暇つぶし読み物サイト(Another News Station)

暇つぶし 怖い話 ショートショートストーリー 都市伝説 神野守自作短編小説 バラエティー

バラエティ 歴史

林修 初耳「スキャンダル日本史 新一万円札 渋沢栄一 68歳で子ども&会社の危機に愛人宅で居留守…」

投稿日:

林修 初耳「スキャンダル日本史 新一万円札 渋沢栄一 68歳で子ども&会社の危機に愛人宅で居留守…」

2019年6月2日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より

新一万円札 渋沢栄一

 

 

 

 

 

スキャンダル日本史 第35弾。
教科書には載らない歴史を動かした偉人たちのドロ沼スキャンダル。
今回は、新紙幣の肖像画に選ばれた偉人のスキャンダル。
その人物が「渋沢栄一」。
この偉人も、なんとも俗っぽい事件を起こしていました。

Sponsered Link

渋沢栄一の名言

渋沢栄一は、現在のみずほ銀行である第一国立銀行をはじめ、生涯におよそ500の企業設立に貢献、「日本資本主義の父」と言われた人物。
さらに、数多くの名言を残した事でも有名です。

”目的には理想が伴わねばならない。その理想を実現するのが人の務めである”

”商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ”

現在、書店では「渋沢栄一の名言本コーナー」を設置するほど。

林先生が絶賛するのは「論語と算盤」
「儒教」は、古代中国に起こった孔子の思想に基づく教えで、教とついていても神を信仰するのではなく、人としてのあり方を唱えたもの。
金儲けのためには何でも良いというわけではなく、算盤を片手に持ちながらももう片手には論語を持ち、人間として正しいことをしながらビジネスをやっていくと説いたものです。

しかし、そんな渋沢も男、年老いてもなお精力旺盛でした……。

明治41年(1908年)

当時68歳の渋沢は、自宅近くに愛人を囲っていました。
愛人を持つこと自体、珍しい時代ではありませんでしたが、そんな当時でも驚くべき事態が起きてしまいます……。
なんと、68歳にして愛人との間に子どもが生まれたのです。

この時、飛び出した名言が

”いやあ、お恥ずかしい。若気の至りで つい…”

しかし、さらにスキャンダラスな名言が!

Sponsered Link

明治31年(1898年)

札幌麦酒株式会社(現在のサッポロビール)の専務取締役・植村澄三郎は、社内のトラブルに直面していました。
取締役会長である渋沢にどうしても連絡をとる必要があり、渋沢を捜したのですが八方手を尽くしても居所がつかめません。
植村が勘を働かせて向かった先は、日本橋にある渋沢の愛人宅。

植村「会社が大変なんです。会長は来ていませんか?」

すると奥から、渋沢本人としか思えない声で、こんな言葉が聞こえてきたと言います。

”「かようなところに、渋沢のおるべき道理はありません。御用がおありなら、明朝 宅のほうをおたずねください」と申し上げなさい”

植村「か、会長……」

渋沢栄一のお陰で発展した「ある特産品」とは?

日本経済の発展に大きく貢献した渋沢栄一。
しかし、彼が遺した功績は会社設立だけではありませんでした。
実は、渋沢栄一のお陰で「ある特産品」が大発展を遂げました。

彼は元々、江戸幕府に仕えていた幕臣でした。
大政奉還後、15代将軍慶喜は駿府(静岡県)に蟄居しました。
それまで武士として給料をもらっていた人たちは、世の中が変わってどうやって生きるべきかわからなくなりました。

慶喜と共に駿府に行った幕臣たちは、お茶づくりを始めることにしました。
渋沢は、1869年に銀行と商社の機能を併せ持った「静岡商法会所」を設立。
資金繰りが苦しかった茶農家に貸し付けを行い。現在も続く特産品・静岡茶発展の礎を築きました。

林修 初耳「スキャンダル日本史 歌舞伎になったドロドロ愛憎劇」

林修 初耳「スキャンダル日本史 将軍ゲス不倫!ストーカー!」

林修 初耳「スキャンダル日本史 大奥が”ホスト僧侶”と禁断愛」

林修 初耳「新撰組スキャンダル 土方歳三のプレイボーイ伝説」

林修 初耳「スキャンダル日本史 あの名将が『ボーイズラブ』『浮気騒動』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 怪談の幽霊は『庶民が作ったヒーロー』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”龍馬の妻の悲劇”【不倫】【駆け落ち】」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”大金を搾り取る愛人集団”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”明治の文春砲”が激写!総理の愛人」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”桂小五郎は13歳の少女と結婚”

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”ゲス不倫女を伝える『江戸の文春砲』”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”有名画家・竹久夢二のゲス浮気…妻の神対応とは?”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”文豪 島崎藤村のゲス不倫 まさかの相手は…”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”総理大臣のゲス不倫史”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”エリート文豪・永井荷風がハマった「禁断の趣味」”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”人気総理を苦しめた13歳年下妻のゲス不倫”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”イケメン政治家「禁断の愛」”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”東大卒の文豪を襲ったドロドロの嫁姑問題”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”破天荒な”バツ5”美食家・北大路魯山人”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 ”あの桜の名所のドロドロ愛…歌舞伎になった大量殺人事件」

林修 初耳「スキャンダル日本史 有名歌人の豪遊&借金地獄 石川啄木」

林修 初耳「スキャンダル日本史 アメリカ大富豪と芸奴 札束が動く『玉の輿婚』」

林修 初耳「スキャンダル日本史 小説化された美しき殺人犯」

林修 初耳「スキャンダル日本史 文春の創設者”ゲス恋愛”と”禁断の友情”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 徳川吉宗 暴れん坊将軍の”禁断の女性関係”」

林修 初耳「スキャンダル日本史 実録!江戸の名裁判 ドロ沼離婚の大逆転」

林修 初耳「スキャンダル日本史 脱獄…そして壮絶愛 江戸後期の天才医師 高野長英」

林修 初耳「スキャンダル日本史 新撰組のイケメン 泥沼の『おっさんずラブ』」

林修 初耳「スキャンダル日本史「千円札の顔」野口英世のウラ 豪遊&金目当ての婚約」

林修 初耳「スキャンダル日本史 シリーズ最強の恋愛暴走男 井上馨 愛人をキレさせたまさかの一言」

林修 初耳「スキャンダル日本史 警察制度を確立した”法の番人”江藤新平の皮肉な結末」

Sponsered Link

[ad#adsense-1]
[ad#adsense-1]

-バラエティ, 歴史
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

林修 初耳「ネギトロの『ネギ』は葱のことではない!?」

林修 初耳「ネギトロの『ネギ』は葱のことではない!?」 2017年1月29日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 「ネギトロの『ネギ』は葱のことではない」 Sponsered Link ネギトロの語 …

林修 初耳「スキャンダル日本史 実録!江戸の名裁判 ドロ沼離婚の大逆転」

林修 初耳「スキャンダル日本史 実録!江戸の名裁判 ドロ沼離婚の大逆転」 2018年10月28日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より 財産分与スキャンダル スキャンダル日本史 第29弾。 今回は、離 …

林修 初耳「スキャンダル日本史 大奥が”ホスト僧侶”と禁断愛」

林修 初耳「スキャンダル日本史 第5弾 大奥が”ホスト僧侶”と禁断愛」 2017年5月28日(日)放送「林先生が驚く初耳学!」より Sponsered Link ホストで人生を狂わせた女 スキャンダル …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第80話 彼女が気になる三人の男」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第80話 彼女が気になる三人の男」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」

心霊鑑定士 加賀美零美 1「第59話 男女が付き合うという事」 「小説家になろう」に投稿している私の小説を皆さんに紹介させていただきます。 【あらすじ】  心霊鑑定士の加賀美零美(かがみれみ)は、四柱 …