Another News Station

Just another WordPress site

人物

スーパーボランティアの尾畠春夫さんの「壮絶なる我が人生」

投稿日:

藤本理稀ちゃん(2歳)の捜索で一躍有名になった、スーパーボランティアの尾畠春夫さんの人生は壮絶でした。

スーパーボランティア・尾畠春夫さんが語った「壮絶なる我が人生」

私が被災地に行く理由【前編】 2018.08.24
週刊現代、齋藤 剛

お盆休みに、一躍注目を集めたスーパーボランティア・尾畠春夫さん。山口県周防大島町で行方不明となっていた2歳男児を発見し、連日ニュースに登場していた姿は記憶に新しい。現在、広島県呉市でボランティア活動を続ける尾畠さんに、週刊現代の齋藤剛記者が「被災地に行く理由」と「家族の話」を訊いた。

Sponsered Link

自然に人が集まってくる

山口県周防大島町で行方不明となった藤本理稀ちゃん(2歳)を捜索開始から30分で発見して、「時の人」となった尾畠春夫さん(78歳)。
スーパーボランティアと呼ばれるようになった尾畠さんは休む間もなく西日本豪雨の被災地である広島県呉市の天応地区でボランティア活動をしている。8月20日(月)、本誌記者も尾畠さんを追って、現地に向かった。
ボランティアが活動する被災地域に向かうと、尾畠さんの姿はすぐに見つかった。真っ赤なつなぎに「絆」「朝は必ず来る」などと書かれたヘルメットをかぶり、汗を流していた。

尾畠さんの姿を見つけるや、住民や他のボランティアが駆け寄って写真撮影を求める。尾畠さんは「10枚ならいいよ」と冗談を交え笑顔で応じていた。実際、接すると実にチャーミングなおじいさんであった。
取材の旨を伝えると、「遠いところからごくろうさんです、おやっさん。まぁ座ってください」と応じながらも、「でもね、ただの変わったおっちゃんですよ。自分なんて取り上げたら売り上げが落ちるよ」と笑う。尾畠さんは成人した男性のことを「おやっさん」、女性のことを「ねえさん」と呼び、「来る者は拒まず、去る者は追わず」が信条だという。
作業を終えた17時すぎ、避難所になっている小学校の校庭の端にある尾畠さんの拠点で、話を聞いた。木陰スペースにシルバーの軽ワゴン車をとめ、そこで寝泊まりしているのだ。
ちなみに、ここは撮影スポットにもなっていた。尾畠さんが活動で不在している日中は、住民やボランティアが次々と訪れ、車の中を覗き込み、記念写真を撮っていた。
尾畠さんが一人で拠点に戻ってくると、年配の女性が現れて差し入れの焼きそばを渡す。
「今日もありがとうございました。私は体が悪くて作業ができない。本当に感謝しています」
こう頭を下げる女性に対し、尾畠さんは「あれ、今日は泊まりに来たの?」とジョークを交えながら軽妙にやりとりする。尾畠さんが言う。
「善意を断るわけにもいかないでしょう。金銭は一切受け取りませんが、差し入れであればありがたくいただきます。ただ、どうお返ししていいのか。これが悩みです」
ボランティア仲間、住民、そしてマスコミ。自然と人を引きつける人柄はどこからきたのだろうか。尾畠さんに自らの人生を振り返ってもらった。

戦後の荒廃や復興、バブルも、すべて見てきた

生まれは1939年。78歳と8ヵ月です。戦前に生まれ、戦争を経験し、戦後の荒廃や復興、そしてバブルも経験した。いまとなってはあの時代に生まれたことに感謝しております。芋とカボチャばかり食う時期もありましたが、それも良き思い出です。
大分県の国東(くにさき)半島で生まれて、幼少時に現在の杵築(きつき)市に引っ越し、そこで育ちました。父は下駄職人で、主に桐の下駄を作って販売していました。商売は順調ではなかった。ちょうど履き物がゴム製品に変わる頃で、下駄の販売は下降線でした。
母は主婦です。実は母についての記憶は多くはありません。というのも、母は41歳で亡くなってしまった。私が小学5年生のときです。母の死は自分の人生にも大きく影響しました。父はもとより酒好きな人間でしたが、妻が逝き、何人もの子供を抱え、下駄は売れないという厳しい現実から逃れるためか、ヤケ酒に走ってしまった。

