Another News Station

Just another WordPress site

社会

逮捕者が出たナンパセミナー、詐欺師の「コンプレックス商法」

投稿日:2018年5月20日 更新日:

女性に酒を飲ませて乱暴し逮捕者が出たナンパセミナーは、結局は、詐欺師の「コンプレックス商法」だという話です。

逮捕者出たナンパセミナー 基本、詐欺師の掌で踊るシステム

5/15(火) 16:00配信

Sponsered Link

繁華街の路上などで異性に声をかけて誘う「ナンパ」という行為は、男性が女性に向けてなされるとき使用される。
軽薄だと嫌われることも多いやり方だが、あくまできっかけなので気にしない人も少なくない。
出会いを求める男性向けに、上手なナンパの方法を伝授するとうたうセミナーや塾まで存在する。
ライターの森鷹久氏が、ナンパセミナーをきっかけにした性犯罪の危険性と、多くのセミナーに見られる悪辣な手口についてレポートする。

* * *
 
ナンパセミナーで知り合った男二人が、女性に酒を飲ませて乱暴し逮捕された、という事件。
一般人にとっては何が何だかわからない、語感ばかりが面白おかしく報じられるばかりの、不可思議なニュースであった。
大手紙の警視庁担当記者が解説する。

「ナンパセミナーと呼ばれるサークルで知り合った男二人が、女性に酒などを飲ませて酩酊させた上、乱暴したとして逮捕されました。
犯行が、セミナーの主催者らが所有するマンションで行われ、その際に女性に無断で動画も撮影されていたのではないかという話もあることから、当局はセミナー自体にも違法性がなかったか、捜査を進めているといいます」(大手紙の警視庁担当記者)
 
男ら二人は、女性の口説き方や性交に至るまでの”テクニック”を指南するという「ナンパセミナー」に入会し、実際に街でナンパをしてみる「実地練習」や、女性心理などについて「座学」で学んでいた。
ナンパで知り合った女性とその友人ら四人で飲酒した後に、友人の女性が男らから暴行を受けたが、こうした「ナンパセミナー」の実態に詳しい雑誌記者は、セミナーそのものが「女性蔑視のおぞましいサークル」だと指摘する。

「ナンパの指南塾、といった類のものは、何十年も前からありました。
ネットが普及してからは、多くのナンパセミナーが立ち上がり、詐欺まがいの所もあれば、大真面目に”オンナの落とし方”を勉強する所もありましたが、共通しているのは”女性を性のはけ口”としか見ていない連中の集まりだ、ということ。
会員は互いに”今月は新規(女性)何人食った”などと自慢しあい、女性と自分のツーショット写真や、時には性交中に隠し撮った写真を見せびらかすのです」(雑誌記者)

また、別の風俗事情通は、こうした”セミナー”はそもそも、インチキやデタラメの上に成り立っていた、とも話す。

「ネット上のナンパセミナーのほとんどが、とある大手出会い系サイト傘下の会社や個人によって運営されていた時期がありました。
元々は”いかにして出会い系サイトで女と知り合い、モノにできるか”というテクニックの指南塾でしたが、出会い系はすでに素人のふりをしたプロの風俗嬢による”援助交際”の場となっていましたし、出会い系サイトの自作自演であった面は否定できない」(事情通)
 
要は、ナンパがうまくなりたいとセミナーの門戸をたたく男たちは、出会い系サイトが運営するセミナーに数万から十数万円の高額なカネを支払い、またまた有料の出会い系サイトに登録し、そこで出会ったプロの女性らにカネを支払い交際していた、ということ。
もちろん、きっかけはナンパでも、お互いを尊重したよい関係を築くカップルもいないことはない。
だが、そんな成功例は「ゼロではない」という程度の存在感だ。
 
また、かつてナンパセミナーに参加したことがあるという男性(37)は、新たに出会い系サイトが立ち上がるたびに新しい「ナンパセミナー」が立ち上がり、それぞれの出会い系サイトを使わせることで「数を競う」よう指導されていたことを思い返す。

「負け惜しみみたいですけど……途中からはいくらなんでも気づいてました。
でも、女性と知り合えるのは事実だし、なんかこう……謎の高揚感があるんですよね(笑)。
女を落とすぞー!みたいな……」
 
この男性は一つのセミナーに参加した後、同じく参加者から「こちらのセミナーのほうがすごい」などと誘い出され、その都度、有料の出会い系サイトに登録させられていた。
その総額がいくらか、すでに男性本人も覚えていないが、数十万などという生半可な額でないことだけは確かだ。
あまりにもくだらないが「ヤッた」「食った」と自慢していた男たちは、出会い系サイトの掌で踊っていたにすぎない。

これらは「モテる」や「痩せる」などといったキーワードを用いた、いわゆる「コンプレックス」商法に他ならず、この手法はいつの時代も手を変え品を変え「他人を陥れてやろう」と企む人々が、コンプレックスを持った人々から搾取する、という 関係性の上で成立する。
傍から見ればバカバカしくとも、当人にとっては喫緊の課題であり、是非とも解消したい「コンプレックス」の問題を、甘言に塗れた詐欺師の一挙手一投足の中にその答えを見つけようとする。

Sponsered Link

「その後、出会い系サイトがサクラだらけ、セミナーもインチキなのではないか?ということが知れ渡り、一部のセミナーを残してみんなつぶれた。
ほとんどの男性たちは”騙された”と憤り、また騙された恥ずかしさから退会した。
今回、逮捕された男らが所属していたのは、業界でも二番目か三番目に大きいセミナーで、新規に若い男性や独身の男らがネットを通じて集められている。
 
非常にシステマチックに運営されていて、ナンパの達人たちが”成功”する姿を見た男性会員らは達人を師と仰ぎカネを払う。
一回のセミナーで数万円を支払うくらいですから、その心酔っぷりは新興宗教を思わせる。
口を開けばオンナ、セックスと呪文のように唱え、とにかく”打つ(性交する)”ことしか考えていない、偏執ぶりが目につく団体です」(事情通)
 
このような”異常者”の集まりだったからだろうか、セミナー参加者らは事あるごとに問題を起こし、中には女性に訴えられるなどして刑事訴訟に発展するような事件を起こす連中もいた。
その一件一件は個別の「事件」としてしか取り上げられずにいたが、今回は、ナンパセミナーが引き起こした数多の事件のうちの一つなのだという。

「ヤッた人数そのものが勲章になる、というような出来の悪い思春期の高校生のようなことを成人になってもやっている異常なサークルという他ありません。
女性が眠っていようが、酒やドラッグで昏睡していようが、とにかくヤレればよいという思想がまかり通っており、ほぼ強姦としか言えないような卑劣で悪質な手法が、テクニックとして体系化されている。
非常に強いコンプレックスを抱いていたからこそ、その解消がなされたと勘違いする連中同士でお互いをたたえあっているわけですから、犯罪まがいの行為をしても咎めるものが誰もおらず、行為を誇らしげに公言するような連中でしたからね。

セミナー主催者は”違法性はない”と言っているようですが、女性蔑視も甚だしく、合法性や社会通念上に認められるという自信があるのなら”顔出し”で自らの正当性を訴えてはどうかと思う。
覆面をかぶっていなければ存在できないようなセミナーは、一刻も早くつぶれるべきなのです」(事情通)
 
またぞろ「ナンパについていった女性にも問題がある」などと指摘する声が聞こえてきそうだが、自分の身内や友人らが同様の被害にあったとして、それでもなお被害者の「落ち度」を指摘できるなら、それこそ女性をモノとしてしか見ていない、ナンパセミナーの鬼畜たちと同じ考え方をしていると気づくべきだ。
相手の同意がない性行為は、その人の人権をないがしろにする問題行動であり犯罪である。
たとえプロが相手だとしても同じことだ。
被害者に落ち度があるなどという考えは、入り込む隙間もないはずと心得ておくべきだろう。

[出典:逮捕者出たナンパセミナー 基本、詐欺師の掌で踊るシステム(NEWSポストセブン)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00000015-pseven-soci ]

しかし本当に世の中には、たくさんの詐欺が出回っているなあと驚きました。
騙されて事件まで起こしてしまわないように気をつけなければいけません。

Sponsered Link

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「好きな人から愛され続ける10の条件」“居心地のいい女性”とは!?

誰でも「モテたい」と思うものですが、できれば「好きな人から愛されたい」ですよね。 「好きな人から愛され続ける10の条件」という記事があったので以下に引用させていただきます。 好きな人から愛され続ける1 …

うつ病を告白した「天才と呼ばれた棋士」

羽生善治さんと同い年で「天才」と呼ばれた棋士・先崎学さんが、うつ病を患って克服したお話です。 「明日、死のうと思った」天才と呼ばれた棋士が、うつ病を告白 毎日、電車に飛び込むイメージが… 2018.0 …

小児性犯罪者が語る「飼育欲」とは!?

小さな子どもを性の対象とする小児性犯罪者たち。 その実態を知っておくことも重要です。 小児性犯罪者たちの「おぞましき飼育欲」その実態 加害者は動機を「純愛」だと語った 2018.07.06 斉藤 章佳 …

街中で着物の女性にパワハラする「着物警察」

若い女性が街中で着物を着ていたりすると、日本人男性としては嬉しいものです。 ところが、そんな若者たちが着物を着るのを嫌にさせる「着物警察」なるものが存在するそうで…。 「着物警察」のせいで和装離れが加 …

敏感すぎて「生きづらさ」を感じる大人たち

細かいことを気にしすぎる「人一倍敏感な大人(HSP)」が、5人に1人の割合でいると言います。 「怒鳴り声が苦手」で不登校に 32歳女性が今も抱える“5人に1人が苦しむ癖”〈dot.〉 6/2(土) 1 …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

電撃婚の玉木宏さんと木南晴夏さんの四柱推命は!?

俳優の玉木宏さんと木南晴夏さんが結婚するそうです。 玉木宏が女優・木南晴夏と電撃婚…交際2年、妊娠はまだ 6/21(木) 2:50配信 Sp…

未成年女性との飲酒が発覚したNEWS・小山慶一郎さんの四柱推命は!?

未成年女性との飲酒が発覚し、一定期間の活動自粛となったNEWSの小山慶一郎さん。 NEWS・小山慶一郎、19歳未成年女性と飲酒… 処分格差の…

プロアマで接待しなかったと批判の片山晋呉プロの四柱推命は!?

プロアマで接待しなかったとして批判されている片山晋呉プロ。 片山晋呉の騒動でゴルフ界に動揺 プロアマ中に練習はNGなのか 6/9(土) 16…

朝ドラ「半分、青い。」で注目の古畑星夏さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」で古畑星夏さんは、ヒロインの鈴愛とは対照的な美少女・清という女性を演じています。 どちらかと言うと「悪役(ヒール)」の…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する桜井ユキさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での桜井ユキさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚醒…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する山口紗弥加さんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での山口紗弥加さんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する稲森いずみさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での稲森いずみさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんの四柱推命は!?

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんのインタビューです。 「パスポートなくして、賞取った!」鈴木紗理奈、初主演映画「キセキの葉書」…

バラエティーで人気のコロチキ・ナダルさんの四柱推命は!?

コロコロチキチキペッパーズのナダルさんと言えば、いろんなバラエティー番組で見せる言動が変わっていますね。 コロチキ・ナダル、アンチ激増に悲鳴…

「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」広瀬香美さんの四柱推命は!?

シンガー・ソングライターの広瀬香美さんは「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」と、所属事務所「オフィスサーティー」の社長が語っていま…

  • 12現在の記事:
  • 102800総閲覧数:
  • 1002今日の閲覧数:
  • 1028昨日の閲覧数:
  • 9376先週の閲覧数:
  • 24854月別閲覧数:
  • 57880総訪問者数:
  • 444今日の訪問者数:
  • 524昨日の訪問者数:
  • 4362先週の訪問者数:
  • 11700月別訪問者数:
  • 560一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: