
平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦(23)が66年ぶりの2連覇。宇野昌磨(20)も銀メダルで続いた。
異次元の高みに到達した“ゆづ”が、「僕の武器」というある戦略とは──?

Sponsered Link

やはり、羽生は「絶対王者」だった。

 解説者の佐野稔氏が言う。

「ケガで3カ月のブランクからここまで復活したのは、超人的。普通の選手なら試合勘が鈍るなど影響が出るが、羽生に関してはまったく心配していなかった。五輪での勝ち方を本当の意味で知っているのは羽生だけ。色々なアクシデントを経験し、そこから不死鳥のような力強さや粘りを手に入れたと思います」

昨年11月、NHK杯の練習中に転倒し、右足首を負傷。
3カ月間すべての試合を欠場し、練習を始めたのは1月。
ほぼ“ぶっつけ本番”で臨んだ平昌五輪だったが、現地入りした羽生は落ち着いていたという。

「記者への対応も普段以上に、ニコニコして、開き直っている感じもありました。足首を痛めていたので、フリーはきつい。でも、彼はそういう逆境が実は好きなんです。『弱い自分がいるということは、これから強くなる余地がある』とおもしろがれるメンタリティーがある。万全な状態じゃないけど、それを楽しんでいるという感じに見えました」(朝日新聞スポーツ部・後藤太輔記者)

公式練習後の2月13日の記者会見では、「何も不安要素はない。クリーンに滑れば絶対に勝てる自信がある」と予告していた羽生。

だが、実際にはギリギリの勝負だった。
フィギュアスケートに詳しいスポーツライターがこう語る。

「事前練習では跳べていないジャンプも結構あって、内心、焦りはあったと思う。そんな中での『絶対勝てる』発言は、自分に言い聞かせるような意味合いもあったのではないか」

羽生の出身校である東北高校フィギュアスケート部で顧問を務めた五十嵐一弥学園長はこう語る。

「今までの羽生と今回の羽生の一番大きな違いは『目力』。あの『目力』は、今までになかった。この1カ月、カナダのトロントでしっかりと練習してきて、自信を持っている表れなのかな、と感じました」

足首のケガという最大の危機を乗り越えての、フィギュアスケート男子での66年ぶりの五輪連覇。
いったい何が、羽生をここまで強くしたのか。前出の後藤記者は言う。

「ケガで練習できない間、リハビリで陸上トレーニングをやったそうです。しかし、体力は落ちていたと思います。彼の練習時間は短く、1日約2時間、週4~5回程度です。今回、故障した足首はもともと弱く、食も細いので風邪をひきやすい。喘息(ぜんそく)の持病もあり、心肺能力が高いわけでもない。短時間に集中してやるしかない、という必然性もあると思います。短時間で効果を上げるために、記録、言葉、考えることを彼は大切にしてきた。羽生本人は自分の強みを『他人の考え方を自分のものにすること』『研究が僕の武器』と分析していました」

羽生は、コーチに受けた指導や体の動きで気づいたことをノートに書き、整理し、分析する習慣があるという。

「小学2年生のとき、コーチに『ノートをつけなさい』と言われ、つけ始めたのがきっかけだったそうです。今でも体の動きやタイミングを整理し、言葉にして記録に残しておく。羽生はその能力が高い。ジャンプが成功したときの共通点は何か。足や腕の位置などをずっとメモする。コーチに聞いたり、ほかの選手を見たり、家族の話を聞いたり。いろんな材料をいっぱい集める。そこから絶対必要なものを絞り込む。ジャンプ成功のために絞り込んだポイントを『最大公約数』と彼は呼び、再現していく。金メダルはその分析力が発揮された成果でしょう」(前出の後藤記者)

いわば“脳力”の強さが生んだ勝利。
その力は、普段の取材の場面でも感じられるという。

「羽生の試合後の取材は、負けたときや失敗したときのほうがおもしろい。そのときの精神状態とか、体が開いたとか、失敗した理由はああでこうでと、饒舌に語るんです。動きを言葉に置き換えるのがうまいんですね。小学4年くらいからメディアの取材を受けてきたことが、良い効果を生んだと、本人も語っています。また、小さい頃から『なんで、どうして』とよく言う子どもだったそうです」(同)

羽生を知る関係者が口をそろえるのは、現在の強さは、人一倍の努力で培われたものということだ。
東北高校フィギュアスケート部の後輩の証言を紹介しよう。

「ゆづは練習熱心でした。毎日滑っていたし、体力をつけるためマスクをして滑っていた。マスクをすると呼吸が苦しいので、肺活量が上がるらしいんです。でも、練習してても、人には言わないんですよ」

Sponsered Link

一方で、普通の高校生らしい一面もあったという。
「おしゃべりで、どちらかというとボケ役で、私たちが突っ込むという感じ。練習の合間にちょこっと冗談を言ったりする。でも、全然オチがなくて、しらけたり。下ネタを言うこともある普通の男子高校生でした」(後輩女子)

ちなみに、研究熱心な性格は競技以外にも発揮されたようで、高校時代には意外な趣味もあったという。別の後輩の証言。

「ゆづ君の趣味は家電でしたね。見るのが好きで、家電量販店に一日中いられるくらいだった。ゲームも好きで、プレステ2とかを分解して遊んでいたそうです」

前出の五十嵐氏は、同じ高校の先輩である荒川静香と羽生を比較し、「荒川静香は天才少女だったが、羽生結弦は努力型の天才。本当に努力していた」と評する。
羽生はアスリート一家に生まれたワケではない。

「結弦君の父も、父方の祖父も教員。特にスケートには縁がない一家だった」(羽生家を古くから知る知人)

羽生の幼い頃を知る親族がこう語る。

「スケートを始めたのは4歳ぐらいのとき。結弦はお姉さんと2人姉弟で、最初はお姉さんがフィギュアスケートをやってたんですよ。お姉さんについて行った結弦は『自分もやってみたい』と始めたんです。その後、お姉さんはやめましたけど、結弦がこんなに立派になって……。涙が止まりませんでした」

人一倍の努力で上り詰めた男は、まだ23歳。
ただ、過酷な競技であるフィギュアスケートの引退年齢は早く、浅田真央も26歳で引退した。
4年後も五輪の舞台で、史上初の3連覇をかけた演技を見ることができるのか。

「羽生は昨年、取材に対して『誰も跳んだことがないクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を跳びたい』と語ったことがある。今回の五輪には間に合わないとも言っていたので、その夢を実現するまでは、競技を続けていくのではないかと思います」(ジャーナリストの田村明子さん)

(本誌・小泉耕平、上田耕司、堀井正明)

※週刊朝日 2018年3月2日号

[出典:2連覇・羽生結弦は“ただの天才”ではない…恩師が見た荒川静香との違い〈週刊朝日〉(AERA dot.)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180219-00000014-sasahi-spo ]

喘息というハンデを持ちながら、努力を積み重ねていった羽生選手。
知れば知るほど、彼の魅力は奥が深いなあと感じます。

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-人物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

東大の中でも「神童」と呼ばれた超絶天才たちの、人智を超えたエピソードの数々

東大に入るだけですごいと思うのですが、そんな東大生の中にも飛びぬけた天才がいる、という話です。 東大の中でも「神童」と呼ばれた男達の人智を超えた超絶エピソード 東大の中でも「神童」と呼ばれた男達の人智 …

X JAPANのToshlが、バラエティで弾ける理由を告白

X JAPANのToshlさんが、バラエティで弾ける理由を告白しています。 なかなか深い話で感動しました。 X JAPANのToshl独占告白「僕がバラエティで弾ける理由」 2018.07.05 16 …

女優・高橋メアリージュンが伝える「他人から見た不幸が自分の不幸ではない」が深イイ

女優・高橋メアリージュンさんは、裕福な暮らしから一転、借金に追われる生活になったそうです。 著書「Difficult?Yes. Impossible? …No. わたしの「不幸」がひとつ欠 …

羽生善治竜王の5つの金言

天才棋士・羽生善治竜王が講演会で話した5つの金言が素晴らしいので紹介します。 羽生竜王の金言「結果と一致しないことに物事の機微は潜んでいる」 5/1(火) 16:01配信 沼津で語った 将棋界の第一人 …

PL学園時代は「ワザと直球とカーブしか投げなかった」桑田真澄

高校野球を語るうえで欠かせないのが、桑田と清原がいた頃のPL学園。 強烈な個性を放った二人は、その後の人生でも波乱万丈な人生でした。 その桑田投手の高校時代の話です。 わざと直球とカーブだけ投げた/桑 …