Sponsered Link

そして、そんな父によって、自分は農家に奉公に出されることになります。自分は7人兄弟の4番目。ですが、兄弟のなかで自分だけが奉公に出されることになりました。父からの説明は「お前は大飯食らいだから」というものでしたが、納得できるわけがありません。
だから、両親に影響を受けた、なんて話がよくありますが、自分にかぎってはそんなものはありません。というのも、小学5年生で親元を離れ、それこそ毎日草刈りやら何やらで忙しかった。学校には行きたくてもまともに行けなかった状態です。
奉公に出されたのは、家が貧しくそれを助けるためでした。それはわかっていましたが、父を恨みました。なぜ兄弟のなかで俺だけが……。最初はものすごく悔しかった。
とはいえ、奉公に出された以上は腹をくくるしかない。世の中はなるようにしかなりません。「やるだけやってやろうじゃないか」と心を入れ替えたのです。
以来、奉公に出された家のおやっさんとねえさんを親だと思って何でも言うことを聞きました。すべては飯を食うためです。恨みの対象だった父ですが、いつしか感謝するようになりました。奉公の経験がいまの宝になっていますからね。後ろ向きで得をすることなんてありません。だから自分はプラス思考という言葉が大好きなんです。 

帰るところなんてなかった

私は昭和30年に中学校を卒業すると、卒業式の翌日に別府にある魚屋の小僧になりました。自分の意志ではありません。働くことになったきっかけは姉の紹介です。
「働きに出たい」と相談すると、姉から「あんたは元気がいいから魚屋になりなさい」と言われたんです。自分にとって姉の言葉は親の次に重い。もとより姉のことを信用していたので、それに従いました。
SL汽車で別府駅に向かう際、父から青い10円札を3枚持たされました。「珍しく大盤振る舞いだな」と喜んだのも束の間、すぐに30円は片道切符代だとわかりました。特攻隊と一緒です(笑)。自分には帰るという選択肢はありませんでした。

ただし、それまでが極貧でしたからね。魚屋に就職し、食事にあらの煮つけが出たのを見て驚きました。それまで毎日芋とカボチャでしたからね。こんなうまいものがあるのかと衝撃を受けました。
別府の魚屋で3年間修業した後、山口県下関市の魚屋で3年間ふぐの勉強をしました。さらに兵庫県神戸市の魚屋で関西風の魚の切り方やコミュニケーション術を4年間学んだ。私は10年修業した後に魚屋を開業するつもりでした。
ところが当時、貯金はゼロに近かった。というのも、魚屋の給料は安く、開業資金をまったく準備できなかったんです。
そこで、開業資金を短期間で用意するために上京しました。お世話になったのは、大田区大森にあった鳶と土木の会社です。もちろん、コネなんてありませんから、そこの親父さんに「俺には夢があります。3年間働かせてください。その代わり、絶対に『NO』と言いません。どんな仕事でもやります」と直談判しました。
鳶や土木の仕事の経験は、いまのボランティア活動に役立っているかもしれませんね。ありがたいことに、会社から「このまま残って頭(かしら)になれ」と熱心に誘っていただきましたが、自分は決めたことは必ず実行するのが信条。これはいまも昔も変わりません。その意味では、面倒な男かもしれません。 
結局、昭和43年、大分に戻り、4月にかみさんと結婚。そして、その年の11月に自分の魚屋を持ちました。名前は『魚春』です。二文字をくっつけると鰆(さわら)。もちろん、自分が一番好きな魚です(笑)。

かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め

振り返ると、繁盛した時期もあれば閉店危機もありました。とりわけ窮地に陥ったのは、大分でPCB(水銀)が社会問題になったときでした。それこそ客足がピタッと止まりました。仕入れの量を通常の10分の1程度に減らしましたが、それでも売れなかった。
このとき、助けになったのは妻の存在でした。かみさんは料理上手で、ポテトサラダやコロッケ、キンピラなど総菜を店で販売するようになった。これで危機を乗り切った。妻がなければいまの自分はないでしょう。
妻との出会いは別府の小僧時代にさかのぼります。修行していた魚屋の向かいの貝専門店の娘でした。うちのかみさんは3学年下。中学1年生でした。当時は混浴の共同風呂があり、自分も彼女も気兼ねなく利用していましたが、風呂に行くのが恥ずかしくなったことを覚えています。当時から「いつかあの子と結婚したい」と意識していました。
別府の小僧時代の1ヵ月の給料は200円でしたが、100円は自由に使い、残りは貯金した。それもこれも彼女の所帯を持つためでした。
女房の支えもあり、商売は順調でしたが、65歳の誕生日に店を畳みました。15歳のときから『俺は50年働く。そして、65歳になったらやりたいことをしよう』と決めていたんです。
私にはいま48歳の息子と45歳の娘がいて、孫も5人います。息子は大学に行くこともできた。それもこれもお客さんが魚を買ってくれたから。皆さんが温かく手を差し伸べてくれたからこそ、いまの生活がある。それに気づきました。
いただいた恩をお返しするのは当たり前。それが人の仁義です。どのような形で恩を返そうかと考えたとき、第二の人生をボランティア活動にささげようと決意しました。「かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め」。好きな言葉です。ですから対価は一切求めません。

[出典:スーパーボランティア・尾畠春夫さんが語った「壮絶なる我が人生」(週刊現代、齋藤 剛)(現代ビジネス > https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57170 ]

「かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め」の言葉が素晴らしいです。
尾畠さんのような生き方をしてみたいです。

Sponsered Link

-人物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「エリート一家のルーツ」を明かした嵐・櫻井翔の祖母

嵐・櫻井翔さんと言えば、アイドルでありながら報道番組のキャスターも務める国民的人気者です。 父の櫻井俊氏が総務省事務次官を務めた事も有名で、都知事選に出馬するかどうかの話題もありました。 そんなエリー …

「これはやばい」と感じる時代(是枝裕和監督インタビュー)

是枝裕和監督が今、「これはやばい」と日本に感じている事をインタビューで語っています。 是枝監督の「非常な危機感」―― “内向き日本”に多様性はあるか 6/29(金) 9:30 配信 「同調圧力の強い国 …

小室圭さん母の元婚約者が小室さん親子から突きつけられた手紙の内容に唖然

以下は、小室圭さんの母親の元婚約者がお話した内容です。 小室圭さん母の元婚約者が激白「小室さん親子が私に突きつけた手紙」 小室圭さん母の元婚約者が激白「小室さん親子が私に突きつけた手紙」2018.02 …

毎年断っている「年末恒例のビンタ」(蝶野正洋インタビュー)

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」のビンタは毎年断っているという、蝶野正洋さんのインタビューです。 蝶野正洋、年末恒例のビンタは「毎年『やりません』って断っている」 7/18(水) 16:00 …

絶対王者・羽生結弦はいかにして作られたのか?「羽生家の家訓」とは!?

ケガからの復活で、見事なオリンピック2連覇の羽生結弦選手。 ”絶対王者”を育てた両親、祖母、叔母らの話をまとめた記事を紹介します。 天才・羽生結弦を育てた「羽生家の家訓」決して表に出ない両親、祖母、叔 …

ご意見のある方はこちらへご連絡お願いします

ご意見のある方はこちらからご連絡お願いします↓
お気軽にメールをどうぞ!

ツイッター始めました

最新の記事をツイッターでお知らせしています
ONE BOY STORY(@seitai19)

最近の投稿: ONE BOY STORY

電撃婚の玉木宏さんと木南晴夏さんの四柱推命は!?

俳優の玉木宏さんと木南晴夏さんが結婚するそうです。 玉木宏が女優・木南晴夏と電撃婚…交際2年、妊娠はまだ 6/21(木) 2:50配信 Sp…

未成年女性との飲酒が発覚したNEWS・小山慶一郎さんの四柱推命は!?

未成年女性との飲酒が発覚し、一定期間の活動自粛となったNEWSの小山慶一郎さん。 NEWS・小山慶一郎、19歳未成年女性と飲酒… 処分格差の…

プロアマで接待しなかったと批判の片山晋呉プロの四柱推命は!?

プロアマで接待しなかったとして批判されている片山晋呉プロ。 片山晋呉の騒動でゴルフ界に動揺 プロアマ中に練習はNGなのか 6/9(土) 16…

朝ドラ「半分、青い。」で注目の古畑星夏さんの四柱推命は!?

朝ドラ「半分、青い。」で古畑星夏さんは、ヒロインの鈴愛とは対照的な美少女・清という女性を演じています。 どちらかと言うと「悪役(ヒール)」の…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する桜井ユキさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での桜井ユキさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚醒…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する山口紗弥加さんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での山口紗弥加さんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

「モンテ・クリスト伯」で“覚醒”する稲森いずみさんの四柱推命は!?

「モンテ・クリスト伯」での稲森いずみさんの演技がすごいと話題です。 稲森いずみ、山口紗弥加、岸井ゆきの、桜井ユキ 『モンテ・クリスト伯』“覚…

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんの四柱推命は!?

映画初主演で主演女優賞を受賞した鈴木紗理奈さんのインタビューです。 「パスポートなくして、賞取った!」鈴木紗理奈、初主演映画「キセキの葉書」…

バラエティーで人気のコロチキ・ナダルさんの四柱推命は!?

コロコロチキチキペッパーズのナダルさんと言えば、いろんなバラエティー番組で見せる言動が変わっていますね。 コロチキ・ナダル、アンチ激増に悲鳴…

「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」広瀬香美さんの四柱推命は!?

シンガー・ソングライターの広瀬香美さんは「8年間で28人くらいのマネジャーが代わった」と、所属事務所「オフィスサーティー」の社長が語っていま…

  • 94現在の記事:
  • 97103総閲覧数:
  • 205今日の閲覧数:
  • 1189昨日の閲覧数:
  • 9560先週の閲覧数:
  • 19157月別閲覧数:
  • 55335総訪問者数:
  • 124今日の訪問者数:
  • 601昨日の訪問者数:
  • 4779先週の訪問者数:
  • 9155月別訪問者数:
  • 665一日あたりの訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: